ガブリエル・ファーレンハイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガブリエル・ファーレンハイト
人物情報
生誕 1686年5月24日
Chorągiew królewska króla Zygmunta III Wazy.svg ポーランド・リトアニア共和国 Flag of Prussia (1466-1772).svg ポーランド王領プロシア グダニスク
死没 1736年9月16日
Statenvlag.svg ネーデルラント連邦共和国 デン・ハーグ
学問
研究分野 物理学
主な業績 温度計の目盛の標準化
署名
テンプレートを表示
デン・ハーグにあるファーレンハイトの

ガブリエル・ダニエル・ファーレンハイトDaniel Gabriel FahrenheitまたはGabriel Daniel Fahrenheit1686年5月24日 - 1736年9月16日)は、ポーランド・リトアニア共和国王冠領プロイセングダニスク(ドイツ語名ダンツィヒ)で生まれ主にオランダで活動したドイツ人技術者・物理学者が共存する温度と健全な男性体温固定点とする温度である華氏ファーレンハイト度)に名前を残している[1]。華氏という表記は、ファーレンハイトの中国語における音訳「華倫海特」から来ている。また、比重瓶浮き秤温度計の改良を行った。

ファーレンハイトはそれまで一般的に使われていたアルコール類を使った液柱温度計の不正確さを、純度の高い水銀を使用する他、精密な製作技術で精度を高めた。また、ファーレンハイト自身の温度計を使って様々な液体の沸点を計測した。そして沸点が液体ごとに異なること、および大気圧によって変動することを発見した。

生涯[編集]

ファーレンハイトのハイドロメーター(en:Fahrenheit hydrometer

1686年5月24日、ポーランド・リトアニア共和国のグダニスクに商人の元に長男として生まれるが、1701年両親死亡を機にオランダのアムステルダムに移る。

アムステルダムで商業を学ぶ内に物理学に興味を示し、科学装置製造業に従事すると共にガラス器具を製作する技術を身につけてガラス工芸家(ガラス吹き工)として、また、物理や気象学器具製作者として務めた。

1707年頃よりドイツなどの各国を旅し、ドイツの数学者哲学者であるゴットフリート・ライプニッツとも文通をしていた[2]。また、ファーレンハイトのは10年間に達し、科学者と出会う上で標準温度計の必要性を知る[3]

1713年頃に水銀温度計の実験を始め、1714年にはアルコール温度計を作った。

1717年、アムステルダムで商業的な生産を行い、1724年に水銀温度計を作り、論文を発表した。同年、王立協会会員となる。

1721年過冷却された水の震蕩による凝固を発見。

1732年には、オランダの植物学者であるヘルマン・ブールハーフェと共に異なる物質の混合実験を行い、その時の温度が初めの温度の平均値にならないことを発見し、後にスコットランドの物理学者、化学者であるジョゼフ・ブラックにより比熱証明された。

1736年9月16日、オランダデン・ハーグにて亡くなる。

脚注・参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 華氏温度とは - weblio辞書、2012年12月27日閲覧。
  2. ^ ファーレンハイト - Yahoo!百科事典日本大百科全書、2012年12月27日閲覧。
  3. ^ ファーレンハイトとは - コトバンク、2012年12月27日閲覧。

関連項目[編集]