モト・グッツィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モト・グッツィMoto Guzzi )はピアッジオ社の傘下にあるイタリアオートバイメーカーである。日本ではしばしばモト・グッチなどと表記されることもあるが、同じくイタリアに本社のある大手ファッションブランドのグッチ(GUCCI)とは資本関係を含め全く関連はない。

概要[編集]

モト・グッツィは1921年に設立された、イタリアロンバルディア州コモ湖畔の村マンデッロ・デル・ラーリオに所在するイタリア最古のオートバイメーカーである。

モト・グッツィが製造・市販するオートバイ第二次世界大戦を挟んで大きく二種類に分けられる。第二次世界大戦前は空冷水平単気筒エンジンだったが戦後は一貫して空冷縦置き90°Vツインエンジンシャフトドライブを採用しており、同レイアウトでネイキッドクルーザーデュアルパーパス、スポーツツアラー、スーパースポーツまで、様々なタイプの車種をラインナップしている。

日本国内では、過去に正規ディーラーとして福田モーター商会が取り扱っていたが、2012年よりピアッジオグループジャパンが総代理店としてモト・グッツィの製品を取り扱っている。なお日本の自動車検査証においては『モトグッティ』と表記されていたが、2013年より『モト・グッツィ』に変更された。

歴史[編集]

他のイタリアメーカーがレース活動やスポーツモデルの開発に重点をおくなかで、モト・グッツィはツーリングモデルを主軸とした製品を作り続けている。

1920年に、第1次世界大戦時に戦前の著名なレーシングライダーであったジョヴァンニ・ラヴェッリとエンジニアで社名の元となったカルロ・グッツィ、富豪のジョルジョ・パローディの3人がイタリア空軍に徴兵されて出会ったことがきっかけで創業した。現在でも会社のエンブレムには、イタリア空軍の象徴である“AQUILA”(アクイラ、を意味し、ローマ帝国に由来するエンブレム)を用いている。これはラヴェッリが第1次大戦終了直後に航空機事故で亡くなってしまい、実際の会社設立には参画できなかったことを悼み、そして3人の友情が出発点であることを象徴として戴いたエンブレムである。残る2人で、グッツィが1920年に最初の試作車「G.P.」を製作し、パローディがジェノヴァの海運会社のオーナーである父親にアピールして出資を受け、1921年3月に会社を設立した。

創業直後よりレース活動に取り組み、1921年の創業直後のタルガ・フローリオで優勝したことを端緒として、1957年までワールドチャンピオンシップの常勝チームとして名を馳せ、14回のワールドタイトル獲得と11回のマン島TT優勝を成し遂げている。レース活動では2つのエピソードが有名である。1つは、1934年のマン島TTで、当時絶頂期のイギリスメーカーに対し、イタリア人ライダー“オモボノ・テンニ”を擁して対抗し、見事優勝したことである。初のイギリス製以外のマシンによるマン島TT勝利という栄冠を、初のイギリス人以外のライダーが達成するという歴史に残る快挙を成し遂げた事は、第2次大戦前夜で地中海の覇権を賭けて “大英帝国”と対立していたイタリアにとって、またとない朗報をもたらしたことになったようで、モト・グッツィがイタリアの顔とも言えるメーカーとなった切っ掛けでもある。もう1つは、創業者カルロ・グッツィの愛弟子であったジュリオ・チェーザレ・カルカーノ技師によりDOHC V8 500CCの究極のGPレーサー「オットー・チリンドリ」が産み出されたことである。ホッケンハイムサーキットで最高速度275Km/hと平均速度199Km/hを記録したこのモンスターマシンは、現在でもGP史のみならず、イタリア二輪産業界の輝かしい1つの頂点として記録されている。ちなみに、このカルカーノ技師が現在のVツインエンジンの原型を設計したことは、有名なエピソードである。

一方市販車では、1928年には先進的なリアサスペンションとフェアリングを装備したツアラーモデルの先駆けと言える「GT」を開発し、「カルロ・グッツィ」とその兄の「ジュゼッペ・グッツィ」の兄弟によるノルウェーの北極圏地帯までの走破を成し遂げ、その製品の走行性能の優秀さと耐久性を実証し、以後の車輌販売のみならず、イタリア警察や軍への独占的な車輌納入を誇る契機ともなる。この時の事跡を記念し、このモデルは以後「GTノルジェ」(ノルジェはイタリア語でノルウェーの事)と呼ばれ、最新のツアラー「1200GT」にもこの車名は引き継がれている。1957年以降は膨大な資金を必要とするレース活動から撤退し、公道を快適に走れるツアラーモデル専業メーカーとして活動を続けているが、時折他の製品とは印象を異にするスタイリッシュなスポーツモデルやレーシングモデルを産み出して世間を驚かせることがある。

レース活動[編集]

戦前はレースにも盛んに参加しており、水平単気筒エンジン、水平並列3気筒エンジン、V型8気筒エンジンなどを積んだレーサーが世界各地で活躍した。 戦後は主だったレース活動はしていないがV型縦置2気筒エンジンのその特異な運動性能からサンデーレーサーに愛されている。また、V型縦置2気筒エンジンのレース専用車両も販売している(後述のMGS-01 Corsa)。

