コミューン (スウェーデン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コミューンスウェーデン語kommun)はスウェーデン基礎自治体である。

日本市町村に相当するが、フランスのコミューン同様にコミューンの名称は人口の多寡や面積の大小とは関係ないので、人口が少なかったり面積が小さくてもコミューンはコミューンである。従って日本の「町」や「村」に相当する地方自治体はスウェーデンにはない。

2007年現在、スウェーデン国内のコミューン総数は290である。スウェーデンにおける市町村の大合併は1952年と1962年の2回にわたって行われた。第1回目の大合併で総数は2500から1037に縮小された。第2回目の大合併は1962年から12年かけて行われ、大合併の完了した1974年時点でのコミューンの総数は278であった。その後、総数は微増して現在の水準にまで至る。