ニッカウヰスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニッカウヰスキー株式会社
Nikka Whisky Co.,Ltd
Nikka Susukino Sapporo01s.jpg
Nikka-Whisky-Head-Office-02.jpg
本社
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 ニッカ、NIKKA
本社所在地 日本の旗 日本
107-8616
東京都港区南青山五丁目4番31号
設立 1934年昭和9年)
業種 食料品
事業内容 ウイスキーブランデー焼酎チューハイなど酒類の製造
代表者 中川 圭一(代表取締役社長)
主要株主 アサヒビール株式会社 100%
主要子会社 株式会社北海道ニッカサービス
株式会社仙台ニッカサービス
ニッカ製樽株式会社
ベン・ネヴィス社(イギリス法人) 他
関係する人物 竹鶴政孝
加賀正太郎
外部リンク http://www.nikka.com/
特記事項:設立時の商号は「大日本果汁株式会社」。
テンプレートを表示

ニッカウヰスキー株式会社現代仮名遣い:ニッカウイスキー)は、日本洋酒メーカー[1]

1934年昭和9年)、北海道余市郡余市町に前身である「大日本果汁株式会社」が設立され、同社の略称「日果(にっか)」の片仮名書きが現在のブランド名になっている。2001年平成13年)、筆頭株主アサヒビール株式会社が全株式を取得して完全子会社化された。ニッカが製造する商品の販売及びマーケティングはアサヒビールが行なっている。

歴史[編集]

寿屋(サントリーホールディングスサントリー酒類の前身)でウイスキー製造に従事していた竹鶴政孝が、よりスコットランドに近い気候の北海道で、よりよいウイスキー作りをするために退社し、資本を集めて北海道余市で創業したのが始まりである。最初期の筆頭株主は、加賀証券社長の加賀正太郎。加賀は社内では「御主人様」と呼ばれ、創業者の竹鶴は専務と呼ばれた。

ウイスキーは製造開始から出荷まで数年かかるため、最初期は余市周辺の特産品であったリンゴを原料に、リンゴジュース(商品名は日果林檎ジュース、のちに敵性語排斥によって日果林檎汁に改名)、リンゴワイン、リンゴゼリーなどを製造・販売していた。しかし、創業者竹鶴の品質へのこだわりはリンゴジュースにも及び、高価な果汁100%ジュースしか出荷しなかったため、あまり売れなかったという。

ニッカウヰスキーによれば、日果林檎ジュースは製品化された日本初の果汁100%リンゴジュースである。ただし、より正確には、壽屋(現サントリー)がそれ以前に濃縮ジュース(果汁100%を超える)を製造販売している。2013年現在ニッカでは果汁100%ジュースの製造販売は行っておらず、同系列メーカーのアサヒ飲料による「バャリースアップル」に引き継いでいる。

1940年昭和15年)にウイスキーの出荷を開始。製品はリンゴジュースの商品名「日果」をカタカナにし、ニッカウヰスキーと名づけられた。直後にウイスキーは統制品となり、大日本果汁は海軍監督工場となった。当時スコッチウイスキーの国内最大の消費者は帝国海軍であったが、イギリスからのウイスキー輸入が途絶えたため、日本国産ウイスキーへの需要が高まった。このときは将校への配給用の酒を製造するために優先的に原料が割り当てられたため、事業の継続が可能となった。

1943年昭和18年)、竹鶴政孝が社長に就任。

終戦後、他社から相次いで低質の三級ウイスキーが発売されるが、品質にこだわり、低価格商品を投入しなかったため再度経営が苦しくなる。加賀は経営上の理由から再三、三級の発売を要求。1950年昭和25年)と1951年昭和26年)に、低質の三級ウイスキー(商品名ニッカポケット壜ウヰスキー、ニッカ角壜ウヰスキー)を発売するが、原酒を当時の税法の制限いっぱいの5%ぎりぎりまで入れた。着色料も粗悪品ではなく、わざわざ砂糖を原料に自社生産したカラメルを使用したという。

1952年昭和27年)、ニッカウヰスキーに商号変更し、本社を東京都中央区日本橋に移転。同年、港区麻布(2013年10月現在の六本木ヒルズ所在地)に東京工場を設置した。この工場は瓶詰めを行うためのものであった。余市から東京への輸送コストを抑えるのが主目的であるが、当時、ウイスキーは出荷時に課税されていたため、輸送時の破損分への課税を防ぐためにも、大消費地に瓶詰め工場を置くことが必要であった。

