イタリア空軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Aeronautica Militare
イタリア空軍
Coat of arms of the Italian Air Force.svg
共和国空軍旗(ペガソスグリフォン、四つ葉のクローバーおよび聖マルコライオン
1861年3月4日
国籍 イタリアの旗 イタリア
規模 45,000名
763機
モットー virtute siderum tenus(星の彼方へ)
指揮
空軍参謀長 ヴィチェンツォ・カンポリーニ大将
著名な司令官 イタロ・バルボ
ジュリオ・ドゥーエ
識別
ラウンデル Roundel of the Italian Air Force.svg
ラウンデル
(王政時代)
Italy-Royal-Airforce.svg

イタリア空軍 (Aeronautica Militare Italiana) は、イタリアの空軍。三軍の中で最も戦史上の功績を持つ。

概要[編集]

イタリア空軍は欧州屈指の伝統と格式を持つ空軍であり、世界的に見ても最も古い空軍組織の一つといえる。イタリア空軍の歴史は大別して王政時代と共和国時代に分けられる。

1884年に陸軍内に気球を運用する部隊として航空部隊が創設される。1911年、伊土戦争で世界史上初めて航空戦力(飛行船・飛行機)を戦場に投入した。1923年には、独自の軍種として空軍が独立し、王立空軍が創設された。

第二次世界大戦後の1946年、王制が廃止されてイタリア共和国に移行すると、王立空軍もイタリア共和国空軍に改称された。1961年に創設された曲芸飛行隊「フレッチェ・トリコローリ」は、世界有数の技量を誇る。

王政時代[編集]

ウィーン上空に撒かれる降伏勧告文
第11回シュナイダー・トロフィー・レースでイタリアに勝利を齎したマッキ社のM.67水上機

陸軍航空部隊の設立[編集]

1884年イタリア王国王立陸軍 (Regio Esercito) は、航空部隊(Servizio Aeronautico)を発足させた。航空部隊は、ローマに基地を置き、気球を運用していた。

1911年に勃発した伊土戦争(リビア戦争、1911年 - 1912年)において、陸軍航空部隊は2隻の飛行船に加えて28機の航空機を投入、偵察の他に爆撃も行っている。この爆撃隊による作戦こそが歴史上初めて航空戦力が戦場に投入された戦いであった。1915年1月には、Corpo Aeronautico と名称を改め、航空大隊(飛行機)、工兵大隊(飛行船)、気球大隊を傘下に置いていた。なお、王立海軍も航空部隊を創設し、飛行艇を運用した。

第一次世界大戦[編集]

第一次世界大戦(1914年 - 1918年)では、陸軍航空部隊は戦闘機を欠いていため、フランスの戦闘機を輸入もしくはライセンス生産することによって主力戦闘機としていた。爆撃機については、ジョヴァンニ・バッチスタ・カプロニが設立したカプロニ社の優秀な国産機が採用され、オーストリア=ハンガリー帝国への爆撃を行って連合軍の勝利に貢献した。パイロットではフランチェスコ・バラッカ中佐が34機撃墜の優れた戦歴を残した(なお、この大戦の最高撃墜数は、ドイツ軍のマンフレート・フォン・リヒトホーフェンによる80機である)。また大戦末期に数機の空軍機がオーストリア空軍の厳戒態勢を突破して首都ウィーン上空に来襲、突然の敵機襲来に恐れ逃げ舞うウィーン市民に降伏を勧告した紙を撒き、訪れたオーストリア空軍の追撃を振り切って悠然と帰還したというエピソードが残っている。

戦略面ではこの時代の経験からジュリオ・ドゥーエ少将が「制空論」を発表し、欧米各国で大きな反響を呼んだ。これは後にアメリカ空軍戦略爆撃構想に多大な影響を与えた。

戦間期: 王立空軍の創設[編集]

