ビアフラ共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビアフラ共和国
Bịafra
Republic of Biafra
ナイジェリア 1967年 - 1970年 ナイジェリア
ビアフラの国旗
(国旗)
国の標語: 平和、統一、自由
国歌: Land of the Rising Sun
ビアフラの位置
公用語 イボ語英語
首都 エヌグ(公式)
アバ(臨時)
ウムアヒア(臨時)
オウェリ(臨時)
共和国大統領
1967年5月30日 - 1970年1月8日 チュクエメカ・オドゥメグ・オジュク
1970年1月8日 - 1970年1月12日 フィリップ・エフィオン
変遷
独立
 - 宣言
ナイジェリアより
1967年5月30日
降伏 1970年1月15日
通貨 ビアフラ・ポンド

ビアフラ共和国(ビアフラきょうわこく。: Biafra英語発音: /biˈɑːfrə/アーフラ)は、1967年ナイジェリアの南東部に置かれていた東部州独立宣言したことに伴い樹立されたイボ族を主体とした政権国家。1967年5月30日から1970年1月15日まで存続した。

ナイジェリアからの独立[編集]

1966年に、ナイジェリア軍部によるクーデター未遂が勃発、事態を収拾したナイジェリア軍のイロンシ少将は北部と東部と西部の3州で州ごとに首相を持っていた連邦制を廃止して中央集権化を図るため、地方を12州に分割しようとした。しかし、これがイボ族による支配を図っているとみられたためにイロンシは殺害され、北部や西部に移住していたイボへの虐殺が起こった。この際に権力を握ったゴウォン中佐はイボへの迫害を抑えることなく、連邦制は復活させたが州の細分化を進めようとした。

1967年5月30日軍事政権に反発するイボ族を中心とした東部州の軍政官であったチュクエメカ・オジュク中佐が独立を宣言し、ビアフラ共和国を建国した。しかしこれを承認した国家は4カ国しかなかった。

ビアフラ戦争[編集]

Biafra independent state map-jp.svg

ナイジェリア政府は直ちにビアフラを経済封鎖し、7月6日ビアフラ戦争へと突入した。ビアフラ軍は一時は西部に攻め入ることもあったが、のち防戦に転じ、首都エヌグからアバウムアヒアへと移転を強いられ、1969年にはオウェリに移された。1970年、臨時首都オウェリが陥落してビアフラ共和国は完全に滅亡し、ビアフラ戦争はここに終結した。

戦争末期に内陸部へ封じ込められたビアフラでは200万人といわれる餓死者を出し、「ビアフラの悲劇」と呼ばれて世界的に注目された。同共和国の滅亡後、国外に脱出した民族派などがビアフラ国亡命政府を樹立し、失われた祖国を再興させるべく現在も活動を続けている。

ビアフラ共和国を承認した国家[編集]

関連作品[編集]

外部リンク[編集]