ジェイムズ・ボズウェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェイムズ・ボズウェル

ジェイムズ・ボズウェル(James Boswell, 1740年10月29日 - 1795年5月19日)は、スコットランド出身の法律家、作家。伝記『サミュエル・ジョンソン伝』で知られる。

エディンバラ生まれ、父は裁判官であった。グラスゴーで法律を学んだ(アダム・スミスの教えを受けた)。1763年ロンドンで英語辞典の編纂で高名なサミュエル・ジョンソンに初めて出会い、以後交友を結んだ。1763-1766年にかけてグランドツアーに出かけ、その詳細な記録を残している。オランダライデン大学で真面目に学び、次いでドイツスイスジュネーヴに亡命中のヴォルテールを訪れた)などを回ったが、イタリアでは羽目を外して放蕩にふけった。

1766年以降、エディンバラで弁護士業を行うが、本業では大した業績はない。1768年、"Account of Corsica" で文名を上げた。1769年に結婚し、家庭を持つが、ギャンブルにおぼれる自堕落な生活を送った。1782年に父が逝去し、オーキンレック(Auchinleck)の領主となった。

この間サミュエル・ジョンソンに親しく師事し、ジョンソン逝去(1784年)の後に伝記の執筆を依頼された。1786年、ロンドンに移住し、弁護士業で成功しようとするがうまくゆかず失意の日々であった。ジョンソン伝執筆に心血を注ぎ、1791年に刊行した。抜群の記憶力で師の言動を詳細に記録し、また関係者への綿密な調査を経て書き上げたものであり、英語で"Boswellian"(ボズウェル流)は「細大漏らさずに書く」を意味するほどである。本書はイギリス人にとっての必読書といわれ、伝記文学の傑作と評価されている。

20世紀になってボズウェルの膨大な日記が発見され、日記文学としても注目された。

語録[編集]

  • "For my own part I think no innocent species of wit or pleasantry should be suppressed: and that a good pun may be admitted among the smaller excellencies of lively conversation."
  • "We cannot tell the precise moment when friendship is formed. As in filling a vessel drop by drop, there is at last a drop which makes it run over. So in a series of kindnesses there is, at last, one which makes the heart run over."
  • "My heart warmed to my countrymen, and my Scotch blood boiled with indignation. I jumped from the benches, roared out 'Damn you, you rascals!', hissed and was in the greatest rage . . . I hated the English; I wished from my soul that the Union was broke and that we might give them another battle of Bannockburn"

出版 [編集]

  • The Life of Samuel Johnson, Facsimile Reprint of First Issue of the First Edition, bound with The Principal Corrections and Additions to the First Edition, 2 volumes (ISBN 978-4-901481-69-4) www.aplink.co.jp/synapse/4-901481-69-X.htm
日本語訳
  • サミュエル・ヂョンスン伝 - 神吉三郎訳、全3巻、岩波文庫
  • サミュエル・ジョンソン伝 - 中野好之訳、全3巻、みすず書房