ポベーダ山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポベーダ山
Jengish Chokusu from BC.jpg
ベースキャンプから眺めたポベーダ山
標高 7,439 m
所在地 キルギスの旗 キルギス
中華人民共和国の旗 中国
位置 北緯42度02分06秒
東経80度07分32秒
座標: 北緯42度02分06秒 東経80度07分32秒
山系 天山山脈
初登頂 ヴィタリ・アバラコフ(1956年
ポベーダ山の位置(キルギス内)
ポベーダ山
ポベーダ山
ポベーダ山の位置(キルギス
テンプレートを表示

ポベーダ山(ポベーダさん、ロシア語: Пик Победы Pik Pobedy)は、中国キルギスの国境に位置する山。標高は7,439mであり、天山山脈最高峰である。また、キルギスの最高峰でもある。天山山脈の支脈カクシャール(Kokshaal-Too)にあり、イシククル湖の南東に位置する。中国側は「新疆天山」の構成資産として、世界遺産に含まれている。

キルギスの切手に描かれたポベーダ山

山名[編集]

この山のキルギスにおける正式名称は、キルギス語で「勝利峰」を意味するЖеңиш чокусу(Jengish Chokusu)という。ロシア語名がПик Победыで、意味は同様である。中国での正式名称は、ウイグル語を意味するトムール(Tömür)からの音写で、托木尔峰ピンイン:Tuōmù'ěr Fēng)となる。

概要[編集]

ポベーダ山はいくつかのピークを持つ山塊であり、主峰のみが7,000mを超える。ハン・テングリ(7,010m)の16kmほど南西に位置し、南イヌイリチェク(South Engilchek)氷河によって分け隔てられている。双方の山に登るためのベースキャンプはこの氷河に設けられることが多い。

歴史[編集]

1946年にこの山の測量が行われるまで、天山山脈の最高峰はハン・テングリであると思われていた。初登頂は1956年にVitaly Abalakovにより成し遂げられた。なお、未検証であるが1939年に登頂したという記録もある。ロシア名のポベーダは勝利の意味であり、第二次世界大戦ソビエト連邦が戦勝した直後に改名されたものである。冬季における初登頂は1990年2月にValery Khrichtchatyiによって成し遂げられた。

関連項目[編集]