1954年昭和29年)、病床にあった加賀が自らの死期が近いことを知り、死後の株券の散逸を防ぐため、他の主要株主と共に朝日麦酒(現:アサヒグループホールディングス)に保有全株式を売却。この時点で朝日麦酒は過半数の株を持つことになり、ニッカは朝日麦酒グループ入りすることになった。御主人様とまで呼ばれた事実上の社主の突然の行動に、ニッカ社内は騒然となるが、社長の竹鶴は、当時の朝日麦酒社長が知人であることから全く動じなかった。加賀は敢えて竹鶴の知人を売却相手に選んだのだと考えられている。朝日麦酒は役員1名を派遣したのみで製造には口を出さなかった。

当時、ニッカの二級ウイスキー(かつての三級ウイスキー)は他社製より高く、あまり売れていなかった。朝日麦酒から派遣された弥谷醇平が、「売り上げが倍になれば、品質を落とさなくても他社と同価格で販売できる」と竹鶴を説得。1956年昭和31年)、新二級ウイスキーの丸びんウヰスキー(通称、丸びんニッキー)を、業界首位の寿屋の主力商品・トリスウイスキーと同価格で発売した。積極的なセールス活動を行った結果、実際にニッカの二級ウイスキーの売り上げは1年で倍増し、ニッカの販売額も業界3位から2位に浮上した。またこれにより他社のセールス活動も激化。ウイスキー販売戦争となった。当時、洋酒ブームが起きており、ニッカ以外も含めた日本でのウイスキー消費量全体も増加した。

1959年昭和34年)、筆頭株主の朝日麦酒が資本投下を行い、西宮工場が竣工。1963年昭和38年)にはここでグレーンウイスキーが製造できるようになり、ブレンドの幅が広がった。なお、グレーンウイスキー製造設備は、1999年平成11年)に仙台工場に移設された(より正確には、竣工当時の西宮工場は朝日麦酒100%子会社の朝日酒造の工場で、ニッカとは同系列企業で社長が兼任(竹鶴政孝)というだけで直接の資本関係はない)。

1960年昭和35年)、朝日麦酒より朝日シードル株式会社の事業を譲受される。創業時から手がけていたアップルワインやシードル、アップルブランデーの製造を余市から旧朝日シードルの弘前工場に移管した。

1964年昭和39年)、日本初のモルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドしたウイスキー、ハイニッカを発売。翌1965年昭和40年)には同じく2種のウイスキーをブレンドしたブラックニッカを発売する。

ハイニッカ、ブラックニッカに対し、業界首位のサントリーも対抗製品を発売して応戦。再びウイスキー販売戦争が起こった。

1967年昭和42年)、東京工場を千葉県柏市に移転。

1969年昭和44年)には、余市蒸留所に続いて2番目の蒸留所となる宮城峡蒸留所(仙台工場)が宮城県宮城郡宮城町(現・宮城県仙台市青葉区)に竣工。この工場の建設候補地を見学に来た際、創業者の竹鶴政孝が、この地を流れていた新川川の流れを見て、突然、その水で水割りを作って飲みはじめ、その場で建設を決めたという。このとき、竹鶴はその川の名が新川ということを知らなかった。地元の人に川の名を尋ねると、「にっかわ」という答えが返ってきたので、何故、既にニッカが工場を作ることが知られているのかと驚いたという逸話も残っている。

1989年平成元年)、しばらく前に操業を停止していたスコットランドのベン・ネヴィス蒸溜所を買収。

2001年平成13年)、かつてから関係の深かったアサヒビールがニッカの全株式を取得。完全子会社化し、ニッカは完全にアサヒビールグループの一員となった。

2011年平成23年)7月1日に親会社のアサヒビール株式会社(旧法人)は持株会社移転により「アサヒグループホールディングス株式会社」に商号を変更し、ニッカはアサヒビール株式会社(新法人)の機能子会社となった。

キング・オブ・ブレンダーズ[編集]

札幌市すすきの交差点の、ニッカの大看板
吾妻橋(西岸=台東区浅草駅方面)の、ニッカの看板

右手に大麦の穂を、左手にウイスキーのテイスティング用グラスを持つ男は、事実上、ニッカのマスコットキャラクターになっている。この男の絵は、1965年、ブラックニッカのラベルで初めて使用され、その後も数種のニッカ製ウイスキーのラベルに印刷され続けている。この男はウイスキー愛好家たちにはローリー卿と呼ばれ、17世紀の冒険家ウォルター・ローリー(w:en:Walter Raleigh)がモデルだといわれているが、2代目マスターブレンダーの竹鶴威によれば、実際のモデルはよくわからないという。また別の説によれば、19世紀、ウイスキーのブレンドの重要性を説いたW・P・ローリーであるともいわれている。2011年現在、公式サイトによれば、「「W・P・ローリー卿」がモデル」だという。像の向きは当初向かって右向きであったが、後に向かって左向きに変えられた。変えられた理由も不明だが、当時の広告に左、右を向いた2種類のウイスキーのボトルの顔が向き合う写真が使われており、ディスプレイ上の理由で2種類作られたもののうち片方が残ったものと考えられる。

