デフォルト (金融)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デフォルト英語:default)は、日本語では「債務不履行」とも呼ばれ、債券の発行者が破綻等の原因によって、元本利払いの支払いを遅延したり、停止したりしたあげく、元本の償還が不能となりかねない。これが起きると、債務者は期限の利益を失い、債権の保全措置を講じることができる。一方、金融機関投資家貸金を取り戻せず、多額の損失を被ることがある。[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ 金融用語大全-デフォルト
  2. ^ 金融用語集-デフォルト