ウプサラ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯59度51分30秒 東経17度39分00秒 / 北緯59.8584度 東経17.65度 / 59.8584; 17.65

ウプサラ県
Uppsala län
—  スウェーデンの県  —

紋章

 
スウェーデンの旗 スウェーデン
創設 1634年
県都 ウプサラ
行政
 - 県知事 Peter Egardt
 - 県協議会
面積
 - 計 8,207.2km2 (3,168.8mi2)
人口 (2011-03-31)[1]
 - 計 336,533人
 - 人口密度 41人/km² (106.2人/mi²)
等時帯 CET (UTC+1)
 - 夏時間 CEST (UTC+2)
ISO 3166コード SE-C
GDP/ Nominal SEK 69,631 million ()
GDP per capita SEK 234,000
NUTS Region SE121
ウェブサイト www.c.lst.se

ウプサラ県 (Uppsala län) とは、スウェーデンの一つで略号はC。 サーラ (Sala) 地方の上 (upp) に位置するというのが語源。県庁所在地はウプサラ (Uppsala) で、県の面積は7037平方キロメートル2005年現在の人口は30万2564人。

概要[編集]

首都ストックホルム (Stockholm) のあるストックホルム県の北、ストックホルム都市圏のほぼ外輪に位置する。ウプサラはスウェーデンを代表する学園都市ウプサラ大学(国立)はルンド大学(国立)よりも長い歴史を有する国内最古の大学で、学部の規模でも国内随一。その付属図書館はスウェーデンの国立図書館として機能している。ウプサラには、大学関連の医療メーカーやハイテクメーカーも集まる。その他のウプサラ県は最先鋭の酪農牧畜ほか農業が盛ん。

平原地帯であり、高山はない。北はボスニア湾に面し、南はメーラレン湖に面する。

[編集]

ウプサラ県下の市の位置

ウプサラ県には7のがある。(アルファベット順)

名所・旧跡[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Kvartal 1 2011”. Statistics Sweden. 2013年11月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]