ペルー・チリ海溝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
  ペルー・チリ海溝

ペルー・チリ海溝(ペルー・チリかいこう、Peru-Chile Trench)は、東太平洋ペルーチリの沖合い約160kmにある海溝である。アタカマ海溝(Atacama Trench)ともいう。最深部の深度は8,065m、全長は約5,900km、平均幅は約64km、面積は590,000km²である。北部では中央アメリカ海溝に連なる。 しばしばチリ地震を起こすことで有名である

ナスカプレートの東端が南アメリカプレート沈み込むことにより形成されている。

関連項目[編集]