アルピーヌ・A110

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルピーヌ・A110
1800 グループ4

アルピーヌ・A110Alpine A110 )は、フランスの自動車製造会社、アルピーヌが製造した自動車である。

概要[編集]

FASAルノー A110スペイン製

フランス製造のA110のみ、1100ゴルディーニ、1300ゴルディーニ、1600S/SC/SXが、スペイン製造では1300VC、4速仕様で、スペイン製造のみ後期にR5アルピーヌのエンジンが搭載された。

構成は、鋼管バックボーンタイプのシャシーにFRPモノコックボディが被せられて、後方シャシーにはリベットと一部FRPが張り込まれ固定されており、前方はFRPでシャシーの一部が張り込まれて固定される。

A110 1100、1100ゴルディーニ、1300VC 1300G/S(フロントラジエーター仕様が存在する)では、ベース車がドーフィンからルノー・8に変更され、前サスペンション、後輪はR8の片側モノショックアブソーバーから2本ショックアブソーバー(初期A110の一部にはモノショックが存在する)冷却方式にもR8の特徴が受け継がれており、ラジエターは最後部に位置し、冷却気は車体後部左右上面から取り入れ、ラジエターを後から前へ抜け、エンジンルーム前側の下面から排出される。走行風による吸引効果を最大に生かすため、車体下面はスムーズに形成されている。1300G/Sの一部と1600系はリアラジエターではなく、前方のノーズにラジエターを移した。

R8の1100ccに始まり、その後1100cc、1100ゴルディーニ、1300VC及び1300G/Sにはゴルディーニエンジン搭載、1600にもゴルディーニエンジンを搭載し、1973年には、A310のリヤ・サスペンションを使ったSC、SIなどのエボリューションモデルが生まれた。

バックボーンシャシーとFRP製ボディの組み合わせにより標準的な車重は1600Sが730kg位、1600SCが840kg位、最終型SXが850kgを超える。メーカーが実際の車重よりかなり軽く発表していた。また競技車両にあっては、FRPの積層が薄く作られていたため50~100kg軽くなっていた。

数々のラリーで、優勝を始め、多くの好成績を収めたA110の最大の武器は、RRによる絶大なトラクションとライバル達に比べ圧倒的に軽量な車重であり、これによりラリー界を席巻し、1973年の初代WRCの栄誉に輝いた。

※フランス製造のA110に関するデータが元となっているため、他国ノックダウン生産の同車種とは一致しない。

年表[編集]

フランス生産では

  • 1963年 - ベルリネッタ、カブリオレ、GT4発売
  • 1964年 - 1,108cc発売
  • 1965年 - 1100ゴルディーニ、OHV・クロスフローエンジン搭載
  • 1966年 - 1300ゴルディーニ・エンジン搭載
  • 1967年 - 1500、1300S、G、V70、V100の5車種となる。
  • 1968年 - 1600S、V85(1300VC)発売、特徴的な埋め込み式補助ライトが装備されたのもこの年から。
  • 1969年 - ディエップの工場で生産開始
  • 1971年 - 競技用の1600S グループ4(1600GS)発売
  • 1973年 - 1800VA、1600VD(1600SC、1600SI)生産台数500台+、1800VBGR4、生産5台のみ(基本は1600VD発売
  • 1975年 - 1300VC、1600VD生産終了
  • 1977年7月 - 生産終了。
  • ノックダウン、ライセンス生産については
    • スペイン(FASAルノー) - 生産台数不明
    • メキシコ(ディナルフィン) - 生産台数不明
    • ブラジル(インテルラゴス)
    • ブルガリア

関連項目[編集]