ノッティンガム大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノッティンガム大学
[[File:
University of Nottingham's Trent Building
|220px|center|]]
大学設置/創立 1881年
学校種別 [[大学|]]
本部所在地 ノッティンガム
ウェブサイト ノッティンガム大学公式サイト
テンプレートを表示

ノッティンガム大学英語: University of Nottingham)は、ノッティンガム市に本部を置くイギリス大学である。1881年に設置された。

イギリスの大規模研究型大学で構成するラッセル・グループに所属。

歴史[編集]

1798年に設立された成人教育学校が前身。1881年、オールバニ公レオポルドによってユニバーシティ・カレッジとして設立され、1948年にロンドン大学から独立し正式に国立大学として認定された。

大学の特色[編集]

総合大学であるノッティンガム大学は、教育・研究活動においてもイギリス大学ランキングで常に上位10位以内に位置している。{最近の研究業績評価では、26学科が最高グレードの5または5*(国際的に優れた研究)をマークし、独立機関による教育の質の評価では、30学科が「優」とされた[要出典]。ノッティンガム大学は全国の大学中最も競争率が高く[要出典]、キャンパスの美しさも際立っているとされる。大学は人文、教育、工学、法律、社会科学(ノッティンガム大学ビジネス・スクールを含む)、医学および健康科学(獣医学科、医学部)、自然科学(農業学、食物科学を含む)の6学部、31のスクールに分けられている。また、ノッティンガム大学ビジネススクールは同国でも優れたの教育機関のひとつとして知られている[要出典]

ノッティンガム大学は経済学で、イギリス国内で5位にランクされている(2008年度 タイムズ)。また、国際経済学では常に世界ランキング20位に入っており[要出典]、ヨーロッパ最大のGlobalizationの研究機関[要出典]を保持する。計量経済学では、Granger Centre for Time Series Econometricsを保持し、そのExternal Fellows にはSir Clive Grangerはもとより、Peter Phillips(イェール)、Pierre Perron(ボストン)、Peter Robinson(LSE)等がいる。

ノーベル賞[編集]

2003年、ノーベル医学生理学賞が医療機器のMRIの発明・研究の成果で物理学部のピーター・マンスフィールド名誉教授に、ノーベル経済学賞がCo-integration分析でクライヴ・グレンジャー教授に授与された。


著名な卒業生[編集]

脚注[編集]


外部リンク[編集]