ジョスリン・ベル・バーネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョスリン・ベル・バーネル(右、2009年)

ジョスリン・ベル=バーネル (Susan Jocelyn Bell Burnell旧姓:Susan Jocelyn Bell、1943年7月15日 - )は、イギリスの女性天体物理学者である。アントニー・ヒューイッシュの下でパルサーを発見した。

略歴[編集]

北アイルランドベルファスト建築家の娘として生まれた。

1965年グラスゴー大学理学士。1967年にケンブリッジ大学大学院生時代にヒューイッシュらとクエーサーの観測するための電波望遠鏡の観測データのなかに非常に早く規則的に変化する電波信号を見つけた。天文学的には異常に短い電波の宇宙人からの通信ではないかとも思われた電波源には「緑の小人 (Little Green Man)」を意味する「LGM-1」の名が与えられが、後に高速で回転する中性子星「CP 1919」が電波源であることがわかった。

1969年にケンブリッジ大学でPh.D.を取得し、サザンプトン大学指導教員(1970年 - 1973年)、ロンドン大学ムラード宇宙科学研究所研究員(1974年 - 1982年)、エジンバラ王立天文台研究員(1982年 - 1991年)、オープン大学物理学講座教授(1991年 - 2001年)、プリンストン大学客員教授バース大学理学部長 兼 教授(2001年 - 2004年)を務めた。

2002年から2004年までイギリス天文学会会長、2008年から2010年まで英国物理学会会長を歴任。現在はオックスフォード大学客員教授マンスフィールド・カレッジフェローを務める。

1968年に結婚し1男を儲けるも1993年に離婚。

受賞歴[編集]

参考文献[編集]

  • 科学者人名事典編集委員会(ジョン・デーンティス 他) 編『科学者人名事典』(丸善、1997年) ISBN 978-4-621-04317-2