第一次世界大戦終了後の1923年3月28日、航空戦力が戦争で重要な働きをしていることに鑑み、ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世はイタリア空軍を陸軍から独立させた。これによりにイタリア王立空軍(レジア・アエロナウティカ、イタリア語: Regia Aeronautica)が正式に発足したのである。しかし大戦後の大不況は例外なく王立三軍を苦しめ、財政難と旧式化に追い込まれた。そんな中、王家の後ろ盾で成立したファシスト政権は軍備の拡張を宣言、特に高い名声を得ていたイタリア空軍は政権の宣伝材料として非常に寵愛を受けた。

ファシスト政権は国家規模での支援で優れた航空機を開発させ、各国空軍にとって「平時の戦い」であったシュナイダー・トロフィー・レースなどの スピードレースや長距離飛行で次々と記録を塗り替えていった。イタリアの航空技術と人材を誇る戦いはイタロ・バルボ元帥による二度に亘っての大西洋無着陸横断で成功の頂点に達した。

だが1930年後半に入ると成功していたムッソリーニの経済政策は世界恐慌で破綻し、再びイタリア空軍は財政難に苦しむ様になった。そして軍の窮状と対照的にムッソリーニは自らの政権を保持する為の性急な戦争へと直走って行く事になる。

第二次世界大戦[編集]

イタリア王国の最大領域(1942年)。イタリア空軍は主に地中海沿岸部を戦場に戦った。

第二次世界大戦前夜になると、ベニート・ムッソリーニ空中艦隊構想を実現すべく航空戦力を大幅増強した。しかし爆撃機が比較的実用性の高い機体をそろえていたのに対し戦闘機の数が足りなく編成の均衡を欠いていた。さらに信頼出来る発動機を持たなかったのも致命的な問題と指摘されている。

ポーランド侵攻による第二次世界大戦勃発時、イタリアは属する枢軸国の三大国家(ドイツ・イタリア・日本)の中で依然として最も空軍の規模が小さかった。航空機3,296機中、実際に使用が可能と見られていたのは僅かに2,000機程度に過ぎなかった。装備面でも明らかに仮想敵国の米英空軍より劣悪で、特に戦闘機に関しては先進的な技術を持ちながら第一次時代の戦訓に固執して複葉機を採用(フィアット CR.42)した為に、当時の主流だった単葉機型戦闘機(MC200とフィアットG.50)は166機しかなかった。加えて航空産業が複数の小企業に分かれていた事も、少ない工業力を更に分散させる結果を生んだ。

1940年6月、ナチスドイツ軍がフランスに侵攻を続ける中、ファシスト政権は英仏両国に宣戦を布告した。直ちにイタリア空軍は陸軍の支援及び後方への爆撃任務を開始、計716回の出撃を行い、276トンの爆弾を南フランス(オクシタニア)に投下した。程なくドイツのパリ占領によりフランスが降伏してヴィシーフランスが成立すると、戦いの場は地中海各地のイギリス空軍へと切り替えられた。


中東航空戦[編集]

イタリア空軍は第二次世界大戦に対するイタリア王国の関与の始まりから終わりまで、中東への枢軸軍の航空攻撃に深く関係していた。イギリスの影響下にあったイラクによるアングロ・イラク戦争の間、イタリア空軍はドイツ空軍と共に「イラク航空団」を創設、イラク軍の指揮下に入ってヴィシーフランス領レバノンを根拠地として英空軍と交戦した。1940年7月にはイタリア空軍が英領パレスチナのハイファ爆撃に成功し、石油パイプランを破壊した。タイム誌で大きく報じられた同攻撃の後、続いて10月中旬にはファシスト党の幹部でもあったエットーレ・ムーティらが参加した長距離爆撃機隊がリビアを出撃、バーレーンの石油地帯の破壊に成功した。

こうした枢軸空軍による水面下での支援は最終的にイギリス軍をシリア・レバノン侵攻へと踏み切らせた。

北アフリカ戦線[編集]

