バナナ戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バナナ戦争(バナナせんそう、Banana Wars)は、第一次世界大戦後にアメリカ合衆国によって行われた中央アメリカ諸国に対する軍事介入の総称。

介入の多くは海兵隊によって行われ、場合によって海軍艦砲射撃陸軍兵力も用いられた。

名称は当時中央アメリカで経済的な利害関係を有していたユナイテッド・フルーツ社が、プランテーションバナナタバコを栽培していたことに由来し、介入はユナイテッド・フルーツをはじめアメリカ企業に対する革命運動(→ドイツ帝国ツィンメルマン電報)の抑止を目的としていた。

バナナ戦争は、フランクリン・ルーズヴェルト大統領の善隣外交スペイン語版英語版で、1934年アメリカ合衆国がハイチから撤退英語版して終結した。

介入を受けた国々[編集]

関連項目[編集]