ラサ市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。 の文字は公式の表記Kanji for another OS version - satu.svgと異なる可能性があります。
中華人民共和国 チベット自治区 拉薩市
Lhasa montage.png
チベット自治区中のラサ市の位置
チベット自治区中のラサ市の位置
中心座標 北緯29度39分29秒 東経91度07分10秒 / 北緯29.65806度 東経91.11944度 / 29.65806; 91.11944
簡体字 拉萨
繁体字 拉薩
Lāsà
カタカナ転記 ラーサー
チベット語 ལྷ་ས་
ワイリー方式 Lhasa
蔵文 lha-sa
国家 中華人民共和国
自治区 チベット
行政級別 地級市
政府所在地 城関区
市委書記 秦宜智
市長 多吉次珠
面積
- 総面積 31,622 km²
- 市区 523 km²
海抜 3,650 m
人口
- 総人口(2003) 42 万人
経済
- GDP(2005) 87億元
電話番号 0891
郵便番号 850000
ナンバープレート 蔵A
行政区画代碼 540100
市花 格桑花(ケーザン・メトク)
公式ウェブサイト http://www.lasa.gov.cn/

ラサ市(ラサし、中国語:拉萨市、英語:Lhasa)は、中華人民共和国西蔵自治区の中央部に位置し、同自治区を構成する「地級市」のひとつ。中国政府がチベットの古都ラサとその周辺地域をあわせて1960年に設置した。

市域はチベットの古都ラサとその郊外からなる「城関区」と、その周辺の7ゾン(県)で構成されている。「地級市」は、中国の行政区画制度において、二級行政区画に分類される行政体の一種である。自治区人民政府は城関区内に設置されている。本市の東方に位置するロカ地区とともに、中央チベット東部の「ウー地方」を構成する。

総面積3万平方キロ、市区面積523平方キロ。 人口37.3万人、非農業人口14万人。チベット族が87%を占める。

概要[編集]

古くからチベットの政治的、文化的中枢であり、吐蕃王朝やダライラマ政権の時代には首都がおかれた。チベット、モンゴル満州などの諸民族から構成されるチベット仏教文化圏の中枢都市である。

中華人民共和国1956年に設置したチベット自治区籌備委員会はこの市に本拠を置き、1965年に発足させた西蔵自治区首府にもなっている。

名称[編集]

チベット語でラ(ལྷ་ lha)は神もしくは仏、サ(ས sa)は土地を意味し、「聖地」を意味する。標準チベット語での正式名はラサ・ドンキェル(ལྷ་ས་གྲོང་ཁྱེར་ lha sa grong khyer)。ラサ方言ではヘーサ[1]と呼ばれている。

地理[編集]

チベット中央部、ヤルンツァンポ河流域に位置する。海抜 3,700 メートルにある。

ラサ市は、古都ラサとその郊外からなる城関区と、その周辺の7ゾン)で構成される。本市の東方に位置する山南地区とともに、中央チベット東部のウー地方を構成する。チベット系民族が87パーセントを占める。

気候[編集]

ラサ (1971-2000)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 7.2
(45)
9.3
(48.7)
12.7
(54.9)
15.9
(60.6)
19.9
(67.8)
23.2
(73.8)
22.6
(72.7)
21.4
(70.5)
19.9
(67.8)
17.0
(62.6)
12.1
(53.8)
8.0
(46.4)
15.8
(60.4)
平均最低気温 °C (°F) −9.0
(15.8)
−5.8
(21.6)
−2.1
(28.2)
1.5
(34.7)
5.6
(42.1)
9.8
(49.6)
10.4
(50.7)
9.7
(49.5)
7.7
(45.9)
2.0
(35.6)
−4.2
(24.4)
−8.2
(17.2)
1.4
(34.5)
降水量 mm (inch) 0.8
(0.031)
1.2
(0.047)
2.9
(0.114)
6.1
(0.24)
17.7
(0.697)
31.2
(1.228)
80.6
(3.173)
75.6
(2.976)
20.3
(0.799)
8.8
(0.346)
1.3
(0.051)
1.0
(0.039)
267.4
(10.528)
出典: 中国气象局 国家气象信息中心 2009-03-17

歴史[編集]

7世紀前半、吐蕃ソンツェン・ガンポの時代にチベットの都と定められた。9世紀に吐蕃が崩壊して以後、チベットの政治的中心は、時期ごとの覇者たちの本拠に転々と移動したが、トゥルナン寺を有するラサの宗教的中心地としての地位は不動であった。17世紀に発足したガンデンポタン政権の時代(1642―1959)に再びチベットの政治的中枢の所在地となった。ガンデンカンサル宮ポタラ宮ノルブリンカ宮などの施設は、この政権の時代の行政機構の拠点として建設されたものである。

