ハンカチノキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハンカチノキクロンキスト体系
Davidia involucrata inflorescence foliage 01.jpg
ハンカチノキ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : バラ亜綱 Rosidae
: ミズキ目 Cornales
: ミズキ科 Cornaceae
: ハンカチノキ属 Davidia
: ハンカチノキ D. involucrata
学名
Davidia ivolucrata
Baillon
和名
ハンカチノキ
Davidia involucrata

ハンカチノキ(学名:Davidia involucrata)はミズキ科(分類体系よって異なる。下記参照)の落葉高木。中国四川省雲南省付近原産。属名のダビディア (Davidia) で呼ばれることも多い。についた白い大きな2枚の苞葉が垂れ下がりよく目立つため、日本では「ハンカチの木」や「幽霊の木」などと呼ばれる。英語では"Dove tree"(鳩の木)などという。

特徴[編集]

花はハナミズキのような頭状花序になり、2枚の苞葉(ハナミズキの場合は4枚)に囲まれる。果実は堅果で複合果となる。フランス出身の神父・生物学者であるアルマン・ダヴィッド (Armand David) が初めて報告したため、彼を記念してDavidiaと命名された。現在では世界的に栽培されている。

東京都文京区の礫川公園にもハンカチノキがある。これは小石川植物園の技官山中寅文から、作家幸田文に贈られた木を、彼女の死後に娘の青木玉が公園に寄贈したもの。

分類について[編集]

新エングラー体系では1属1種のハンカチノキ科(ダビディア科:Davidiaceae)としていた。クロンキスト体系ではミズキ科に入れ、新しいAPG植物分類体系ではヌマミズキ科に入れている。