宏村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯30度00分13秒 東経117度58分54秒 / 北緯30.00361度 東経117.98167度 / 30.00361; 117.98167

世界遺産 安徽南部の古村落—
西逓と宏村
中華人民共和国
南湖水景
南湖水景
英名 Ancient Villages in Southern Anhui - Xidi and Hongcun
仏名 Anciens villages du sud de l'Anhui - Xidi et Hongcun
登録区分 文化遺産
登録基準 (3),(4)
登録年 2000年
備考 西逓村と共に登録
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示
町並み
景観

宏村(こうそん、簡体字宏村拼音: Hóngcūn, カタカナ転記:ホンツン)は中国安徽省南部黄山南西にある2000年世界遺産に登録され、2001年に中国政府国務院により中華人民共和国全国重点文物保護単位に、2003年に中国歴史文化名村に指定されている。代の歴史建築が数多く残る村落で、家々をめぐる水路が完全な姿で残っており、「牛」の形に例えられる村の配置は徽州の村落の典型的な代表例である。

概要[編集]

安徽省南部黄山市にある黄山の南西麓に位置する。黟県の県城からは東北へ11kmの位置にあり、現在は宏村鎮がこの集落に置かれている。集落は黃山の余脈である雷崗山を背後にし、西に邕溪河と羊棧河に面している。全村面積は約28万平方m。

11世紀北宋時代の政和3年(1113年)に汪氏一族により、集落が結成された。汪氏一族は、村が作られる前から宏村に居住し、今では汪氏一族の住まいとなっている。明朝万暦頃に、村内にあるを掘り、そこに川の水を引き入れ、南湖を造った。

清朝中期になると、当時の村名「作弘」が6代皇帝乾隆帝の名に当たるとして、「宏村」に改名された。村内には、清の建物がおよそ140現存する。これらの建物は全て、恵州を基盤とする設計がされている。

村内には水を供給する整備がされている。村の全景がはっきりとに例えられ、村内向かって西のが首、出入り口が角、村の前後のが足となっている。

2000年11月30日、オーストラリアケアンズで行われた第24回ユネスコ世界遺産委員会により、「安徽南部の古村落」として、西逓村と共に世界遺産に登録されている。

建物[編集]

建物は古代中国から受け継がれてきたレンガ造り木造建築で建築されており、芸術的価値は非常に高い。また、清朝9代皇帝咸豊帝の時代、咸豊5年(1855年)に建てられた大規模な住宅が現存し、住宅内部約2100平方メートルの規模を誇り、9つの中庭がある。この住宅は宏村の象徴となっている。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

関連項目[編集]