ハナミズキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハナミズキ(アメリカヤマボウシ)
Benthamidia florida
Benthamidia florida
(2007年4月14日、大阪府
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
階級なし : キク類 Asterids
: ミズキ目 Cornales
: ミズキ科 Cornaceae
: ミズキ属 Cornus
亜属 : ヤマボウシ亜属 C. subg. Benthamidia
: ハナミズキ C. florida
学名
Cornus florida
L.[1]
シノニム
  • Benthamidia florida (L.) Spach
  • Cynoxylon florida (L.) Raf. ex Jackson
英名
flowering dogwood
亜種
  • C. f. subsp. florida
  • C. f. subsp. urbiniana
のハナミズキの樹形、赤く見えるのが果実紅葉が始まっている。

ハナミズキ(花水木、学名: Cornus florida)は、ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属落葉高木。別名、アメリカヤマボウシ[1]

ハナミズキの名は、ミズキの仲間でが目立つことに由来する。また、アメリカヤマボウシの名は、アメリカ原産で日本の近縁種のヤマボウシに似ていることから。

形態・生態[編集]

樹皮は灰黒色。

楕円形となっている。には紅葉する。

期は4月下旬から5月上旬で、白色や薄いピンク色の花をつける。但し、花弁のように見えるのは総苞で、中心の塊が花序である。実際の花は、4弁の直径5mm程度の目立たない花が集合して、順次開花する。

秋につける果実複合果で、赤い。

分布[編集]

北アメリカ原産。

日本における植栽は、1912年に当時の東京市長であった尾崎行雄が、アメリカ合衆国ワシントンD.C.サクラソメイヨシノ)を贈った際、1915年にその返礼として贈られたのが始まり。この話は、1981年改訂版の日本の中学生向け教科書『NEW PRINCE』中3版でもエピソード的に取り上げられた。なお、2012年にサクラの寄贈100周年を記念して、再びハナミズキを日本に送る計画が持ち上がっている。

人間との関わり[編集]

庭木のほか、街路樹として利用される。栽培する際には、うどんこ病などに注意する。また、アメリカシロヒトリの食害にも遭いやすい。ハナミズキの深刻な病害であるハナミズキ炭疽病の感染地域では、感染によってハナミズキの街路樹が枯死すると、ハナミズキ炭疽病に抵抗性があるヤマボウシまたはハナミズキのヤマボウシ交配品種に植え替える病害対策が行われることがある。

ハナミズキは英語では dogwood と呼ばれる。dogwood語源には諸説あるが、一説には17世紀頃に樹皮の煮汁がイヌ皮膚病治療に使用されたためと言われ、他には、木製の(英古語: dag, dog)を作る材料に使われる堅い木であったことからとも言われる。ただし、イヌの皮膚病治療に使ったとされる dogwood は、同じミズキ科の植物でもセイヨウサンシュユと考えられており、ハナミズキとは異なる。

市区町村の木・花・州の花[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Cornus florida L.”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2013年10月22日閲覧。

参考文献[編集]

  • 茂木透写真 『樹に咲く花 離弁花2』 高橋秀男・勝山輝男監修、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、2000年、646-647頁。ISBN 4-635-07004-2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]