欧州自由貿易連合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
  EFTA加盟国
  元加盟国(現在はEUに加盟している)

欧州自由貿易連合(おうしゅうじゆうぼうえきれんごう、: European Free Trade Association)は、1960年イギリスが中心となって設立された自由貿易連合であり、欧州経済共同体(EEC)の枠外にあった欧州諸国が加盟してきた。

頭字語略称)のEFTA日本語発音:エフタ、英語発音: /ˈeftə/ フタ)で呼ばれることが多い。

概要[編集]

イギリスオーストリアスウェーデンスイスデンマークノルウェーポルトガルの7か国で1960年5月3日結成。1961年フィンランドが準加盟(1986年正式加盟)。1970年アイスランドが加盟。1973年、英国とデンマークが欧州共同体(EC)加盟に伴いEFTAから脱退。1986年、ポルトガルがEC加盟に伴いEFTAから脱退。1991年リヒテンシュタインが加盟。1995年、オーストリアとスウェーデンとフィンランドがEU加盟に伴いEFTA脱退。

本部はジュネーヴにあり、現在、アイスランド、ノルウェー、スイス、リヒテンシュタインの4か国が加盟している。

冷戦終結後、欧州連合(EU)との拡大統一市場を目指すため、EFTA諸国はEU諸国と共に、1994年欧州経済地域(EEA)を設立した(スイスを除く。スイスは1992年の国民投票でEEA協定批准を否決した)。EEAは、自由貿易地域であり、EUの域内市場と同様に、商品・サービス・人・資本の自由な移動が保障されている。ただし、EEAはEUの共通通商政策を含んでおらず、関税同盟ではない。

加盟国[編集]

現在4か国。いずれも欧州連合には加盟していない。

元加盟国[編集]

6ヶ国。いずれも欧州連合に加盟

関連項目[編集]