スウェーデンの憲法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スウェーデンの憲法は4つの基本法 (Grundlagarna) からなる、スウェーデンの国家組織や統治の基本原理を定めている。

1974年に現行の政体法が導入されるまでは、「リクスダーグ運営規則」 (法律番号 SFS 1974:153) も含めて、基本法は5つであった。それ以前に比べて「リクスダーグ運営規則」は、基本法としての重要性は低下したものの、立法機関の運営規則を定めているという性格上、基本法に準ずる法律と見なされている。

国王国家元首ではあるものの、日本の天皇の国事行為に相当する名目的・儀礼的な権能まで失ったことも特徴である。これを立憲君主制とは異なる象徴君主制と位置づける説もある。

各基本法[編集]

  • 政体法 (Regeringsformen) - 法律番号 (SFS 1974:152)。1974年制定。(現行)
  • 王位継承法 (Successionsordningen) - 法律番号 (SFS 1810:0926)。1810年制定。(現行)
  • 出版自由法 (Tryckfrihetsförordningen) - 法律番号 (SFS 1949:105)。1949年制定。(現行)
  • 言論自由法 (Yttrandefrihetsgrundlagen) - 法律番号 (SFS 1991:1469)。1991年制定。(現行)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

Northern-Europe-map-extended.png この「スウェーデンの憲法」は、北ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 北ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