スコシアプレート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
     青緑色がスコシアプレート

スコシアプレートは、スコシア海および周辺諸島の海底地殻及びマントル上方のリソスフェアを形成する海洋プレートである。

歴史[編集]

南アメリカ大陸大西洋中央海嶺を境に西に移動していくのと同時に、サウスサンドウィッチ海溝への南アメリカプレートの沈み込みが続いた。これにより、背弧海盆が拡大してスコシア海が東に広がり、ペルー・チリ海溝とサウスサンドウィッチ海溝との距離がどんどんと広がっていった。

やがてひずみが生じたことでペルー・チリ海溝はスコシア海西縁まで延長して、プレートが分裂し、スコシアプレートができたと考えられている。

周辺のプレートとの関係[編集]

ペルー・チリ海溝の南端部分、ムニョス・ガメロ半島以南がスコシアプレートと南極プレートの境界である。境界線は南極半島の北方沖までつながっているが、途中から海溝が浅くなり、単なる衝突型境界に変わる。南極半島沖からサウスサンドウィッチ諸島南岸まではアメリカ南極海嶺で、ここも南極プレートとの境界である。

サウスサンドウィッチ諸島の東方沖では南アメリカプレートがスコシアプレートの下に沈み込んでおり、サウスサンドウィッチ海溝を形成している。また、この沈み込みによってサウスサンドウィッチ諸島の火山ができ、さらに島弧の西側にある東スコシア海嶺が拡大して背弧海盆が形成されている。

サウスサンドウィッチ諸島の北岸からは衝突型境界が西に伸びており、途中からトランスフォーム断層に変わって、フエゴ島東南部やマゼラン海峡西部などを横切り、ペルー・チリ海溝に達する。ここは南アメリカプレートとの境界である。

出典[編集]