武当山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 武当山古建築
中華人民共和国
武当山紫霄宮
武当山紫霄宮
英名 Ancient Building Complex in the Wudang Mountains
仏名 Ensemble de bâtiments anciens des montagnes de Wudang
登録区分 文化遺産
登録基準 (1), (2), (6)
登録年 1994年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
地図
武当山の位置
使用方法表示

武当山(ぶとうさん、ウーダンシャン)は、中華人民共和国湖北省十堰市にある山。又の名を太和山という。周囲400km、72峰からなる広大な山で、主峰は天柱峰(標高1612m)。山脈中には道観道教寺院)群がある。

「玄天真武大帝」を奉る道教武当派と中国武術武当拳の発祥地。道観はの時代に戦火で焼失し、洪武帝の時代に再建された。道観と建物は1994年ユネスコ世界遺産(武当山古建築)となる。

日本では、映画『グリーン・デスティニー』中に物語の舞台として登場し、広く知られるようになった。

関連項目[編集]