アフロ・ユーラシア大陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アフロ・ユーラシア大陸と付随する島々

アフロ・ユーラシア大陸(アフロ・ユーラシアたいりく、Afro-Eurasia)[1]は、アフリカ大陸ユーラシア大陸を合わせた大陸であり、現在、地球表面上における最大の陸塊である。普通は別の2つの大陸として数えることが多いが、両者はスエズ地峡で繋がっていたため(現在はスエズ運河で分断)、これを1つの大陸(超大陸)と見なすことができる。周辺の島々を含めると、2006年現在、全人類の85%である57億人が住んでおり[2]、人口、経済の点で世界の大半を占める。

旧大陸は同じものを指すが、必ずしも単一の陸塊という意味はない。

ユーラフラシア(Eurafrasia)[3]アフラシア(Afrasia)[3]という用語もあるが、あまり使われない。

構成地域[編集]

アフロ・ユーラシアは次のような地域に区分できる。

人類学、歴史学の観点で、アフロ・ユーラシアをユーラシア・北アフリカと、サブサハラに二分することがある.[4]

第一次世界大戦後、アフロ・ユーラシア大陸の本体だけを指して世界島と呼ぶことがあった。これにはグレートブリテン島イギリス)、アイルランド島アイルランド)、日本列島日本)、マダガスカル島マダガスカル)といったような周辺の島々は含まれない。これは、当時の軍事勢力には陸軍を重視し、半島などは進軍に不利と考えたためである(ハートランドを参照)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Frank, Andre G. (1998), ReORIENT: Global Economy in the Asian Age, University of California Press, ISBN 978-0520214743 
  2. ^ World Population Prospects: The 2006 Revision (Highlights) に基づく。
  3. ^ a b "The University of California African Expedition: I, Egypt". American Anthropologist, New Series, Vol. 50, No. 3, Part 1 (Jul. - Sep., 1948), pp. 479-493.
  4. ^ Diamond, Jared (1997), Guns, Germs, and Steel: The Fates of Human Societies, Norton & Company, ISBN 0-393-03891-2 

関連項目[編集]