包頭市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 内モンゴル自治区 包頭市
別称:鹿城


内モンゴル自治区の中の包頭市の位置
内モンゴル自治区の中の包頭市の位置
中心座標 北緯40度39分3秒 東経109度50分31秒 / 北緯40.65083度 東経109.84194度 / 40.65083; 109.84194
簡体字 包头
繁体字 包頭
拼音 Bāotóu
カタカナ転記 バオトウ
モンゴル文字 ᠪᠣᠭᠣᠳᠣ ᠬᠤᠳᠠ
モンゴル語キリル文字 бугат Хот
モンゴル語ローマ字転写 Buguṭu ĥoṭa
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
自治区 内モンゴル
行政級別 地級市
面積
総面積 27,691 km²
人口
総人口(2004) 210 万人
経済
GDP(2006) 1,010億元
電話番号 0472
郵便番号 014025
ナンバープレート 蒙B
行政区画代碼 150200
公式ウェブサイト http://www.baotou.gov.cn/

包頭市(ほうとう/パオトウ-し、中国語:包头市、英語:Baotou)は中華人民共和国内モンゴル自治区に位置する地級市

東経109度50分~111度25分、北緯41度20分~42度40分に位置する。

市の名称はモンゴル語で「鹿のいる場所」を意味するところから、中国語では「鹿城」とも称された。市のランドマークとなっているのが第一工人文化宮門の前の「人」の字形の彫刻で、頂部の三匹の駆け回る鹿が「鹿城」を象徴している。市区は東河、青山、昆都侖、九原の4つの区に分かれ,建設路と鋼鉄大街で繋がっている。バヤン鉱区のバイヤンオボ(白雲鄂博)では鉄鋼、レア・アースを豊富に産する。

行政区画[編集]

6市轄区、1、2を管轄する。

年表[編集]

綏遠省包頭市[編集]

  • 1949年10月1日 - 中華人民共和国綏遠省包頭市が発足。(1市)
  • 1950年2月13日 - 一区から三区までの区が成立。(3区)
  • 1953年9月15日 - 三区が集寧専区包頭県の一部と合併し、郊区が発足。(3区)
  • 1954年1月28日 - 綏遠省の内モンゴル自治区への編入により、内モンゴル自治区包頭市となる。

包頭専区[編集]

綏中専区[編集]

  • 1950年11月27日 - 綏中専区が薩県専区に改称。

薩県専区[編集]

  • 1952年11月27日 - 包頭県・帰綏県・武川県・サラチ県・固陽県・トクト県・ホリンゴル県・清水河県が集寧専区に編入。

内モンゴル自治区包頭市[編集]

  • 1954年3月3日 - 平地泉行政区トゥムド旗の一部が郊区に編入。(3区)
  • 1955年6月8日 (3区)
    • ウランチャブ盟ウラド前旗の一部(南牌郷および達拉亥郷の一部)が郊区に編入。
    • 郊区の一部(土黒麻淖郷および金巴兎郷の一部)がウランチャブ盟ウラド前旗に編入。
  • 1955年12月 - 一区の一部が分立し、回民自治区が発足。(4区)
  • 1956年5月15日 (4区)
  • 1956年9月14日 - ウランチャブ盟石拐溝鉱区の一部が郊区に編入。(4区)
  • 1956年11月20日 - 郊区の一部が分立し、石拐鉱区が発足。(5区)
  • 1958年3月10日 - ウランチャブ盟固陽県バヤンオボー鎮を編入。(5区1県1鎮)
  • 1958年4月21日 - 平地泉行政区サラチ県の一部が郊区に編入。(5区1県1鎮)
  • 1958年7月5日 - 固陽県が郊区、ウランチャブ盟ダルハン・ムミンガン連合旗に分割編入。(5区1鎮)
  • 1958年8月4日 - ウランチャブ盟トゥムド旗の一部が郊区に編入。(5区1鎮)
  • 1958年9月5日 (7区)
    • 郊区の一部が分立し、固陽区が発足。
    • バヤンオボー鎮が区制施行し、バヤン鉱区となる。
  • 1960年4月 - 郊区が東河区・青山区・ホンドロン区・石拐鉱区に分割編入。(6区)
  • 1960年7月14日 - バヤンノール盟ウラド前旗を編入。(6区1旗)
  • 1961年7月9日 - 固陽区が県制施行し、固陽県となる。(5区1県1旗)
  • 1963年3月31日 - ホンドロン区・東河区・石拐鉱区・青山区の各一部が合併し、郊区が発足。(6区1県1旗)
  • 1963年11月17日 (6区)
    • 固陽県がウランチャブ盟に編入。
    • ウラド前旗がバヤンノール盟に編入。
  • 1970年10月3日 - ウランチャブ盟固陽県トゥムド右旗を編入。(6区1県1旗)
  • 1976年5月12日 - ウランチャブ盟ダルハン・ムミンガン連合旗の一部がバヤン鉱区に編入。(6区1県1旗)
  • 1976年12月13日 - 青山区の一部が分立し、建華鉱区が発足。(7区1県1旗)
  • 1980年11月1日 - 建華鉱区が青山区に編入。(6区1県1旗)
  • 1996年5月18日 - ウランチャブ盟ダルハン・ムミンガン連合旗を編入。(6区1県2旗)
  • 1999年8月10日 (6区1県2旗)

工業[編集]

  • 包頭鋼鉄
  • 包頭市棉毛紡織廠
  • 内蒙古第一、第二機械廠
ランドサットからの包頭

交通[編集]

空港

鉄道

道路

外部リンク[編集]