G.91 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フィアット G.91

フィアット(アエリタリア) G.91 PANイタリア空軍の曲技飛行隊『フレッチェ・トリコローリ』用に調整された機体。

フィアット(アエリタリア) G.91 PAN
イタリア空軍曲技飛行隊フレッチェ・トリコローリ』用に調整された機体。

フィアットG.91はイタリアのフィアット社(後に航空部門を切り離しアエリタリア社になった)がNATO向けに1960年代に開発した戦闘爆撃機である。バリエーションとしては、複座練習機型のG.91T偵察機型のG.91R、拡大改良型といえるG.91Y(後述)がある。

1956年8月に初飛行し良好な性能を示したが、NATO加盟国のそれぞれの思惑もあって本機を採用したのはイタリア空軍、旧西ドイツ空軍、ポルトガル空軍の3カ国に止まった(このほかに、G.91Rの少数機がポルトガルの植民地であったアンゴラ空軍に引き渡されたとする資料もあるが未詳)。実戦経験としては、ポルトガルの植民地戦争において、ポルトガル空軍がアンゴラ、モザンビーク等での独立解放を目指すゲリラへの対地攻撃や偵察に、本機を投入した。

また、1960年代にアメリカ陸軍において近接航空支援・軽攻撃任務用の戦闘攻撃機装備計画が立案され、A-4、N-156F(のちのF-5)等と共に本機がその候補として浮上したものの、計画そのものが白紙化となり米陸軍に装備される事は無かった。このほかに、アメリカ空軍ギリシャ空軍でも採用候補となり、数機が試験採用されたが本採用とならなかった。

後にエンジンゼネラル・エレクトリック J85の2基に換装し、機体を拡張するなど大幅に改良したG.91Yが登場したが、採用国はイタリアのみに留まった。

採用された国では長期間運用され、最後の機体が退役したのは1995年であった。

派生型[編集]

単座型[編集]

G.91
試作機および前量産型。
G.91PAN
イタリア空軍の曲技飛行隊「フレッチェ・トリコローリ」向けの機体。前量産型のG.91を改修して製作。
G.91R/1
イタリア空軍仕様単座式偵察・攻撃機型。機首に3基の偵察用カメラを搭載。固定装備はブローニングM2 12.7mm重機関銃×4挺。
G.91R/1A
G.91Rの航法装置を改良した型。
G.91R/1B
G.91R/1の機体構造を強化した型。設計当初はG.91R/6と呼称されていた。
G.91R/2
フランス空軍仕様単座式偵察・攻撃機型。生産されず。
G.91R/3
西ドイツ空軍仕様単座式偵察・攻撃機型。固定装備をDEFA 30mm機関砲×2門に変更している。後に一部の機体がポルトガル空軍に売却される。
G.91R/4
単座式偵察・攻撃機型。機体は西ドイツ空軍仕様のG.91R/3と同じであるが、固定装備はイタリア空軍仕様のG.91R/1と同じブローニングM2 12.7mm重機関銃×4挺。
元々はギリシャ空軍およびトルコ空軍向けに生産されていた型であるが、ギリシャとトルコが共に導入をキャンセルしたため既に製造されていた50機は西ドイツ空軍が導入。後に40機がポルトガル空軍に売却される。
G.91R/5
ノルウェー空軍仕様単座型。生産されず。

複座練習型[編集]

G.91T/1
イタリア空軍仕様複座練習型。固定武装は12.7mm重機関銃×2挺。
G.91T/2
フランス空軍仕様複座練習型。生産されず。
G.91T/3
西ドイツ空軍仕様複座練習型。固定武装はDEFA 30mm機関砲×2門。後に一部の機体がポルトガル空軍に売却される。
G.91T/4
イタリア空軍仕様複座練習型。ロッキードF-104と同型のNASARR火器管制レーダーを搭載。生産されず。

機体再設計・エンジン換装型[編集]

G.91Y
大幅な再設計を行った改良型。エンジンをアメリカ製GE J85の双発に変更し、機体が一回り大型化した上、兵装搭載量や航続距離が強化されている。固定武装は西ドイツ空軍仕様のG.91R/3と同様、2門のDEFA 30mm機関砲を装備している。
1966年に初飛行を行い同年に量産が開始されるが、既に同じGE J85ターボジェットの双発でありながらより高性能なノースロップF-5A/Bが広く普及していたこともあってか輸出は全く振るわず、イタリア空軍向けに60機が製造されたにとどまる。
G.91YT
G.91Yの複座練習型。生産されず。
G.91YS
G.91Yのスイス空軍仕様。提案のみで生産されず。

運用国[編集]

G.91R/3とG.91R/4、G.91T/3を導入。
1983年までに、ダッソー/ドルニエ アルファジェットAに機種転換して退役。
フレッチェ・トリコローリ用のG.91 PANとG.91R/1、G.91T/1、G.91Yを導入。
1995年までにAMX / AMX-Tに更新され退役。フレッチェ・トリコローリ用のG.91 PANも、1982年にアエルマッキMB-339 PANに更新される。
西ドイツ空軍から引き渡された中古のG.91R/4を受領したほか、後にはさらに西ドイツから、中古のG.91R/3とG.91T/3を追加導入。アフリカのポルトガル植民地(アンゴラ、モザンビーク、ギニアビサウ)の独立戦争に際して、独立を求める反政府ゲリラの掃討作戦に投入。
1993年までに、再統一後のドイツ空軍から引き渡されたダッソー/ドルニエ アルファジェットAに更新され退役。

スペック[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]