中華人民共和国は1951年に人民解放軍をラサに進駐させたが、ガンデンポタンとの間に締結した17ヶ条協定に基づき、引き続きガンデンポタンによる統治が継続した。1959年にチベット動乱がラサにまで波及、ダライラマガンデンポタンはチベットを脱出、中国政府は「原西蔵地方政府(=ガンデンポタン)の廃止」を布告、ガンデンポタンの管轄下にあったチベットの西蔵部分に対する統治に乗り出し、ガンデンポタン時代の行政区画を改廃し、翌1960年、古都ラサとその近隣地方をあわせて「地級市」ラサ市を設置した。

1986年以来対外開放され、次第に観光都市として発展している。

行政区画の変遷[編集]

1950年代初頭、ラサの環状巡礼路リンコル路の内部(古都ラサ)はミプンが、古都ラサ近郊の18のゾン(県級の地方行政単位)・シカショル=レーグンが、ウー地方の北部はウー=チキャプ(ウー総督府)が管轄していた。

1960年の中国人民政府によるラサ市の設置にあたり、以上の地域に加え、チャン・チキャプ(北方総督府)の管轄下にあった一部のゾン・シカが「ラサ市」に組み込まれ、「城関区」とラサ市所属の7県に再編された。

1964年、行政区画が再編され、ニャンティ地区から4県が移管された。

その後も隣接の地区とで管轄県の移動があり、2005年に現行の7県となる。

行政区画[編集]

1区・7県を管轄する。

年表[編集]

ラサ直轄区[編集]

ウー・チキャプ[編集]

  • 1952年 - ラサ直轄区デチェンゾンドンガルゾンボムドイシカナムギツェシカニェタンシカリウシカツェブリンシカロマイシカニャンルシカツェルシカチュルンシカザシシカザシカルンバシカチェンゴシカナムジェゴンシカギャンシカクプンタンシカを編入。ウー・チキャプが成立。(7ゾン21シカ)
  • 1955年3月9日 - ウー・チキャプがラサ弁事処に改称。

ラサ弁事処[編集]

  • 1955年3月9日 - ウー・チキャプがラサ弁事処に改称。(7ゾン25シカ)
  • 1956年 - デチェン・ゾンが弁事処に移行し、デチェン・ゾン弁事処となる。(6ゾン25シカ1弁事処)
  • 1957年 - メルド・グンカル・ゾンの一部が分立し、ジグン・ゾンが発足。(7ゾン25シカ1弁事処)
  • 1959年7月23日 - ツェブリンシカ・ロマイシカ・ニャンルシカ・ツェルシカ・チュルンシカ・ザシシカ・ベツァンシカ・タクポツォセシカ・ダモチュコルシカが合併し、地級市のラサ市となる。(7ゾン16シカ1弁事処)
  • 1959年8月 - チュシュルゾン・セルシカ・ナムシカ・シェロンシカ・ニェタンシカが合併し、チュシュル県が発足。(1県6ゾン12シカ1弁事処)
  • 1959年8月14日 - ルンドゥプゾン・ポンドシカが合併し、ルンドゥプ県が発足。(2県5ゾン11シカ1弁事処)
  • 1959年9月 (7県)
    • メルドグンカルゾン・ジグンゾンが合併し、メルド・グンカル県が発足。
    • モンガルギャンシカ・マルギャンシカが合併し、ニェモ県が発足。
    • タクツェゾン・デチェンゾン弁事処・ボムドイシカが合併し、タクツェ県が発足。
    • ダムシュンシカ・ヤンバジェンシカ・ニンジュンシカ・ナムツォシカが合併し、ダムシュン県が発足。
    • サランシカ・ランダンシカ・ガツェシカが合併し、ポンド(旁多)県が発足。
    • トゥールンデチェンゾン・ドンガルゾン・リウシカがラサ市に編入。
  • 1960年1月7日 - タクツェ県・メルドグンカル県・ダムシュン県・ルンドゥプ県・ニェモ県・チュシュル県・ポンド県がラサ市に編入。

チベット地方ラサ市[編集]

チベット自治区ラサ市[編集]

  • 1980年 - 城関区を設置。(1区11県)
  • 1983年10月8日 - メトク県・メンリン県・ニンティ県・コンボギャムダ県がニンティ地区に編入。(1区7県)
  • 1988年7月 - タクツェ県の一部がルンドゥプ県に編入。(1区7県)

経済[編集]

ラサ市人民政府は2005年の経済目標として市の総生産額87億人民元(前年比16%増)、市区住民一人当たり収入10,000元(同8%増)、農民収入2,985元(同14%増)を掲げている。この数字をみると、市区部は観光業を中心に収入増が進んでいるが、農村部にはなかなか及んでいないように見える。2006年7月青蔵鉄道が開通し、観光業の飛躍的な発展が予測されている。

交通[編集]

青蔵鉄道ラサ駅

教育[編集]

文化[編集]

観光[編集]

ラサは国務院により国家歴史文化名城に指定され、ポタラ宮1994年ユネスコ世界遺産に「ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群」として登録、トゥルナン寺2000年に拡大登録、ノルブリンカ2001年拡大登録された。現在、年間40万人から50万人の観光客がある。

出身人物[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ ལྷའུ་ ས lha'i sa、注:無声音のため、ヘーサと聞こえる

外部リンク[編集]