二種類の『縦置きV型二気筒エンジン』[編集]

モト・グッツィが現在採用している縦置きV型二気筒エンジンは大きく分けて二種類存在する。一つは1965年に発表されたV7に搭載されていた大排気量向けのエンジン(通称ビッグツイン[1])と1970年〜90年代にかけてV35などの中間排気量車に搭載されていたエンジン(通称スモールツイン)である。この二つは外観こそ同じ縦置き90度V型二気筒エンジンであるがその内部構造は異なる。

ビッグツインエンジンは1950年代終わりごろからその構想が始まり、フィアット500のスポーツモデルに搭載される予定だったが紆余曲折を経てイタリア防衛省の三輪駆動車3×3に採用され、さらにイタリア軍・警察からの要請でハイスピード時代に対応する高性能オートバイV7(1965年)のエンジンとして世に出ることになる。現在まで続くOHVビックツインエンジンやV1100エヴォルツィオーネエンジン、その進化系であるオットーヴァルヴォーレ(=8バルブ)エンジンは全てこのV7のエンジンを祖としている。

一方スモールツインは1970年代に登場する。1970年代にイタリアで行われた税制改革で大排気量のエンジンには重い税率が課せられることになった。一方で350cc以下の中間排気量車は税制上優遇されたので大型排気量に偏重気味だったモト・グッツィもセールス的に中間排気量車が必要となり[2]、中間排気量向けのエンジンが開発され1977年にそのエンジンを搭載した最初のモデルV50とV35がリリースされる。

従来の大型排気量エンジン(ビッグツイン)との大きな違いはミッションケースにリアスイングアームピポットが設けられていること[3]。そのためドライブシャフトの経路を兼ねるスイングアームが直接ミッションケースに接続されている。このエンジンは1984年にリリースされたV65Lario、V50MonzaⅡ、V35Imora搭載の際4バルブ化されグッツィ初の縦置きVツイン4バルブエンジンになった。

現行モデルで比較的小型であるV7Classic、V7cafeclassic、カフェレーサーを強く意識したデザインで2011年にリリースされたV7Racerにはこの中間排気量エンジンの流れをくむエンジンが搭載されている。

主な現行モデル(2011年)[編集]

オットーヴァルヴォーレ(8バルブ)エンジン搭載車
  • MGS-01 CORSA:レース専用モデル。2006年、2007年の2年連続デイトナ優勝車。
  • 1200Sport4V - スポーツネイキッドモデル。
  • Griso(グリーソ)8V:ネイキッドスポーツモデル。特徴ある高張力鋼管ダブルクレードルフレームがデザイン上のアクセントになっている。
  • Griso8V SE:Griso8Vのスペシャルモデル。通常モデルとの大きな違いは前後がスポークホイール、限定カラーなど。
  • Breva(ブレーヴァ)1200:ネイキッドモデル。
  • STELVIO(ステルビオ):デュアルパーパスモデル。名前の由来はヨーロッパの難所「ステルビオ峠」から
  • Norge(ノルジェ)1200GT 8V:フルカウルクルーザーモデル。
OHV2バルブビッグツインエンジン・V1100エヴォルツィオーネエンジン搭載車
  • California(カリフォルニア):1972年から続く息の長いカスタム(アメリカン)モデル
  • Bellagio(ベラージオ):カスタム(アメリカン)モデル。
スモールツイン搭載車
  • V7 Classic:名車V7(1965年)をデザインの範としたモデル
  • V7 cafe classic:”カフェクラシック”と言う名前だがデザイン的には名車V7 sport(1972年)に近い。
  • V7 Racer:ゼッケンカウル、メッキタンク、バックステップ、赤く塗装されたフレームが特徴のカフェレーサーモデル。上記二種よりも足回りのグレードアップが図られている。
  • Nevada(ネヴァダ):カスタムモデル

過去のモデル[編集]

