沈黙 (1963年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
沈黙
Tystnaden
監督 イングマール・ベルイマン
脚本 イングマール・ベルイマン
撮影 スヴェン・ニクヴィスト
配給 東和
公開 スウェーデンの旗 1963年9月23日
日本の旗 1964年5月23日
上映時間 96分
製作国 スウェーデンの旗 スウェーデン
言語 スウェーデン語
テンプレートを表示

沈黙』(ちんもく、スウェーデン語: Tystnaden英語: The Silence)は、1963年公開のスウェーデン映画。イングマール・ベルイマン脚本・監督。

鏡の中にある如く』(1961年)、『冬の光』(1962年)に続く、いわゆる「神の沈黙」三部作の最後の作品である。

翻訳家で独身の姉とその妹、妹の幼い息子の3人が列車の旅の途上にある。心臓に持病を抱える姉の体調を慮って、一行は途中下車し、ホテルに逗留することになる。冷戦下の共産圏を思わせるその土地では、ことばも充分に通じない。ホテルで過ごす時間の中で、姉妹がずっと触れることを避けてきた葛藤がしだいに顕わになっていく。

閉ざされた空間、限られた登場人物、そぎ落とされた台詞によるドラマ。カフカ的ともフロイト的とも称される思わせぶりな象徴表現も含めて、難解な作品との評がつきまとう。ポルノグラフィ以外で初めて女性の自慰を映像化した作品としても知られる。日本初公開時には成人映画に指定された。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

外部リンク[編集]