南ローデシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南ローデシア植民地
Colony of Southern Rhodesia
イギリス南アフリカ会社
ローデシア・ニヤサランド連邦
ジンバブエ・ローデシア
1923年 - 1953年
1963年 - 1965年
1979年 - 1980年
ローデシア・ニヤサランド連邦
ローデシア
ジンバブエ
南ローデシアの国旗 南ローデシアの国章
国旗 (1923-1953) 国旗 (1964-1980)
国歌: 女王陛下万歳
南ローデシアの位置
南ローデシア
公用語 英語
首都 ソールズベリ
君主
1923年 - 1936年 ジョージ5世
1936年 - 1936年 エドワード8世
1936年 - 1952年 ジョージ6世
1952年 - 1980年 エリザベス2世
南ローデシア首相
1923年 - 1927年 チャールズ・コグラン
1933年 - 1953年 ゴドフリー・ハギンス
1964年 - 1979年 イアン・スミス
変遷
イギリス南アフリカ会社成立 1889年
自治獲得 1923年10月11日
連邦成立 1953年 - 1963年
共和制成立 1970年3月3日
ジンバブエ・ローデシア成立 1979年6月1日
ジンバブエ独立 1980年4月19日
通貨 南ローデシア・ポンド
ローデシア・ポンド
ローデシア・ドル

南ローデシア(みなみローデシア、Southern Rhodesia)は、ローデシア地方の南半分。ジンバブエの旧称。

歴史[編集]

ケープ植民地首相だったセシル・ローズが、ボーア人による植民地国家トランスヴァールオレンジ自由国への圧力と北方地域の開拓を目的に1889年イギリス南アフリカ会社を設立。翌年にはマタベレランドマショナランド鉱山開発権を獲得、両地方を併合して「Rhodesia(ローズの家)」と名づけた。

しかし当初の目的だった鉱山開発は目論見通り進まず、会社は農業植民へと方針を転換。それでも会社の業績は好転せず、1923年には白人のみの住民投票で南ローデシア自治政府が樹立された。1958年ローデシア・ニヤサランド連邦を結成するが、1963年に解消。その後、黒人参政権を認めたうえでの独立を準備していたが、1965年に植民地政府首相イアン・スミスイギリスから派遣されていた総督を追放。ローデシア共和国の独立を一方的に宣言した。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]