褶曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
がけに現れた褶曲面、ベルギー
褶曲面の拡大写真、クレタ島
褶曲の形成

褶曲(しゅうきょく、: fold[1])は、地層の側方から大きなが掛かった際に、地層が曲がりくねるように変形する現象のこと。

褶曲は、野外の地質調査で見落とすもしくは判別できないと、地層累重の法則が適用できない場合がある。地震の力によって短時間で形成される場合もあるが、多くはプレートの移動などで長時間強い力を受け続けることで形成される。2方からの圧縮の力と、隆起や沈降の力などがかかって形成される。比較的固い岩盤の場合は、褶曲が形成される途中で破断して断層となることが多い。

向斜・背斜[編集]

地層のにあたる部分を向斜にあたる部分を背斜という。

向斜の場合、曲がりきった低い部分を底といい、各地層の断面の底を結んだ線を向斜軸面という。これが地形図に平面的に表される際には褶曲軸(向斜軸)と呼ばれる。この考え方は背斜でも同様に行われる(背斜軸面背斜軸)。

向斜軸面(背斜軸面)は必ずしも鉛直方向にあるわけではなく、一定の傾斜がついているために、地形図の判読には注意する必要がある。

活褶曲[編集]

第四紀に入ってからも活動を続けている褶曲を、特に活褶曲(かつしゅうきょく、: active fold[2][3]と呼ぶ。新しいものなので、これよりも古い古期褶曲に比べて地表近くに多く存在し、河岸段丘などの段丘面の変形として表れやすい。活褶曲や活断層などをまとめて活構造と呼ぶ。

日本では、長岡平野越後平野庄内平野などの日本海東部沿岸に多くみられる[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会1984年、148頁。ISBN 4-8181-8401-2
  2. ^ 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会1984年、66頁。ISBN 4-8181-8401-2
  3. ^ 地震予知連絡会地震予知に関する基礎的用語集
  4. ^ 新潟油田地域の褶曲 : 形態と形成過程 帝国石油

関連項目[編集]