ジョン・カー (物理学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
John Kerr, c. 1860

ジョン・カーJohn Kerr, 1824年12月17日 - 1907年8月18日)は、スコットランド物理学者。外部の電場磁場によって結晶や液体の光学的性質が変化するカー効果を発見した。

1857年、グラスゴー大学の数学と物理の講師となった。1875年に強い電場を等方性材料にかけると、複屈折を生じる現象を発見した(電気光学カー効果)。この現象は光学機器の超高速シャッターの原理として用いられ、光速の測定に機械的シャッターのかわりに用いられた。

また磁場により偏光面が変化する現象も示した(磁気光学カー効果)。

ケルヴィン卿とは同い年で親しい友人であり、ケルヴィン卿がグラスゴー大学初の自然哲学教授となるのを助けた。