北アフリカの戦いが始まると、上空では伊英空軍の激しい空戦が繰り広げられた。両者の戦いはほぼ拮抗していて、また装備された戦闘機は同じ複葉機が中心であった。イギリス空軍がグラディエイターを主力とする一方、イタリア空軍もフィアットCR32とCR42を主戦力としていた為である。後に両者は共に新たな戦闘機を受領して劇的に戦場の戦いは変化するが、戦いそのものは互角のままであった。戦況が大きく動くのは空軍ではなく、陸軍同士の戦いの結果としてであった。陸軍の敗北(コンパス作戦)に巻き込まれる形でイタリア空軍は多量の航空機を破壊して後方に下がらなければならなくなった。

それ以降は形勢は英軍側に傾き、後にドイツ軍が参加すると英独空軍の戦いの場へと北アフリカ上空は変わった。北アフリカのイタリア空軍はドイツ空軍に命運を託した格好に零落れざるをえなかった。それでも1942年にはイタリア空軍は400機まで運用台数を回復させて、ドイツ空軍の次に甘んじる形ではあったが確かな戦果を挙げていった。ロンメルによる英軍への最初の反抗作戦が開始された時、イタリア空軍部隊はイギリス空軍を追い払って制空権を確保している。またクルセイダー作戦でドイツ軍が後退した時も、イタリア空軍は英軍の爆撃隊に多大な損害を与えて退却を助けた。

しかしエル・アラメインの戦いでイタリア空軍はイギリス空軍との交戦で多くの損失を蒙り、決定的に英空軍に苦戦する状況下に置かれた。加えて陸上でも枢軸側の不利が決定的になった事もあり、次第に劣勢を深めていった。チュニジアの戦いに至った時点で、もはや北アフリカのイタリア空軍に戦力は殆ど残っていなかった。

東アフリカ戦線[編集]

1940年6月、東アフリカにも200機-300機位のイタリア空軍機が展開していたが、これらの航空機の一定数は骨董品であった。しかしサヴォイア・マルケッティのSM.79やSM.81、それにフィアットCR42も装備されていた。この時点ではまだCR42は前線で使用できる水準に留まっていた。加えてイタリア空軍は広大な植民地を管理する英国とは違い、東アフリカに強固な航空基地を建設していたので、英国および連邦軍より良好な離着陸場を確保することに成功していた。従って戦争が始まったとき、イタリアのパイロットは訓練された腕前を英軍に見せ付ける事になった。

しかしイタリア本土から遠くから切り離された状況は、ただでさえ慢性的な燃料と工業力不足に苦しむイタリア王国軍内でも、とりわけ深刻な燃料・部品の欠乏を引き起こした。対する英軍は(全ての戦線でそうであった様に)対照的に各地から潤沢な物資を運び込み、状況を改善していった。1940年1月31日、イタリア東アフリカ軍総司令官アオスタ公アメデーオは、67機の戦闘機とわずかな燃料を残すのみとなったと司令部に報告した。東アフリカ航空戦での不均衡な消耗戦によってイタリア空軍は戦力を磨り減らされたが、それでもイタリア人パイロットは善戦を続けた。

1941年10月24日、アオスタ公アメデーオが東アフリカ軍の残余と共に降伏する1ヶ月前、最後の東アフリカ航空隊の戦闘機が撃墜された。

バトル・オブ・ブリテン[編集]

1940年10月25日、対英戦の山場であるイギリス本土航空戦の最中、170機のイタリア空軍機がベルギーの飛行場に展開した。73機のフィアットBr.20爆撃機を含むイタリア航空軍(Corpo Aereo Italiano)は、航続距離や機体数の問題などから非常に限られた活動に留まった。1940年12月、イタリア航空軍の大半はギリシャ戦線に派遣され、1941年4月までに残りの機体も撤収を完了した。

バルカン戦線[編集]