歴代マスターブレンダー[編集]

ウイスキー[編集]

余市蒸留所

ニッカウヰスキーは北海道余市郡余市町宮城県仙台市青葉区にウイスキーの蒸留所を開設しており、それぞれ余市蒸留所、宮城峡蒸留所と呼ばれている。余市蒸留所ではモルトウイスキー(主原料:大麦麦芽)、宮城峡蒸留所ではモルトウイスキーとグレーンウイスキー(主原料:トウモロコシ)を製造している。 そこで製造されたモルトウイスキーは蒸留所内で熟成された後、千葉県の柏工場に送られブレンド、瓶詰めされる。なお、宮城峡蒸留所で製造されたグレーンウイスキーの熟成や、ブレンドされたウイスキーの再貯蔵は、栃木県の栃木工場で行う。

余市蒸留所と宮城峡蒸留所で製造されたモルトウイスキーの原酒は、蒸留に使用するポットスチルの違いにより性格が全く異なる。余市蒸留所では一次蒸留、二次蒸留共に世界で唯一のものとなった『石炭直火式』による蒸留を続けており[2]、独特の香りがウィスキーに残る。 また宮城峡蒸留所ではグレーンウイスキーの蒸留に効率は落ちるが、原料本来の香味が残りやすいという特徴がある日本唯一、世界でも数少ないカフェ式連続蒸留機を使用している。

なお、余市蒸留所は、2002年に世界最大のウイスキー愛好者団体SMWSにより、英国以外の蒸留所で初の認定(No.116)を受けた。宮城峡蒸留所も2004年にSMWS認定(No.124)を受けており、「世界的に高品質のウイスキー」であることが認められている。

シングルカスクウイスキー

樽での熟成を終えたモルトウイスキーをそのまま瓶に詰めたもの。

  • シングルカスク余市
  • シングルカスク宮城峡
  • 十年浪漫倶楽部 余市 ※企画終了
モルトウイスキー

大麦麦芽だけを原料としたウィスキー。同じ蒸留所のモルトウイスキーをヴァッティングしたものを「シングルモルトウイスキー」、複数の蒸留所のモルトウイスキーをヴァッティングしたものを「ピュアモルトウイスキー」と呼ぶ。アルコール度数調整のための加水も行う。

  • シングルモルト余市
シングルモルト余市1987が2008年WWA(ワールド・ウイスキー・アワード)[3]世界最優秀賞(WORLD'S BEST SINGLE MALT WHISKY)を受賞
  • シングルモルト仙台 ※終売品
  • シングルモルト宮城峡
竹鶴
  • 竹鶴
竹鶴12年
竹鶴17年
竹鶴21年
2007年・2009年・2010年WWA世界最優秀賞(WORLD'S BEST BLENDED MALT WHISKY)を受賞
2009年10月7日第14回インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ(ロンドン開催)ウイスキー部門で最高賞の「トロフィー」を受賞
  • 北海道12年 ※終売品
  • ピュアモルト
ピュアモルトブラック
ピュアモルトレッド
ピュアモルトホワイト
天狗オリジナルピュアモルト17年
居酒屋『天狗』(テンアライド)系列のプライベートブランド商品[4]。アルコール度数が50度と、一般製品のピュアモルト(43度)よりやや高めになっている。
  • スーパーニッカ原酒 ※終売品
グレーンウイスキー
  • ニッカカフェグレーン
    かつては蒸溜所限定販売だったが、2012年9月より欧州で販売を開始し、2013年6月に日本国内でも発売した。なお日本向けと欧州向けは容量が異なる[5]
ブレンデッドウイスキー

モルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドしたウイスキー。モルトウイスキー至上主義により格下に見られがちだが、その実、複数の原酒からブレンダーのセンスと技術によって織りなされるブレンデッドウイスキーは芸術とまで言われている。

