スヴェン・ヘディン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スヴェン・ヘディン
生誕 1865年2月19日
スウェーデンストックホルム
死没 1952年11月26日
ストックホルム
職業 地理学者、探検家
テンプレートを表示

スヴェン・アンダシュ(アンデシュ)・ヘディンSven Anders Hedin,1865年2月19日1952年11月26日)はスウェーデンの地理学者・中央アジア探検家

経歴[編集]

ストックホルムで建築業を営む中流家庭に生まれ、小学校の同級生には経済学者グスタフ・カッセルや数学者イヴァル・フレドホルムなどがいた。1902年貴族に列せられ、1909年イギリスより“ナイト”の称号を得る。

ヘディンが踏査したルート(1886 - 1935)

アドルフ・エリク・ノルデンショルドの成功に感銘を受け、生涯師事した。ベルリン大学シルクロードの提唱者として知られるリヒトホーフェンの指導をうけて中央アジア探検を決意し、ペルシアメソポタミアに旅行(1885年86年)。

スウェーデン王オスカル2世がペルシアに派遣した使節団の一員としてメルヴブハラサマルカンドカシュガルなどを旅行(1890年91年)。

ロシアのオレンブルクからウラル山脈を越え、パミール高原タクラマカン砂漠南辺、ツァイダム青海からオルドスを横断、張家口を経て北京に到着(1893年97年)。

1899年から1902年にかけて、タリム盆地および中部チベット湖沼地方の北部を探検した。その間、1900年に古代都市楼蘭の遺跡と干上がったロプノールの湖床を発見し、よく知られている「さまよえる湖」説を唱えるに至った。多くの文書・遺物を取得してカラコルム山脈を越え、レーカシュミールに出て、再びカラコルム峠を越えてカシュガルに至り、フェルガナアンディジャンに到着、ロシア経由で帰国した。

1905年、ペルシアからインドに入り、レーから西北チベットに侵入、中央チベット湖沼地帯を探検してインダス川サトレジ川(インダス川支流)、ブラマプトラ川ガンジス川支流)の水源地方を調査。シガツェに至ってパンチェン・ラマの歓迎を受けた。サトレジ川の河源およびヒマラヤ山脈の北にあってこれと平行し、カラコルム山脈に連なるトランス・ヒマラヤ山系の発見は、この調査旅行で最も意義ある業績である。カイラス山へも訪れたが、チベット人に入山を禁じられている。これらの成功は、パトロンであるロシア皇帝ニコライ2世との個人的な友情なしには成功はなしえなかった。また、ノーベル家の援助も受け、その関わりは生涯に渡った。

1908年に帰国。1927年西北科学考査団 (The Sino-Swedish Expedition) を組織し、スウェーデン・ドイツ・中国の学者の協力による大規模な探検を行い、東は東蒙古の熱河地帯から西は新疆省(現在の新疆ウイグル自治区)を越えてペルシアにおよび、南はチベット北部から北は天山に至る地域について地理、考古、生物、民族、人類学など広範囲な部門について研究を行った。新疆省の政治上の悪化と第二次世界大戦の勃発によってその予定は完全には実現されなかった。

1934年にロプノールの復活を自らの目で確かめた後、1935年に帰国したが、途上立ち寄ったドイツアドルフ・ヒトラーの歓待(ヘディンはナチス党員ではなかったが、チベットに興味を持ち、自分の偉業を正当に評価してくれるヒトラーとは親密だった)を受け、その後数回にわたってナチス幹部と接触を持つ(金子民雄「秘められたベルリン使節」に詳しい)。このコネクションを使い、ユダヤ人やナチスドイツに占領されたノルウェーのレジスタンス活動家を救い出したこともあった。なおヘディンは、16分の1でユダヤ人の血筋(ヘディンを貶める巧妙な告発であったが、自身はこれを誇りであると偏見誹謗を一蹴した)を引いていたが、新聞紙上で台頭期のナチスを礼賛したこともあった。

これらの行動が原因で、第二次世界大戦終結後にスウェーデン国内ではヘディンを「ナチス・ドイツに協力した」として大きく批判された。

1952年、ヘディンはストックホルムで没した。没する直前まで、探検に関する著述活動を行っていた。

現在、ヘディンの研究成果はストックホルムのスウェーデン民族学博物館に於いて恒久展示されている[1]。また、ウプサラ大学スウェーデン自然歴史博物館に於いても彼の探検に関する事績や採集した鉱石等が保存されている[2]

主著[編集]

  • Hedin, Sven: Die geographisch-wissenschaftlichen Ergebnisse meiner Reisen in Zentralasien 1894–97 (Ergänzungsband 28 zu Petermanns Mitteilungen), Gotha 1900.
  • Scientific result of a journey in Central Asis:6巻(1899-1902年)・地図2巻(1904-07年)
  • Southern Tibet,discoveres in former times compared with my own researches of 1906-1908,:9巻・地図2巻(1917-22年)
  • History of the expedition in Asia 1927-1935:4巻(1943-45年)

日本との関わり[編集]

  • 探検旅行の帰途、1908年には来日し、明治天皇に謁見。日本人として初めてチベット入した河口慧海とも書簡を交している。1923年にも来日している。
  • 1948年にはノーベル文学賞候補として日本の賀川豊彦を推薦していたことが、ノーベル財団が公表したノミネートリスト[1]より明らかになっている。
  • 『ヘディン探検紀行全集』(全15巻、白水社、1979-80年)
    • 『別巻1.2 カラコルム探検史』、『ヘディン素描画集』(同上)
  • 新版で、『スウェン・ヘディン探検記 (全9巻)』と『探検家としてのわが生涯』が刊行
     他にも、岩波文庫中公文庫版で『さまよえる湖』、『シルクロード』など数作が刊行している。

日本語伝記[編集]

※金子民雄 (1936-)による著作がある。上記邦訳書も一部、訳・編集に当たった。

  • 『ヘディン伝 偉大なシルクロードの探検者』 新人物往来社→中公文庫、1989年
  • 『ヘディン人と旅』 白水社、1982年→ 改訂版 『ヘディン交遊録 探検家の生涯における17人』 中公文庫、2002年
  • 『秘められたベルリン使節 ヘディンのナチ・ドイツ日記』 胡桃書房→中公文庫 、1990年

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]