ナムツォ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナムツォ

ナムツォ納木錯)(チベット語:གནམ་མཚོ་ gNam-mTsho;中国語簡体字纳木错)はナム湖とも呼ばれ、中国チベット自治区内にあるの一つ、中国第二の面積にして、標高が世界一の塩水湖である。北緯30度30分~30度35分、東経 90度16分~91度03分の間に位置する。海抜4718m。東西70km強、南北30km強。面積1920km²強。最大深度33m。

チベット自治区のダムシュン県パルゴン県にまたがっており、ラサの北100kmにある。

ナムツォはヤムドク湖マナサロヴァル湖と共にチベットの三つの聖なる湖と呼ばれ、チベット語で天の湖という意味である。モンゴル語テングリノールも同義。未年サカ・ダワの祭りの期間になると多くの人が巡礼に訪れる。湖の南西にはタシドル寺がある。

ニェンチェンタンラ山脈で最も美しい場所として知られている。そこの岩窟の庵は何世紀もの間、巡礼者が集まった。2005年には道の舗装が完成し、ラサからのアクセス・観光インフラ開発が容易となった。

湖水はニェンチェンタンラ山脈からの雪解け水からなる。気候は突然変わることが多く、ニェンチェンタンラ山脈の反対側では吹雪がよく起こる。

アクセス[編集]

ラサからG109国道で北へ向かい、左手にニェンチェンタンラ山の雪山を見てからダムシュン(当雄県)で新しい一般道路(国道でも省道・自治区道でもない)に入り、湖の東湖畔にあるナムツォ(納木錯)村に達する。 ラサから約100km。 [1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 中英文対照『《西蔵游》旅游地図』(西安地図出版社、2009年) - 青蔵鉄道で広く配布している。

外部リンク[編集]