1940年後半、イタリア空軍はギリシャ・イタリア戦争に参加、圧倒的な戦力差もありギリシャ空軍77機中52機を撃墜したが、伊軍側も64機(ギリシャ空軍側は更に24機の追加撃墜を主張している)の航空機を喪失した[1]。陸軍による苦戦はアルバニア国境への戦線後退を余儀無くした。1941年前半、ドイツ軍がユーゴスラビア侵攻を経てギリシャに参戦すると陸戦の状況は好転したが、空軍の役割はドイツ空軍の支援任務へと縮小された。ユーゴズラビア・ギリシャの治安維持の多くをイタリアが担当するようになると(ユーゴスラビア進駐)、空軍もこれに従事した。

ロシア派遣軍[編集]

1941年8月、イタリア空軍は「イタリア・ロシア戦域軍」(Corpo di Spedizione Italiano、またはCSIR)の一部として1,900人の要員からなる航空部隊を東部戦線に派遣した。彼らは「イタリア・ロシア方面航空隊」(Corpo Aereo Spedizione in Russia)として知られていた。これらの航空隊はまず最初にカプロニCa31、MC.200を装備し、1941年から1943年までイタリア・ロシア派遣軍の戦いを支援した。彼らはウクライナに後方拠点を置いて、最終的にはスターリングラードの戦いでの航空戦にも参加した。1942年中頃にはより性能の高いMC.202がロシアの戦いに投入された。1943年前半、スターリングラードを巡る諸戦闘が決すると、ムッソリーニは遠征軍の帰国を決定、航空隊も1943年1月に戦闘を終えてオデッサに撤収した。撤収までに88機のソ連機を撃墜し、損失は19機に留まった。

だが一部の空軍部隊は1944年から1945年まで、バルト海でドイツ空軍指揮下の航空団として軍務を継続した。ドイツ軍から第10航空隊「イタル」(伊語:「テラッシアーノ」)と呼ばれた彼らはバドリオ政権成立後もRSI空軍に参加して最後まで戦いを続けている。

本土決戦と終戦[編集]

破壊されたマルタ島バレッタの市街地

イタリア本土の戦いが開始された時、イタリア空軍は防御的な戦いを強いられる立場にあった。イタリア人パイロット達は海軍の艦艇を狙う連合国空軍と戦う為に多くの努力を続けた。膨大な連合軍機がシチリア島各地に来襲して爆撃を繰り返し、次々と地上の空軍施設や滑走路に攻撃を行っていった。これはイタリア空軍の活動に致命的な打撃を与えたが、ヴィシー領(オクシタニア)に駐屯していた空軍部隊がサルデーニャ島の部隊と共に来援すると再び抵抗が再開された。バドリオ政権のクーデターで連合国と休戦するまでに行われた最後の戦いはアメリカ空軍に対する防空戦闘であった。

内戦によってRSI政府と王国政府に分派すると、空軍も自由イタリア空軍(王党派)とイタリア国家空軍(ファシスト派)に分かれてそれぞれの指導者に忠誠を誓った。しかしイタリア王国自由空軍とイタリア国家空軍とが直接交戦を行う事は最後までなかった。何故なら前者は主にバルカン半島での後方防衛にあたり、前者は北イタリアバルト海での防空戦に従事していた為である。終戦までにイタリア空軍は5201機の航空機と引き換えに4293機の敵機を撃墜した。

1945年5月8日に王国空軍は正式に再建されたが、1946年6月18日に国民投票でイタリアが共和制に移行するとイタリア共和国空軍(アエロナウティカ・ミリターレ)と改称された。

パイロット一覧[編集]

15機撃墜以上の者

  • フランコ・ルッキーニ - 26機撃墜
  • アドリアーノ・ヴィスコンティ- 26機撃墜
  • テレシオ・マルティノリ- 23機撃墜
  • レオナルド・フェレッリ- 22機撃墜
  • フランコ・ボルドニ・ビスレーニ- 19機撃墜
  • ルイジ・ゴリーニ- 19機撃墜
  • マリオ・ヴィスィーニ- 17 機撃墜
  • ウーゴ・ドラゴ- 17機撃墜


