四川省のジャイアントパンダ保護区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 四川省のジャイアントパンダ保護区
中華人民共和国
四川省のジャイアントパンダ保護区
四川省のジャイアントパンダ保護区
英名 Sichuan Giant Panda Sanctuaries
仏名 Sanctuaires du grand panda du Sichuan
面積 9245km²
登録区分 自然遺産
登録基準 (10)
登録年 2006年
公式サイト [{{{org_url}}} ユネスコ本部](英語)
地図
四川省のジャイアントパンダ保護区の位置
使用方法表示

四川省のジャイアントパンダ保護区(しせんしょうのジャイアントパンダほごく,中國語:「四川省大熊貓保護區」,ジャイアントパンダ=大熊貓)は中華人民共和国にあるユネスコ世界遺産自然遺産)登録物件。絶滅危惧種であるジャイアントパンダの30%以上がこの地に生息しており、最も繁殖が盛んである。

概要[編集]

面積は9245km²に及び、邛崍山脈と夾金山脈を挟んだ7つの自然保護区および9つの自然公園からなっている。ジャイアントパンダに加えて、レッサーパンダユキヒョウおよびウンピョウのような他の絶滅危惧種の重要な保護地域でもある。

保護区の森林には植物学的に非常に豊かな生態系が保持されており、5,000 - 6,000種の植物相の故地とされている。また、第三紀熱帯雨林に相似していることが注目されている。

2006年7月12日世界遺産に登録された。2008年5月12日の四川大地震で、多くの保護区で大きな被害を受けており、臥竜自然保護区のある汶川県は震源であるため特に激しい被害を受けた。

構成[編集]

四川省のジャイアントパンダ保護区は、7箇所の自然保護区と9箇所の風景名称区から構成され、成都市が所轄する都江堰市崇州市邛崍市大邑県雅安市が所轄する芦山県天全県宝興県アバ・チベット族チャン族自治州が所轄する汶川県小金県理県カンゼ・チベット族自治州が所轄する康定県といった12の県及び県級市に跨る。

自然保護区(7箇所)
  • 臥竜自然保護区:汶川県、1963年成立、ジャイアントパンダ及び森林生態系を主に保護。
  • 蜂桶寨自然保護区:宝興県、1975年成立、ジャイアントパンダ及び森林生態系を主に保護。
  • 四姑娘山自然保護区:小金県、1996年成立、野生動物及び森林生態系を主に保護。
  • 喇叭河自然保護区:天全県、1963年成立、ジャイアントパンダ及び、ヌーなどの希少動物を主に保護。
  • 黒水河自然保護区:芦山県及び大邑県に跨る、1993年成立、ジャイアントパンダ及び森林生態系を主に保護。
  • 金湯-孔玉自然保護区:康定県、1995年成立、希少動物及び生態環境を主に保護。
  • 草坡自然保護区:汶川県、2000年成立、ジャイアントパンダと生態環境を主に保護。
風景名勝区(9箇所)
  • 青城山-都江堰風景名勝区:都江堰市、1982年成立。
  • 天台山風景名勝区:邛崍市、1989年成立。
  • 四姑娘山風景名勝区:小金県、1994年成立。
  • 西嶺雪山風景名勝区:大邑県、1994年成立。
  • 鶏冠山-九竜溝風景名勝区:崇州市、1986年成立。
  • 夾金山風景名勝区:宝興県、1995年成立。
  • 米亜羅風景名勝区:理県、1995年成立。
  • 霊鷲山-大雪峰風景名勝区:芦山県、1999年成立。
  • 二郎山風景名勝区:天全県、2000年成立。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (10) 生物多様性の本来的保全にとって、もっとも重要かつ意義深い自然生息地を含んでいるもの。これには科学上または保全上の観点から、すぐれて普遍的価値を持つ絶滅の恐れのある種の生息地などが含まれる。

外部リンク[編集]

座標: 北緯30度50分 東経103度00分 / 北緯30.833度 東経103.000度 / 30.833; 103.000