ジャラントン市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 内モンゴル自治区 扎蘭屯市
簡体字 扎兰屯
繁体字 扎蘭屯
Zhālántún
カタカナ転記 ヂャーラントゥン
国家 中華人民共和国
自治区 内モンゴル
地級市 フルンボイル市
行政級別 県級市
面積
- 総面積 16,800 km²
人口
- 総人口(2004) 44 万人
経済
電話番号 0470
郵便番号 162650
行政区画代碼 150783

ジャラントン市(ジャラントンし)は中華人民共和国内モンゴル自治区フルンボイル市に位置する県級市。ジャラントン市東北部、大興安嶺の東南麓に位置する。自然風景が美しく「塞外蘇杭」と称される。

元の名を「漁猟」という意味のブトハ(布特哈)という。康熙時にブトハ総管衙門が置かれた。1929年に付近の雅魯河から名を採って雅魯県となった。1933年ブトハ旗を開設しジャラントンに駐在させる。1983年撤旗設市でジャラントン市となり、現在はホロンバイル地級市の管轄下である。

浜州鉄路がジャラントン市内を通っており。経済は観光と農業、牧畜、林業で主に賄われている。小麦大豆トウモロコシ等作物の栽培との牧養等が盛ん。工業は主に製紙製糖毛糸など。平均気温2℃、降水量480mm。

ジャラントン市西北部は大興安嶺の原生林で、森林、草原、溪流、山谷の風景は著名で「塞外蘇杭」の称を有する。その主な風景の秀水とは雅魯河が大興安嶺を出た後に形成された扇状地の事であり、その間には小島がびっしりと広がり、島の上には森林が鬱蒼と茂り、花が咲き乱れる景勝の避暑地である。さらにジャラントン市区北部には絶景の吊り橋があって周辺の美しい自然風景を眺めることができる。

文化と観光[編集]

国家重点風景名勝区ジャラントン