山南地区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 チベット自治区 山南地区
チベット自治区の中の山南地区
チベット自治区の中の山南地区
簡体字 山南
繁体字 山南
拼音 Shānnán
カタカナ転記 シャンナン
チベット語 ལྷོ་ཁ་ས་ཁུལ་
ワイリー方式 Lho-kha
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
自治区 チベット
行政級別 地区
面積
総面積 79,699 km²
人口
総人口(2003) 33 万人
経済
電話番号 0893
郵便番号 856000
行政区画代碼 542200
公式ウェブサイト http://www.shannan.gov.cn/

山南地区(さんなんちく)は、中華人民共和国チベット自治区を構成する七つの地区のひとつ。公用語の正式呼称はチベット語名ロカ・サクル (ལྷོ་ཁ་ས་ཁུལ། ワイリー転写lho kha sa kul) 、中国語名シャンナンティチュ(山南地区 shān nán dì qū)。「山南」はチベット名の「ロカ」を意訳した名称。日本語では、チベット名に由来するロカ地区、ホカ地区、中国名に由来する山南地区(さんなん-ちく)などの呼称が用いられている。

自治区の中央部に位置し、チベットの伝統的な地理区分では、この地区の北部に隣接するラサ市を構成する諸ゾン(県)とともにウー地方を構成し、その住人を「ウーパ (dbus pa) 」と称する。

地理[編集]

青蔵高原東南部、ヤルンツァンポ河中下流に位置し、西はシガツェ地区、北はラサ市、東北はニャンティ地区と接し、南はインドブータンと国境を接する。本地区のツォナ・ゾン(錯那県)、ルンツェ・ゾン(隆子県)の南部は、ニャンティ地区のメトク・ゾン(墨脱県)、ザユル・ゾン(察隅圏)とともにインドとの国境紛争地域となっており、名目上これらの諸ゾンの南部とされる領域で、インドが実効支配するマクマホン・ライン以南の部分に対し、インド政府はアルナーチャル・プラデーシュ州を設けている。

海抜3,700メートル、気候は温和。

歴史[編集]

吐蕃王家がチベット統一に着手しはじめた6世紀後半から7世紀にかけて本拠地をおいた地域で、その拠点ユムブラカン宮殿英語版が史跡としてある(現存の建物は文化大革命による破壊後に再建された複製)。

行政区画[編集]

山南地区の行政区分

12県を管轄する。

年表[編集]

ロカ・チキャプ[編集]

山南弁事処[編集]

  • 1955年3月9日 - ロカ・チキャプが山南弁事処に改称。(13ゾン12シカ)
    • ウー・チキャプシカルンバシカチェンゴシカナムジェゴンシカを編入。
    • ナンカルツェゾン・ペデゾン・リンシカがギャンツェ弁事処に編入。
    • ヤドイゾン・ポジャンシカがネドン・ゾンに編入。
    • ツェタン・ゾンがシカに移行し、ツェタン・シカとなる。
    • モンタワン・シカがツォナ・ゾンに編入。
    • シャロシカ・シャジャンシカがラギャリ・ゾンに編入。
    • ナムジェゴン・シカがジェデショ・シカに編入。
  • 1957年 - チョンギェー・ゾンが県制施行し、チョンギェー(窮結)県となる。(1県12ゾン12シカ)
  • 1959年4月12日 (3県8ゾン11シカ)
    • ネドンゾン・ツェタンシカが合併し、ネドン県が発足。
    • ウェンゾン・サンリゾン・ウォカゾンが合併し、サンリ県が発足。
  • 1959年5月5日 (5県6ゾン11シカ)
  • 1959年5月 (9県2ゾン1シカ)
    • ルンツェゾン・ギョラシカ・チャユルシカが合併し、ルンツェ県が発足。
    • チグシカ・ダマシカが合併し、チグ(哲古)県が発足。
    • ゴンカルゾン・ドイシカ・ザシカ・ルンバシカ・チェンゴシカ・ジェデショシカが合併し、ゴンカル(貢噶)県が発足。
    • ダナンゾン・サムイェーゾン・チャキシカが合併し、ダナン(札嚢)県が発足。
  • 1960年1月7日 - ネドン県・ルンツェ県・ラギャリ県・ツォナ県・チョンギェー県・サンリ県・チグ県・ダナン県・ゴンカル県・ドワゾン・ションゲゾン・ラカンシカが山南専区に編入。

チベット地方山南専区[編集]

チベット自治区山南地区[編集]

外部サイト[編集]