運用された航空機の写真[編集]

共和国時代[編集]

無人偵察機プレデター

共和国空軍の発足と冷戦[編集]

1946年6月18日、イタリア共和国空軍(アエロナウティカ・ミリターレ、イタリア語: Aeronautica Militare)として新たな出発を始めたイタリア空軍であったが、第二次世界大戦敗戦国としての厳しい再軍備規制が軍再建に立ち塞がった。1947年2月10日にイタリア共和国政府は旧連合国とパリ講和条約を締結し、条約は軍再建に様々な制約を課していた。しかし1949年に冷戦による東西対立の時代を迎えると、イタリアは1949年に結成されたNATOの創設メンバーに加えられ、軍備制限の大幅な撤廃を許された。加えて米伊相互防衛援助協定に基づいてアメリカ空軍からの装備提供が開始、P-51マスタングとP-47サンダーボルトがイタリア空軍部隊に装備された。1952年後半にはF-84F-86、それにC-119が新たにアメリカ軍から提供された。

イタリアの航空産業も戦後復興が進むに連れて再び国産機の開発を再開し、アエルマッキ MB-326やフィアットG.91ピアジオ・エアロ・インダストリーズP166などの機体を開発・生産した他、ヘリコプターの国産化にも着手した。 空軍にとって初めての超音速ジェット戦闘機となったロッキードF-104フィアット社によってライセンス生産が行われた。1970年代はG.222(後にC-27J スパルタンへと改良)とロッキードC-130が空軍の輸送機採用を争うまでになっていた。戦闘機もF-104をイタリア空軍の防空ドクトリンに合わせて改修したF-104Sの配備が行われていった。国際的な共同開発にも進出、ブラジル空軍と共同開発(7割近くを担当)したAMXは良好な成績を収め、空軍機の共同開発を進めていたドイツイギリスとのトーネード開発計画へと繋がっていった。

1990年、湾岸戦争が勃発するとイタリア空軍はこれに参加、1945年以来の戦争参加となった。

現代戦[編集]

冷戦終結以来、民族対立や宗教問題などによって国際紛争が増加する時代を迎え、イタリア空軍は湾岸戦争から続く形でソマリア、モザンビーク、バルカン半島などに出兵した。この中でも特に欧州で発生したバルカン紛争は、国境から数分で航空機が到達可能な地域の不安定化を意味しており、空軍内で装備の補強と防空体制の見直しが進められた。退役を開始した米国製戦闘機に代わってイギリス、スペイン、西ドイツとの共同開発による新型戦闘機の開発を開始し、輸送機もG.222をC-27J スパルタンへと改良して緊急時の兵力輸送を強化した。

2003年、ユーロファイター タイフーンの受領が開始された年にイタリア空軍は空軍改革の一環として、特殊作戦を専門とする航空部隊第17特殊戦航空団を編成した。

航空機[編集]

現在運用中の主な航空機[編集]

導入予定[編集]

かつて運用した航空機[編集]

組織・部隊[編集]

Aeronautica Militare Structure (Click to enlarge)
  • 空軍参謀本部 (Stato Maggiore Aeronautica Militare) 在ローマ
    • 空軍部隊司令部 (Comando della Squadra Aerea) 在Centocelle
    • 兵站司令部 (Comando Logistico) 在ローマ
    • 空軍軍学校(Comando Scuole dell'Aeronautica Militare) 在バーリ
    • 空軍作戦司令部 (Comando Operativo Delle Forze Aeree) 在ポッジョ・レナーティコ
    • 第1方面司令部 (Comando 1 Regione Aerea) 在ミラノ
    • 第3方面司令部 (Comando 3 Regione Aerea) 在バーリ

脚注[編集]

  1. ^ Hellenic Air [Force History

外部リンク[編集]