グラスゴー大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グラスゴー大学
Westquad.JPG
大学設置/創立 1451年
学校種別 国立
本部所在地 イギリス(スコットランドグラスゴー
ウェブサイト グラスゴー大学公式サイト
テンプレートを表示

グラスゴー大学(ぐらすごーだいがく、英語: 、公用語表記: University of Glasgow)は、イギリス(スコットランドグラスゴー市に本部を置くイギリス国立大学である。1451年に設置された。

500年以上の歴史を有する英語圏最古の大学の一つであり、オックスフォード大学ケンブリッジ大学と並ぶアンシャン・ユニヴァシティーに属する大学。 中世から高位聖職者を輩出し、近世では、蒸気機関の発明や電力単位のワット(W)で知られるジェームズ・ワット、経済学の祖であり国富論を著したアダム・スミスなど歴史上の重要人物も多く輩出している。また近代に入ると、世界各国からエリート層が留学して来るようになり、母国で政治家や科学者となって国家に貢献した卒業生も多い。

大学は英国のアイビー・リーグとも言われているラッセル・グループの一員で、また国際的に重要な大学から組織されているウニベルジタツ21の創立メンバーの一員でもある。医学部はGlasgow Coma Scaleの名で世界に知られている。医学、歯学、獣医学の分野で英国最高峰に位置し、また工学の分野では最古の歴史を誇り、産業革命で大きな役割を果たした。2007年現在、同大学出身のノーベル賞受賞者は6名に上る。

沿革[編集]

1451年ローマ教皇ニコラウス5世の認可状により、神学の大学として設立された。当時は独立国であったスコットランドの国王ジェームズ2世が、隣国イングランドで既に創設されていたオックスフォード大学とケンブリッジ大学に対抗できる大学の設置を希望したことが創立の発端である。また、ウィリアム・ターンブル司教により創立されたとも言われる。大学はこれにより、スコットランドでは二番目に古い大学となった。設立時、大学はグラスゴー大聖堂に隣接して存在したが、9年後の1460年にそこから南側に600m程離れたハイ・ストリート沿いに移転した。当時のハイ・ストリートはグラスゴー随一の繁華街であり、中世期に形成された街並みを有していたが、産業革命以降スラム化が進行した。このため410年後の1870年、都市計画によるスラムクリアランスとグラスゴー市街地の西側への伸展とともに、ウエストエンドの丘陵地であった現在の敷地に大学は再度移転した。現キャンパスにおける最古の建造物は東側通用門のゲートハウスであり、これはハイ・ストリート沿いにあった大学の17世紀建造の旧玄関部分を移築し再利用したもの。また、高い塔がそびえるゴシック様式の現在の大学校舎は、この時新しく建設されたもの。近年、旧大学跡地は国鉄が走るだけの建物も無い更地となっており、そこにあるハイ・ストリート駅の近くに大学の旧玄関部分が位置していたという。スコットランド最古の大学は、ここよりわずか40年ほど古いセント・アンドルーズ大学である。グラスゴー大学はグレートブリテン島全体では4番目に古い大学ということになる。スコットランドでは、グラスゴー大学、セント・アンドルーズ大学、アバディーン大学が教会によって創立された大学で、エディンバラ大学だけが町によって創立された大学である。

アンシャン・ユニヴァシティーズ各校の創立年。

  1. オックスフォード大学 (1249年)
  2. ケンブリッジ大学 (1284年)
  3. セント・アンドルーズ大学 (1411年)
  4. グラスゴー大学 (1451年)
  5. アバディーン大学 (1494年)
  6. エディンバラ大学 (1582年)
  7. トリニティ・カレッジ (ダブリン大学) (1592年

キャンパス[編集]

グラスゴー市内を見渡す高台にゴシック様式の美しい校舎を持ち、スコットランドの観光名所となっている。また校内の博物館、美術館は一般に公開されているほか、建築家チャールズ・レニー・マッキントッシュゆかりのマッキントッシュハウスがある。付近は高級住宅街でありながら学生向けの酒場、商店が集まる学生街でもあり、地下鉄が最寄のHillhead駅から市中心部へ通じている。同大学の運動場は本校舎から離れたグラスゴー郊外にあり、シャトルバスが大学、各学生寮、運動場を連絡している。グラスゴーは欧州のポップカルチャーを代表する街であり、繁華街は夜遅くまで学生と若者で賑わっている。

Wfm glasgow university union.jpg

組織[編集]

2010年8月より組織改編により以下のように構成されるようになった。

なおそれまでは下記9学部 から構成されていた。

かつて「社会主義理論運動研究センター(Centre for the Study of Socialist Theory and Movements)」が存在したが、現在は廃止されている。

獣医学部は世界的に高名、歯学、医学部はイギリスで最高位に評価される。

以上の学部の他、2つの連合校がある。

  • グラスゴー美術学校
    • グラスゴー美術学校・グラスゴー大学 マッキントッシュ・スクール・オブ・アーキテクチャー
  • スコティッシュ農業カレッジ

グラスゴー美術学校を卒業または修了するとグラスゴー大学から学士、修士、博士等の学位が授与される仕組みになっている。グラスゴー美術学校は建築家チャールズ・レニー・マッキントッシュの出身校であり、その校舎は彼の代表作品である。

学生[編集]

留学[編集]

同大学への入学を希望する留学生のために、入学予備教育機関としてGlasgow International Collegeが設置されている。この機関は、グラスゴー大学への入学希望者のみをうけいれており、修了してもグラスゴー大学以外には入学できない。

教員[編集]

スポーツ・サークル・伝統[編集]

旧女子学生組合が学生組合から分離していた歴史的背景から、現在2つの学生組合がある。その他に学生自治会、会員制の大学院生クラブを有する。組合、クラブの施設にはバー、ディスコ、食堂、売店、ビリヤード場などがある。学生組合(GUU)は当時同大学の学生であったチャールズ・ケネディ(後の下院議員、自由党主)が委員長の時代に大学裁判所の決定を受け、女子学生も加入できるようになったが、未だに体育会系で保守的な伝統を根強く残している。それに対して旧女子学生組合(QMU)は比較的リベラルであり、男子学生も多く加入している。大学院生クラブは同大学独特の組織であり、大学院生や研究者のみならず、同大学出身のスコットランドの知識人が集う社交の場となっている。 また、新学期には大学内の各ソサイアティやクラブが主催するケーリー(ceilidh)がたびたび開催される。ケーリーとはスコットランドの伝統的なダンスパーティであり、バグパイプを含んだ生バンドの演奏やCDの音楽に合わせて集団でフォークダンスを踊り楽しむものである。これはイングランドの大学には見られない、スコットランドの大学独自の伝統である。

主な出身者[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]