ウンピョウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウンピョウ
ウンピョウ
ウンピョウ Neofelis nebulosa
保全状況評価
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svgワシントン条約附属書I
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネコ目 Carnivora
: ネコ科 Felidae
: ウンピョウ属 Neofelis
: ウンピョウ N. nebulosa
学名
Neofelis nebulosa (Griffith, 1821)
和名
ウンピョウ
英名
Clouded leopard
Clouded Leopard area.png
生息分布図

ウンピョウ(雲豹、Neofelis nebulosa)は、動物界脊索動物門哺乳綱ネコ目(食肉目)ネコ科ウンピョウ属に分類される食肉類。本種のみでウンピョウ属を構成する。別名タカサゴヒョウ(高砂豹)[1]タイワントラ(台湾虎)[2]

分布[編集]

インド北東部、インドネシアスマトラ島ボルネオ島)、タイ中華人民共和国南部、ネパール東部、ベトナムマレーシアミャンマーラオス[3][4][5][6]

絶滅した分布域[編集]

形態[編集]

体長62-107cm[5]。尾長55-90cm[4][5]体重16-23kg[3][4][5]。頭部は大型で細長い[4][5]。毛衣は暗灰色や黄褐色で、体側面に黒い縁取りのある不定形な(雲型)濃色の斑紋と黒い斑点や縞が入る[4][5]。和名は雲状の斑紋に由来する。耳介の後方は黒い体毛で被われ、白い斑点が入る(虎耳状斑)[4][5]

耳介は丸みを帯びる[4][5]。虹彩は黄褐色[4]。鼻面は頑丈で幅広く[3]、顎が発達する[5]。犬歯は非常に大型[3][4][5]。第1小臼歯は小型で、第1小臼歯がない個体もいる[4]。四肢は短く、足の裏は幅広い[3][5]

分類[編集]

ネコ属ヒョウ属の中間的な種だと考えられている[4]

  • Neofelis nebulosa nebulosa (Griffith, 1821) - など

絶滅亜種[編集]

  • Neofelis nebulosa brachyurus (Swinhoe, 1862)

生態[編集]

標高2,000-3,000mにある森林に生息する[5]。樹上棲[3][4][5]夜行性[4]。群れは形成せず単独で生活する[5]

食性は動物食で、小型哺乳類、鳥類ヘビなどを食べるが、イノシシシカを食べることもある[3][4][5][6]。樹上で獲物を襲ったり、樹上から地表を通りかかった獲物を襲う[4][5]こともある[3][6]

繁殖形態は胎生。妊娠期間は86-95日[4][5]樹洞に幼獣を産み[3]、飼育下では1回に1-5頭(主に2-3頭)の幼獣を産んだ例がある[5]。授乳期間は5か月[5]。生後26か月で性成熟する[5]

人間との関係[編集]

開発による生息地の破壊、毛皮目的、漢方薬用、ペット用、動物園での飼育用などの乱獲などにより生息数は減少している[5]。台湾や海南島の個体群は絶滅したと考えられている[5]

日本国内では1983年野毛山動物園が初めて飼育下繁殖に成功した[4]

画像[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『科学の台湾』台覧品の解説、台湾博物館協会、1937年、23頁。
  2. ^ Yahoo! 辞書 - たいわんとら【台湾虎】
  3. ^ a b c d e f g h i 今泉吉典、松井孝爾監修 『原色ワイド図鑑3 動物』、学習研究社1984年、76、186頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 今泉吉典監修 『世界の動物 分類と飼育2 (食肉目)』、東京動物園協会、1991年、167-168頁。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ4 インド、インドシナ』、講談社2000年、20、142頁。
  6. ^ a b c 『小学館の図鑑NEO 動物』、小学館2002年、61頁。

外部リンク[編集]