三江併流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯27度20分 東経99度25分 / 北緯27.333度 東経99.417度 / 27.333; 99.417

世界遺産 雲南の三江併流保護区
中華人民共和国
梅里雪山
梅里雪山
英名 Three Parallel Rivers of Yunnan Protected Areas
仏名 Aires protégées des trois fleuves parallèls au Yunnan
面積 1,698,400ha
登録区分 自然遺産
登録基準 (7),(8),(9),(10)
登録年 2003年
IUCN分類 Ia(厳正保護地域)
VI(資源保護地域)など
公式サイト ユネスコ本部(英語)
地図
三江併流の位置
使用方法表示

三江併流(さんこうへいりゅう)は中国チベット高原に源を有する三つの川、金沙江長江上流部)、瀾滄江メコン川上流部)、怒江サルウィン川上流部)が雲南省北部のデチェン蔵族自治州及び怒江リス族自治州を平行に流れている1,698,400haに及ぶ地域で、その地域は14の保護された地域からなる。動植物層が豊かなことから、ユネスコ世界遺産自然遺産)に登録されている。

概要[編集]

三江併流地域はインド亜大陸ユーラシア大陸の衝突によって生まれた巨大な褶曲地帯である。地域内の気候は場所によって多様であり、これは結果的に地域内の動植物層の多様化を促進している。

この地域では世界の動物の内25%(中国国内においては50%)の個体が存在していると言われる。政府によってリストアップされた種は791種、内198種は中国固有種、80種は政府のレッドリストに登録されている。

植物も固有種を含め約6000種が確認されており、内2700種は中国固有種である。なかでも絶滅の危機に瀕したものもあり、33種が国家レベルで保護されている。

民族的にも多数の少数民族が居住している。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (7) ひときわすぐれた自然美及び美的な重要性をもつ最高の自然現象または地域を含むもの。
  • (8) 地球の歴史上の主要な段階を示す顕著な見本であるもの。これには生物の記録、地形の発達における重要な地学的進行過程、重要な地形的特性、自然地理的特性などが含まれる。
  • (9) 陸上、淡水、沿岸および海洋生態系と動植物群集の進化と発達において進行しつつある重要な生態学的、生物学的プロセスを示す顕著な見本であるもの。
  • (10) 生物多様性の本来的保全にとって、もっとも重要かつ意義深い自然生息地を含んでいるもの。これには科学上または保全上の観点から、すぐれて普遍的価値を持つ絶滅の恐れのある種の生息地などが含まれる。

登録された地域[編集]

  • 高黎貢山地域
  • 白馬雪山および梅里雪山地域
  • 哈巴雪山地域
  • 千湖山地域
  • 紅山雪山
  • 雲嶺地域
  • 老君山地域
  • 老窩山地域

関連項目[編集]