フフホト市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 内蒙古自治区
呼和浩特市
回民区の風景
回民区の風景
簡称:青城、呼市
旧称:帰綏
青い城
内モンゴル自治区中のフフホト市の位置
内モンゴル自治区中のフフホト市の位置
中心座標 北緯40度49分00秒 東経111度39分00秒 / 北緯40.81667度 東経111.65000度 / 40.81667; 111.65000
簡体字 呼和浩特
拼音 Hūhéhàotè
モンゴル文字 Kökeqota.svg
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
自治区 内蒙古
行政級別 地級市
市委書記 秦義
市長 秦義
面積
総面積 17,410 km²
市区 149 km²
海抜 1,065 m
人口
総人口(2009) 227.4 万人
人口密度 151.8 人/km²
市区人口(2004) 152 万人
経済
GDP(2009) 1643.99 億元
一人あたりGDP 72,295元
電話番号 471
郵便番号 010000
ナンバープレート 蒙A
行政区画代碼 150100
公式ウェブサイト http://www.huhhot.gov.cn/

フフホト市(フフホトし、中国語:呼和浩特市、モンゴル語Kökeqota.svg英語:Hohhot)は、16世紀アルタン・ハーンによって築かれた南モンゴルの古都フフホトと、近隣の4つの、1つの(ホショー)によって構成された中華人民共和国地級市のひとつであり、内モンゴル自治区省都、直轄市(シュード・ハリヤ・ホト、siγd qariya qota)。都市の名は、モンゴル語で「青い城」を意味し、古都の部分は同市の市区として位置づけられている。面積17,410平方キロメートル、人口227.4万人(2009年)。

現在の人口のほとんどは漢民族であり、チベット仏教寺院のほかは、モンゴル特有と思われる要素はあまりない。

歴史[編集]

1565年モンゴルトメト部長アルタン・ハーンによって、主にトメト部の支配地域に流入した漢人の定住民を居住させる町として建設された中国式の城郭都市バイシン(大板升)がフフホトの起源となっている。バイシンとは中国語の百姓の音訳である。トメト部遊牧国家の主要領民である遊牧民は、指導者家系の婚姻や分家などで分割と融合が頻繁な遊牧集団単位の所属意識を強く持ち、本来は漢人式の姓の概念は持たない。そして移動式住居であるゲルに居住して都市内の定住用住居への居住からは閉塞感を強く感じ嫌う者が多い。漢人居住のために築かれた都市に百姓の名称が充てられたのは、こうした本来は漢人式の姓の概念を持たない遊牧民に対して、男系家系を姓で表現し、同姓集団への帰属意識が強く、都市での定住生活を好む漢人の居住地を指したからである。なお、百姓の項目に詳述したように、中国語の百姓は庶民も姓を持つ、漢人の上層民から下層民までを含む民衆一般を指す語であり、農民の意味はない。

1571年にアルタンがと講和して順義王の称号を与え、国境沿いで貿易することを認めると、明によって帰化城の名を与えられたフフホトは中国からモンゴル高原に流れる物資の集積地となって栄えた。アルタンは晩年にダライ・ラマに帰依してチベット仏教に改宗したため、フフホトへは数多くのチベット仏教寺院が建立され、オルドス地方の精神的中心地となる。

トメト部はモンゴル民族の間で中国貿易の利権を独占したため、その定住拠点であるフフホトは急速に発展するが、1628年チャハルリンダン・ハーンに奪われた。さらに1634年、リンダン・ハーンが病死すると満州民族後金がフフホトを占領し、内モンゴル全域を支配して1636年に国号をと改めた。

清は、帰化城の北東隣に綏遠城を築き、オルドス地方の防衛を担当する八旗の駐留地とした。帰化城と綏遠城はあわせて「帰綏」と呼ばれ、清代以降、中央政府の直轄地として内モンゴルの政治、経済、文化の中心地となった。

その後、1913年に帰綏の行政体が帰化県から帰綏県に改められ、1950年に市に昇格してフフホト市となった。

  • 1950年 - フフホト市となる。
  • 1985年 - 国務院により全国歴史文化名城に認定される。
  • 1992年 - 沿辺開放城市とされる。
  • 1995年 - 全国衛生城市とされる。

市の木、市の花[編集]

交通[編集]

気候[編集]

 フフホト (1971-2000)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) −5.0
(23)
−0.4
(31.3)
7.0
(44.6)
16.3
(61.3)
23.2
(73.8)
27.3
(81.1)
28.5
(83.3)
26.4
(79.5)
21.2
(70.2)
14.1
(57.4)
4.4
(39.9)
−3.2
(26.2)
13.3
(55.9)
平均最低気温 °C (°F) −16.8
(1.8)
−12.8
(9)
−5.5
(22.1)
1.6
(34.9)
8.2
(46.8)
13.3
(55.9)
16.4
(61.5)
14.8
(58.6)
8.3
(46.9)
1.0
(33.8)
−7.0
(19.4)
−14.2
(6.4)
0.6
(33.1)
降水量 mm (inch) 2.6
(0.102)
5.2
(0.205)
10.2
(0.402)
13.5
(0.531)
27.6
(1.087)
47.2
(1.858)
106.5
(4.193)
109.1
(4.295)
47.4
(1.866)
20.7
(0.815)
6.2
(0.244)
1.8
(0.071)
397.9
(15.665)
 % 湿度 57 52 46 37 39 47 61 66 62 59 59 59 54
平均月間日照時間 180.7 198.3 245.5 268.6 294.5 291.3 264.9 255.2 252.1 244.8 195.3 171.0 2,862.2
出典: 中国気象局 国家気象情報センター 2009-03-17

