アンデルス・セルシウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンデルス・セルシウス
人物情報
生誕 1701年11月27日
スウェーデン・バルト帝国の旗 スウェーデン・バルト帝国 ウプサラまたはオヴァノーケルスウェーデン語版
死没 1744年4月25日(満42歳没)
スウェーデンの旗 スウェーデン ウプサラ
出身校 ウプサラ大学
学問
研究分野 天文学
研究機関 ウプサラ大学
主な業績 地球扁平説の実証、世界初の実用的温度計の提唱
署名
Anders Celsius
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
セルシウスが創設した天文台(同時代の版画家による木版画)

アンデルス・セルシウスAnders Celsius1701年11月27日 - 1744年4月25日)は、スウェーデン天文学者。名前は、現代スウェーデン語読みではアンダーシュもしくはアンデーシュ[andæːʂ]と発音する[1]

生涯[編集]

1701年、スウェーデンのウプサラ県ウプサラ、もしくはイェヴレボリ県オヴァノーケルスウェーデン語版に生まれた。天文学者だった父から学んだ後、ウプサラ大学で学び、1730年から1744年まで同大学で天文学の教授を務めた。ただし1732年から1735年までの3年間はドイツイタリアフランスの有名な天文台を巡る旅行をしていた。

セルシウスは自身の観測を含む1716年から1732年までの延べ316回のオーロラの観測結果を収集し、1733年にそれらをまとめてドイツのニュルンベルクで刊行した。また、アイザック・ニュートンが予想した地球の形状(扁球説)がジョヴァンニ・カッシーニ測量結果(長球説)と一致せず論争が続いていた問題に関して、より正確な子午線の測定をフランスのパリ滞在中に提唱。1736年には子午線弧長の測量のためフランス王立科学アカデミーが組織したフランス探検隊とともに、スウェーデンのラップランドトルネ谷)へ赴いた。この探検によって扁球説が正しいことが実証された。

1741年にセルシウスはウプサラ天文台の創立者の1人として天文台長に就任し、翌1742年にはスウェーデン王立科学アカデミーに投稿した論文の中で、世界最初の実用的温度計を提唱した。これは100分目盛りの温度計であり、現在のセルシウス温度計の基となった。

1744年、セルシウスは結核によりウプサラで没し、ガムラ・ウプサラのウプサラ教会に埋葬された。セルシウスの名は、その功績を称えて、月のセルシウス・クレーターとしても残っている。

出版物[編集]

  • "Nova Method us distantiam solis a terra determinandi"(1730)
  • "De observationibus pro figura telluris determinanda"(1738)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ How to pronounce Anders Celsius - FORVO

参考文献[編集]

 この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed (1911). Encyclopædia Britannica (11 ed.). Cambridge University Press. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]