  • 竹鶴35年 ※数量限定品
  • ザ・ブレンド(ザ・ブレンド・オブ・ニッカ)
ザ・ブレンド 17年
ザ・ブレンド セレクション
ザ・ブレンド
  • ニュー・ブレンド
  • キングスランド ※終売品
  • スーパーニッカ
スーパーニッカ 15年 ※終売品
スーパーニッカ
スーパーニッカ クリア ※終売品
スーパーニッカ 和味(なごみ) ※終売品
  • フロム・ザ・バレル
  • G&G白ビン
  • オールモルト
  • モルトクラブ - 単式蒸溜器とカフェ式連続蒸溜機の原酒をブレンドしたもの。[6]このためピュアモルトウィスキーには分類されない。
  • ブラックニッカ
ブラックニッカ 8年
ブラックニッカ スペシャル
ブラックニッカ クリアブレンド - ノンピートモルトを使用。1997年誕生。
ブラックニッカ リッチブレンド - 2013年3月26日発売。
  • ハイニッカ
  • ニューカーム(コープブランド)
  • 伊達(宮城県限定)
  • 博多(福岡県限定)

シングルカスク 余市・宮城峡[編集]

シングルカスク 余市10年

蒸留所やインターネットでの数量限定販売となる「シングルカスク 余市」「シングルカスク 宮城峡」はウイスキーマガジン主催のウイスキーテイスティングで高い評価を得ている。

シングルカスクウイスキーとは、1つの樽から取り出してそのままボトルに詰めたウイスキーで、そのため樽によって個性が異なり、アルコール度数も約60%(普通に売られているウイスキーは約40%)になる。1つの樽からとれるウイスキーも限られることから市場にはあまり出回らない。

また、余市と仙台の各蒸留所で使用されている蒸留機の違いから、余市のシングルカスクは力強く、仙台のそれは柔らかくまろやかである。

ニッカでは下記の4種類の樽を使用して熟成させており、それぞれが独特な個性を引き出しているため、シングルカスクではその違いを楽しむことができる。

新樽(ホワイトオーク材を使用した新品の樽)
活性樽(一度熟成に使用した新樽の内面を再度焦がした樽)
バーボン樽(バーボン・ウイスキーの熟成に使用した樽)
シェリー樽(シェリー酒の熟成に使用した樽)

以前、蒸留所限定で樽詰前の「原酒 未貯蔵」が販売されていたが、販売終了となり入手することは不可能となった。

十年浪漫倶楽部 余市[編集]

会員を募り、会員名が記載された樽に北海道工場製のモルトを詰め、10年間貯蔵した後、シングルカスクウイスキーとして会員に配送する企画。現在は募集終了。

1樽に対する会員数は60名。会員はネット上で自分の樽の様子を見ることができ、北海道工場見学時に実物を見ることができる。

入会時にはスターターキットが送られ、5年後に1本、10年後に2本のウイスキーが送られてくる。

また、メッセージを登録することで、10年後にタイムカプセルメッセージとして登録したメッセージがウイスキーと共に送られてくる。このため成人や結婚式などの人生の節目において会員となるケースが多々あった。

募集開始

平成14年1月21日

募集終了

平成21年12月31日

入会金

31,500円

配布物

・入会時
会員証
樽詰め前の未貯蔵モルトウイスキー(180ml)1本
10年アルバム
余市蒸溜所や製造工程を説明するビデオテープ(後にDVDも同梱)
・5年後
5年貯蔵シングルカスクウイスキー(750ml) 1本
・10年後
10年貯蔵シングルカスクウイスキー(750ml) 2本
・入会後毎年
蒸留所 季節の便り

ブランデー[編集]

  • ニッカブランデーX.Oデラックス
  • ニッカブランデーX.O
  • ニッカブランデーV.S.O.Pデラックス

チューハイ・缶カクテル[編集]

  • カクテルパートナー
  • ハイリキ
  • 旬果搾り
  • 旬果搾りナチュリア
  • すらっと
  • 果実の瞬間
  • ニッカシードル
※ハイリキと旬果搾りは、旭化成(1992年以前は東洋醸造)が製造・発売していた商品だったが、2002年(平成14年)に旭化成が酒類事業から撤退。アサヒビールが発売を引き継ぎ、ニッカウヰスキーが製造している。なお、チューハイ・缶カクテルの一部商品は、アサヒ飲料の工場でも製造されている。

焼酎[編集]

  • SAZAN(甲類焼酎)
2004年発売。宮城峡蒸留所に於いて製造。
  • 一番札(本格焼酎)
  • 源氏(甲類焼酎)
  • どんなもん大(甲類焼酎)
上記3銘柄は旭化成(1992年以前は東洋醸造)から引き継いだ商品で、柏工場で製造されている。旭化成・東洋醸造時代には、旧東洋醸造の本社工場だった大仁酒類工場[7]静岡県田方郡大仁町:現・伊豆の国市。現在の旭化成ファーマ大仁医薬工場)で製造されていた。
  • かのか(甲・乙混和焼酎。麦・米・芋の3種類)
  • 玄海(本格焼酎。麦、蕎麦の2種類)
  • 大五郎(甲類焼酎)
  • ダイヤ(甲類焼酎)
  • まろやか(甲類焼酎)
上記5銘柄は協和発酵工業(現・協和発酵キリン)から引き継いだ商品で、アサヒビールと協和発酵の合弁による「アサヒ協和酒類製造」門司工場で製造されていたが、2006年(平成18年)1月1日にニッカウヰスキーとアサヒ協和酒類製造が合併し、ニッカウヰスキーが製造権を引き継いだ。門司工場の製造ラインもニッカに引き渡されている。

