タンラ山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タンラ山脈の山々

タンラ山脈( タンラさんみゃく、 チベット語: གདང་ལ་།ワイリー方式: Gdang la)、 中国語: 唐古拉山脉拼音: Tánggǔlā shānmài)、 英語: Tanggula Mountains )は、チベット高原の中央部を西北西より東南東の方向へ縦断している山脈の一つ。

呼称[編集]

チベット語: thangは「[要出典], la は「峠」を意味する。

中国語名「唐古拉山脈」(簡体字: 唐古拉山脉拼音: Tánggǔlā shānmài; タンクーラー・シャンマイ)。日本では中国語からの孫引きでタングラ山脈と呼ぶことも。

概要[編集]

海抜約5,500- 約6,000m、最高峰のゴラタントン山英語版(日本語漢字表記:各拉丹冬山、英語名:Geladandong)が海抜6,621m、唐古拉山が海抜6,099m。周囲の高原は海抜約4,600- 約4,800m。雪線高度は約5,400- 約5,500m。

山脈の主峰ゴラタントンからは長江の源流・沱沱河が、山脈東部からはもう一つの源流である当曲が、それぞれ北の青海省方面へ流れ、合流して通天河となり、東へ流れてゆく。また、山脈の南へは瀾滄江メコン川上流部)および怒江サルウィン川上流部)の上流が発して、西蔵自治区を東へ流れている。

なお、標高世界一の鉄道駅である海抜5,068.63mの青蔵鉄道タングラ駅(タンクラ駅、日本語漢字表記:唐古拉駅。zh)、および、鉄道の世界最高地点である海抜5,072mのタンラ峠(タンラ峠、日本語漢字表記:唐古拉峠。en)を擁する。[1]

1720年代の半ばに行われた雍正のチベット分割の際、西蔵青海の境界とされ、中華人民共和国の現行の行政区画においても、西蔵自治区青海省の境界となっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Xinhua News Agency (August 24, 2005). New height of world's railway born in Tibet. 2010-01-21閲覧。(英語)

関連項目[編集]