大足石刻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 大足石刻
中華人民共和国
宝頂山の華厳三聖像
宝頂山の華厳三聖像
英名 Dazu Rock Carvings
仏名 Sculptures rupestres de Dazu
登録区分 文化遺産
登録基準 (1), (2), (3)
登録年 1999年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
地図
大足石刻の位置
使用方法表示

大足石刻(だいそくせっこく)は、中国重慶市大足県にある仏教石窟1999年ユネスコ世界遺産(文化遺産)に登録された。

概要[編集]

大足石刻では、9世紀から13世紀頃までの大乗仏教の石仏が岩の壁に彫刻されている。ほとんどが仏教に関する石仏であるが、道教の神々の像も彫刻されている。

中でも宝頂山にある仏陀の入滅を描いた釈迦涅槃像が有名で、これは31メートルの長さを有している。

他に有名なものとして、金箔を張った千手観音菩薩があり、これは実際に千以上の手を有している。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (1) 人類の創造的才能を表現する傑作。
  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。

外部リンク[編集]