行政区画[編集]

当市は4区・4県・1旗で構成されている。

地図 # 都市名 中国語表記 ピンイン 人口 (2004年、人) 面積(km²) 人口密度 (人/km²)
Hohhot mcp.png
1 回民区 回民区 Huímín Qū 220,000 175 1,257
2 新城区 新城区 Xīnchéng Qū 320,000 700 457
3 玉泉区 玉泉区 Yùquán Qū 190,000 213 892
4 赛罕区 赛罕区 Sàihǎn Qū 360,000 1,013 355
5 トクト県 托克托县 Tuōkètuō Xiàn 200,000 1,313 152
6 武川県 武川县 Wǔchuān Xiàn 170,000 4,885 35
7 ホリンゴル県 和林格尔县 Hélíngé'ěr Xiàn 190,000 3,401 56
8 清水河県 清水河县 Qīngshuǐhé Xiàn 140,000 2,859 49
9 トゥムド左旗 土默特左旗 Tǔmòtè Zuǒ Qí 350,000 2,712 129

年表[編集]

綏遠省帰綏市[編集]

  • 1949年10月1日 - 中華人民共和国綏遠省帰綏市が発足。(1市)
  • 1950年1月18日 - 一区から六区までの区が成立。(6区)
  • 1950年2月1日 (7区)
    • 一区の一部が分立し、回民自治区が発足。
    • 四区・五区・六区の各一部および一区の残部が合併し、郊区が発足。
  • 1951年6月 (5区)
    • 五区・六区が合併し、一区が発足。
    • 二区・三区が合併し、三区が発足。
    • 四区が二区に改称。
  • 1953年9月15日 - 一区が新城区に、二区が慶凱区に、三区が玉泉区にそれぞれ改称。(5区)
  • 1954年1月28日 - 綏遠省の内モンゴル自治区への編入により、内モンゴル自治区帰綏市となる。

和林専区[編集]

  • 1949年10月 - 綏遠省トクト県ホリンゴル県涼城県清水河県を編入。和林専区が成立。(4県)
  • 1950年7月27日
    • 涼城県が集寧専区に編入。
    • トクト県・清水河県・ホリンゴル県が包頭専区に編入。

内モンゴル自治区帰綏市[編集]

フフホト市[編集]

  • 1955年12月 - 回民自治区が区に移行し、回民区となる。(5区)
  • 1956年9月20日 - 平地泉行政区トゥムド旗の一部が郊区に編入。(5区)
  • 1956年11月 - 慶凱区が回民区・玉泉区に分割編入。(4区)
  • 1958年5月1日 - ウランチャブ盟トゥムド旗の一部が郊区に編入。(4区)
  • 1960年7月14日 - ウランチャブ盟トゥムド旗を編入。(4区1旗)
  • 1963年3月31日 - トゥムド旗がウランチャブ盟に編入。(4区)
  • 1967年 (4区)
  • 1970年10月3日 - ウランチャブ盟トゥムド左旗トクト県を編入。(4区1県1旗)
  • 1978年10月 - 紅旗区が回民区に改称。(4区1県1旗)
  • 1979年12月12日 - 東風区が新城区に改称。(4区1県1旗)
  • 1980年3月 - 向陽区が玉泉区に改称。(4区1県1旗)
  • 1995年11月21日 - ウランチャブ盟ホリンゴル県清水河県を編入。(4区3県1旗)
  • 1996年5月18日 - ウランチャブ盟武川県を編入。(4区4県1旗)
  • 2000年5月14日 (4区4県1旗)
    • 郊区の一部が新城区・回民区・玉泉区に分割編入。
    • 郊区の残部・新城区の一部が合併し、賽罕区が発足。

人口[編集]

常住人口は258.00万人,市区地域の人口は133.08万人,蒙古族の人口は20.1万人,その他の少数民族の人口は6.7万人。合計特殊出生率は9.9‰,死亡率は11.6‰,自然增长率は-1.7‰。(すべて2008年末)36の民族が住んでいる。

フフホト各市区、県、旗の面積と人口(2007年末)
都市名 面積(km²) 常住人口 戸籍人口
呼和浩特市 17,271.00 2,635,200 2,208,462
新城区 700.00 340,853
回民区 175.00 227,951
玉泉区 258.00 192,052
赛罕区 1,025.00 383,317
トクト県 1,313.00 199,921
ホリンゴル県 3,401.00 190,950
清水河県 2,859.00 141,942
武川県 4,885.00 174,452
トゥムド左旗 2,712.00 357,024

教育[編集]

友好城市[編集]

有名人[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]