マニ車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マニ車(マニぐるま、摩尼車)とは、主にチベット仏教で用いられる仏具である。転経器(てんきょうき)とも訳す。

チベット語ではマニコロチベット語: མ་ཎི་འཁོར་ལོ་[1])と呼ぶ。「マニ」は如意宝珠サンスクリット語: चिन्तामणि)の略で、単独では「宝珠」の意味。「コロ」はチャクラの意味。

マシモ車[編集]

ボン教でも同様のものが用いられるが、ボン教では「マシモ車」という。

構造[編集]

マニ車は円筒形で、側面にはマントラが刻まれており、内部にはロール状の経文が納められている。大きさは様々で、手に持てる大きさのものがあれば、寺院などでは数十センチ、大きいものでは数メートルにも及ぶマニ車が設置されている。

チベット仏教とボン教の混在地区などでは、仏具店でマニ車を購入しようとすると、どちらの宗教かを聞いてから内部にその宗教の経文をセットしてくれる。

用法[編集]

チベット仏教の場合はマニ車を右回り(時計回り)に、ボン教の場合はマシモ車を左回りに回転させると、回転させた数だけを唱えるのと同じ功徳があるとされている。

脚注[編集]

  1. ^ ラテン翻字: ma Ni 'khor lo

関連項目[編集]