ウィリアム・カレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
William Cullen.

ウィリアム・カレン(William Cullen、1710年4月15日 - 1790年2月5日)はスコットランドの医師、化学者である。1748年、エーテルの気化による温度低下を利用して、少量の氷をつくる実験を行ったことで、冷凍技術の歴史の最初に挙げられる科学者である。

生涯[編集]

スコットランド、ラナークシャー郡ハミルトンに生まれた。グラスゴー大学エディンバラ大学で医学を学び、医者となるが、自然科学、特に化学に興味をもった。1740年にグラスゴー大学で薬学の学位を取り、1747年には化学の講師となった。1755年にエディンバラ大学の化学の教授となった。

カレンは「スコットランドの啓蒙時代」の中心となった人物の一人で、哲学者デイヴィッド・ヒュームの友人でかかりつけ医師であった。1773年から2年間グラスゴー王立医学、外科学校(Royal College of Physicians and Surgeons of Glasgow)の学長を務め、1790年までスコットランド王の侍医を務めた。1777年に王立協会の会員に選ばれた[1]。エディンバラ王立協会の認可を推進した一人で、1783年にエディンバラ王立協会は認可され創立メンバーとなった。

教師として多くの学生を育て、当時の医学に指導的な人物を育てた。その中にはフィラデルフィアでアメリカ大陸(当時植民地)の最初の医学校の設立の中心となったベンジャミン・ラッシュ(Benjamin Rush)やイギリス海軍の医療の再建者となったギルバート・ブレーン(Gilbert Blane)やロンドン王立医学会の設立者となるジョン・レットサム(John Coakley Lettsom)がいる。また「ブラウニズム」と呼ばれる医療理論を提唱し、カレンと対立することになったジョン・ブラウンも弟子であった。「ブラウニズム」はドイツなどヨーロッパの各国に影響を与えた。

冷凍技術への貢献[編集]

1756年公開の実験でジエチルエーテルの溶液を入れた容器を低圧にして、ジエチルエーテルを沸騰させ、その気化熱で周囲を冷却し、少量の氷を生じるのを示した。1748年にもグラスゴー大学で同じ実験をしたとされる。実用化はされなかったが、冷凍装置の歴史に残ることとなった。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Cullen; William (1710 - 1790)” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2012年3月31日閲覧。

関連記事[編集]

外部リンク[編集]