  • V11シリーズ - 1000デイトナのフレームを見直し強化。エンジン関係ではオルタネーターを再びVバンク内側に移し大型化、新型のシリンダーはツインプラグ化され燃焼効率を高めた。新開発のトランスミッションによってを駆動系の横幅を大幅に縮めデザインの自由度を高め、従来の重厚なイメージから大幅にイメ-ジチェンジした。
  • ル・マン (Le Mans) シリーズ - ハーフフェアリングを採用したスポーツモデル。トンティーフレームを採用する。1970年代のI型から始まり、II、III、IV(アメリカ向けのみ)、ル・マン1000と続きしばらく断絶、2001年にV11LeMansが復活するも現在はまた廃盤状態である。
  • ロッソ・コルサ(RossoCorsa) - V11LeMansのスペシャルバージョン
  • ネロ・コルサ(RossoCorsa) - ロッソ・コルサの色違いバージョンだが、外装仕上げはこちらの方がより綺麗になっている。
  • ロッソ・マンデロ(RossoMandello) - 2001限定発売の80周年記念モデル
  • EV80 ポルトロナ・フラウ(PoltoronaFrau) - 同じく80周年記念モデルだが発売は2002年。マセラティなどの内装も手がける本革製ソファメーカー「ポルトロナ・フラウ社」とのコラボレートモデルで、シート、ハンドルグリップ、サイドバッグが本革製のスペシャルモデル。雨天走行に配慮してレインカバーも付属している。当時のオーナー「イヴァノ・ベッジオ」とその奥方の個人的な交友関係により成立したコラボレーションによるモデル。
  • V11テンニ(Tenni) - 同じく80周記念限定車で発売は2002年。モト・グッツィゆかりのレーシングライダー達の中で最も著名で敬愛された、赤い悪魔こと「オモボノ・テンニ」をリスペクトしたモデル。バックスキンシートや特別塗装などかなり凝ったエクステリアで、地味なグリーン系のカウルに艶を抑えたシルバーの組合せというおよそオートバイや車では考えられないフィニッシュワークながら目立ち度は抜群。このカウルの塗装は、元々は1950年代のモト・グッツィ製レーサーのカウルに塗られた表面保護の錆止め塗装をイメージした物。
  • ホーガン(Hogan)- トッズのシューズブランドとのコラボレーションモデルでヨーロッパでトッズのショーに展示され話題を蒔いた様子。カリフォルニアEVベースのショーモデルで実際に発売されたかは不明である。車体の全面に本革を巻き付けるというぶっ飛んだセンスは賛否両論なれど、さすがイタリアの老舗と話題になった。
  • 1000デイトナ(DAYTONA)-フレームをそれまでのダブルクレードルから”エンジンを構造材の一部とする”バックボーンフレームを採用。エンジンをOHC4バルブ化し、燃料供給に初めてインジェクションを採用したV7エンジンシリーズの大きな転換期となったモデル。駆動系はデフをフローティング構造とし、平行トルクアームを採用することによってシャフトドライブの癖を大幅に改善した。
  • 1100スポルト(SPORT)-デイトナのフレームに従来のOHVエンジンを載せたもの。キャブ仕様とインジェクション仕様があり、それぞれオイルクーラーの有無と後輪の径が異なる。
  • コンバート(Convert) - その名の通り、トルクコンバーターを組み込んだ大柄なツーリングモデル。850GTのエンジンを1,000ccに拡大し、主にアメリカ市場を狙ったトルクフルで快適なモデルとして10年近く継続発売された。
  • 850T - V7系の各部を改良し、エンジンを850ccに拡大したツーリングモデル。後にカリフォルニア系に発展する。
  • V7 - Vツインエンジンを最初に搭載した記念すべきモデル。ツアラー系のV7スペシャル(Special)とスポーツ系のV7スポルト(Sport)に発展し、その後のモト・グッツィの基本路線を築いた金字塔である。
  • Breva750(ブレヴァ750) - 復刻版V7エンジンを搭載したとてもコンパクトな軽量ネイキッドスポーツ。
  • Normale - ノルマーレ=標準となるものと言う車名通り、当時最先端のマシン。G.P.を量産向きに改設計し、エンジンも一般的なサイドバルブ式になったようだが、基本構成は踏襲。
  • G.P.-カルロ・グッツィによる第1作、第1次大戦終了直後の1920年に製造され、このモデルの完成度を見て、パローディ家の出資を引き出すことに成功し、モト・グッツィ社が誕生することになる。エンジンはOHCの水平単気筒で、「メトロノームのように正確な」と伝えられる鼓動を刻んだらしい。車名はグッツィ&パローディから。当初はパローディの名前を頭にもってこようとしたらしいが、ジョルジョ・パローディの方から、グッツィの名を表にだすようし強く勧め、社名も「モト・グッツィ」になった。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ビッグブロックとも言われる
  2. ^ このころのイタリアで350ccエンジンのバイクが好まれたのも理由の一つに挙げられる
  3. ^ ドゥカティをはじめヨーロッパ車ではよく見られる方式

参考文献[編集]

  • 押江義男 編『ワールドMCガイド10 MOTO GUZZI』ネコ・パブリッシング、1997年。
  • 永山育生 編『ワールドMCガイドデラックス12 MOTO GUZZI』ネコ・パブリッシング、2007年。
  • 阪本一史 編『別冊モーターサイクリスト 374号』八重洲出版、2009年。
  • 阪本一史 編『別冊モーターサイクリスト 411号』八重洲出版、2013年。

関連項目[編集]

  • マーニ(MAGNI)- イタリアロンバルディア州ヴァレーゼ県サマラーテにあるオートバイ製造メーカー。アルチューロ、クラシコ、スフィーダ、オーストラリア各モデルにグッツィエンジンが使われている。
  • RQ-5 (航空機) - モト・グッツィのVツインエンジンを上下に繋げて使用している。
  • Triking(自動車) - 英国ノーフォークにある三輪自動車キットのメーカー。かつてのモーガンスリーホイーラーを現代風にアレンジした車両にモト・グッツィのVツインエンジンが使用されている。[1]

外部リンク[編集]