また、ニッカ門司工場では前記の経緯もあって太宰府天満宮の御神酒も製造し、納入している。梅の実は天満宮で収穫し御祓いを受けたものを使い、これを焼酎のラインで梅酒として製造する。

所在地[編集]

本社[編集]

本社ビルの地下1階には直営バーとして「ブレンダーズバー」があり、ニッカのブレンダーの手によるオリジナルブレンドウイスキーや、ブレンド前のキーモルト、シングルカスクウイスキーなどが常時提供されているほか、テイスティングイベントも多く開催されている[8]

工場[編集]

日本[編集]

日本国内の工場は上記の7つだが、北海道工場と仙台工場はそれぞれ余市蒸留所(石炭燃料とする直火焚きポットスチルを設置)、宮城峡蒸留所(ポットスチルは蒸気による加熱、また日本唯一、世界でも数少ないカフェ式連続蒸留機を設置)を併設しており、ニッカウヰスキーの中では重要な役割を持つ工場となっている。さらに仙台工場は、作並温泉地区において重要な観光スポットの1つであるため、住所が当社社名に因んで付けられ、また、国道48号から同工場に至る途上の広瀬川に架かる橋も「ニッカ橋」と命名されている。工場は広瀬川と新川川に挟まれているが、新川川(新川)がニッカワである偶然については「歴史」の項目も参照されたい。

過去には大分県日田市に九州工場があったが、合理化などで廃止され、跡地は焼酎メーカー大手・三和酒類いいちこ)の日田蒸留所として使われている。また、ニッカが引き継ぐ前の旭化成は静岡県田方郡大仁町に自社工場を持っていた(前述)。

イギリス[編集]

ベン・ネヴィス山スコットランド・ゲール語Beinn Nibheis)はブリテン諸島の最高峰で、ハイランド南西部にある。標高は1,344m。当蒸留所はネヴィス山の北西麓のフォート・ウィリアムにあり、1989年にニッカウヰスキーが取得した。

CM出演者[編集]

他、昭和30年代前半までの「丸びんニッキー」CMでは、の人形を使ったCMが放送されていた。

1984年の「マイルドニッカ」CMでは、ロボットキャラクター「アポジー&ペリジー」が登場し人気を博した。参考画像

提供番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 片仮名」の字源の「井」を用いてニッカウ井スキー漢字仮名混じりで表記する場合もある。
  2. ^ スコッチの本場イギリスを始め現在の殆どのウィスキー用のポットスチルは蒸気式や温風式、電熱式での温度管理をしており温度管理の難しい直火式は余市にしか残っていない。また温度管理が難しいので余市では蒸留の時期が限られている
  3. ^ 英国のウイスキー専門誌「ウイスキーマガジン」の発行元であるパラグラフパブリッシング社が主催する世界中のウイスキーを対象としたコンペティション。2001年から2年に1度実施していた「ザ・ベスト・オブ・ベスト」というブラインドテイスティングによるコンペティションを07年からはWWAに名称変更。広く市販されている製品(オフィシャルボトル)に限定し(1)シングルモルトウイスキー・(2)ブレンデッドウイスキー・(3)ブレンデッドモルト・ウイスキー(ピュアモルト)・(4)グレーンウイスキー・(5)アメリカン・ウイスキー・(6)ウイスキーリキュール・(7)ニューリリースの7部門で1品ずつ世界最高峰を認定する。
  4. ^ 天狗のこだわり - テンアライド
  5. ^ 欧州限定商品『ニッカ カフェグレーン』、海外での高評価を受け日本国内で新発売 - アサヒビール・2013年5月15日
  6. ^ モルトクラブ | アサヒビール
  7. ^ 旭化成(株)の焼酎及び低アルコール飲料事業のアサヒビール(株)、ニッカウヰスキー(株)への譲渡について - 旭化成ホームページ。
  8. ^ ブレンダーズ・バー
  9. ^ ウイスキー長〜く愛して 年末に向け商戦活発化 仙台河北新報 2010年10月28日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]