ジョゼフ・ブラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョゼフ・ブラックJoseph Black, 1728年4月16日 - 1799年11月10日) は、スコットランド物理学者化学者。氷が温度を変えずに熱を吸収することを見出し、潜熱の概念を取り入れ、熱素説を唱えた。

グラスゴー大学で美術を学んだ後、1748年から薬学を学び、1752年エディンバラへ移ったが、1756年自然科学の教授としてグラスゴーに戻り、1766年にエディンバラ大学に移るまでグラスゴー大学に在籍した。ウィリアム・カレンはグラスゴー大学時代の師にあたる。

1755年、炭酸マグネシウム熱分解して酸化マグネシウムになることを示した。(マグネシウムは1808年のデービーを発見者とすることが多い)。その時発生する二酸化炭素に固定空気(fixed air)と名づけた。

1761年に氷が融解の時に温度を変えないで熱を吸収することを示し、熱素(カロリック)が氷の粒子と結びつくのだと考えた。また、同体積の水と水銀の温度上昇に差があるという事実などから、熱容量の概念を生み出すなど、熱学の発展に貢献した。