キャロル・シェルビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キャロル・シェルビー
CarrollShelbyVIR2007.jpg
キャロル・シェルビー(2007年)
基本情報
フルネーム キャロル・ホール・シェルビー
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 同・テキサス州
生年月日 1923年1月11日
没年月日 2012年5月10日(満89歳没)
F1での経歴
所属チーム スクーデリアチェントロ・マセラティ, 
テンプルビュエル・マセラティ, 
アストンマーチン, 
活動時期 1958 - 1959
出走回数 8
優勝回数 0
通算獲得ポイント 1.5
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
F1デビュー戦 1958年フランスGP
最終戦 イタリアGP 
タイトル 0
テンプレートを表示

キャロル・シェルビーCaroll Hall Shelby1923年1月11日 - 2012年5月10日)は、アメリカ合衆国テキサス州出身の1950年代後半に活躍した元レーシングドライバー。

レース引退後はレーシングカーデザイナーとして後世に残る名車を数々創り上げた。1991年国際モータースポーツ殿堂入り。

2012年5月10日、テキサス州ダラスで死去[1]。89歳没。

レーサーとしての経歴[編集]

初期の経歴[編集]

ダラスにあるウッドロー・ウィルソン高校を卒業後、アメリカ空軍に入隊。第二次世界大戦まで飛行教官やテストパイロットなどをしていた。

除隊後養鶏場を経営するが、友人に誘われ草レースに参戦し優勝してしまう。この勝利がきっかけとなり、プロの道へ進むこととなる。

F1参戦・ルマン優勝[編集]

1958年、第6戦フランスGP(ランス)でスクーデリアチェントロ・マセラティよりF1デビュー、予選17位、決勝リタイヤ。

第7戦イギリスGPシルバーストーン)で予選15位、3周遅れながら初完走。

第10戦イタリアGP(モンツァ)でリタイヤしたものの、チームメイトで同郷のマステン・グレゴリーとマシンをシェアして4位でゴール、マシンシェアのためポイントは半分の1.5点を獲得、これが生涯最初で最後のポイント獲得となった。この年は4レースに参戦した。

1959年、第3戦オランダGPザントフォールト)よりアストンマーチンで参戦、予選10位、決勝リタイヤ。

同チームよりル・マン24時間レースに参戦し優勝した。

第5戦イギリスGP(エイントリー)で自身予選最高位の6位となるも決勝リタイヤ。

第8戦イタリアGP(モンツァ)のレースを最後に引退。予選19位、決勝10位。

F1全成績[編集]

(key)

年度 チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 WDC Points
1958 スクーデリアチェントロ マセラティ 250F マセラティ 直6 ARG
MON
NED
500
BEL
FRA
DNF
GBR
9
GER
ITA
4*
MOR
- 0
テンプルビュエル POR
9
1959 デビッド・ブラウン コーポレーション アストンマーチン DBR4/250 アストンマーチン 直6 MON
500
NED
DNF
FRA
GBR
DNF
GER
POR
8
ITA
10
USA
- 0

* マシンシェアのためシリーズポイントとしては無効。

先代:
オリビエ・ジャンドビアン
フィル・ヒル
ル・マン24時間歴代勝者
1959
キャロル・シェルビー
ロイ・サルヴァドーリ
次代:
オリビエ・ジャンドビアン
ポール・フレール

カーデザイナーとしての経歴[編集]

フォード時代[編集]

心臓病でレーサーを引退後、シェルビー・アメリカンを設立。イギリスのACカーズのシャシーをベースにフォード・モーター製260エンジンを搭載したACコブラを設計し、1962年イギリスとアメリカで発売した。1963年シェルビーは289エンジンでFIAGTホモロゲーションを取得し、ル・マン24時間レースをはじめとしたGTレースに参戦を開始した。1964年にはシェルビー・デイトナでル・マンGTクラス優勝。1965年にはFIA GT選手権を取得した。同年エンジンを427に変更し、ホモロゲーション取得のためにロードゴーイングバージョン・427SCが製作された。

一方で当時フェラーリ買収を目論見失敗に終わっていたフォードは、ル・マンでフェラーリを打ち負かすためGT40を走らせていたが、1964年、1965年と連続して全車リタイヤの憂き目にあっていた。65年のル・マン終了後、シェルビーアメリカンによるリメイクがおこなわれ、Mk.IIとなったGT40は、翌1966年のル・マンで1~3位までを独占。その後Mk.IVに進化して1969年まで4連覇を達成した。

こうした過程で当時フォードの副社長であったリー・アイアコッカと親密な関係にあったキャロル・シェルビーは、若者に人気のあったマスタングのレースバージョンであるシェルビーGT350GT500を製作するなど、ますますフォードとの関係を深めていった。

クライスラー時代[編集]

アイアコッカがフォードを解雇されクライスラーの社長に就任すると、フォードとキャロル・シェルビーの関係も困難な様相を見せ始めた。シェルビーはクライスラーのなかでも、とりわけダッジブランド車のモディファイを手がけるようになる。ベースとなったのはサブコンパクトのダッジ・オムニダッジ・チャージャー(このチャージャーはシャーシこそオムニと共有だがボディースタイルはまったく異なっており、スポーティである)、チャージャーをベースによりスポーティで高級感を出したダッジ・デイトナ、ミッドサイズのスポーティセダンダッジ・ランサー、チャージャーが生産終了したあと後継車で登場したダッジ・シャドウがベース車となっていた。その集大成がバイパーである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Carroll Shelby, Builder of Cobra Sports Car, Dies at 89 New York Times 2012年5月12日閲覧