ベラルーシ・ロシア連合国家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
連合国家
Союзное государство
の国旗 Coats of arms of None.svg
国旗 (国章)
国の標語:不明
国歌未定
の位置
公用語 ロシア語ベラルーシ語
首都 未定
最大の都市 モスクワ
政府
最高国家会議議長 アレクサンドル・ルカシェンコ
閣僚会議議長 ウラジーミル・プーチン
面積
総計 17,281,800km21位
水面積率 0.5%(ロ) / ごく僅か(ベ)
人口
総計(2008年 1億5000万人(9位
人口密度 8.6人/km2
GDP(自国通貨表示)
合計(-年 通貨未統合
GDP(MER
合計(2008年 1兆7367億ドル(8位
GDP(PPP
合計(2008年 2兆3797億ドル(6位
1人あたり 15,900ドル
連合国家創設条約の発効 2000年1月26日
通貨 未統合(未定
時間帯 UTC +2 ~ +12(DST:+3 ~ +13)
ISO 3166-1 不明
ccTLD 未定
国際電話番号 未定
順位は、ロシア・ベラルーシを除いた上で算出している。

ベラルーシ・ロシア連合国家(ベラルーシ・ロシアれんごうこっか)は、ロシア連邦ベラルーシ共和国との連邦国家である。正式な名称は単に連合国家ベラルーシ語Саюзная дзяржава サユーズナヤ・ヅャルジャーヴァロシア語Союзное государство サユーズナイェ・ガスダールストヴァ英語Union State of Russia and Belarus ユニオン・ステイト・オブ・ロシア・アンド・ベラルーシ)である。なお、日本では、しばしばロシア・ベラルーシ連邦国家と表記されることが多い。

国家元首にあたる「最高国家会議議長」はベラルーシ大統領アレクサンドル・ルカシェンコが、首相にあたる「閣僚会議議長」はロシア大統領ウラジーミル・プーチンがそれぞれ務めている。

概要[編集]

1999年12月8日、ロシアのエリツィン大統領とベラルーシのルカシェンコ大統領との間で「ベラルーシ・ロシア連合国家創設条約」が調印された。当時、ロシアは国力が低下しており、イニシアチブはベラルーシ側が握っていた[1]。そして、2000年1月26日の条約発効に伴い、ルカシェンコが連合国家の最高指導者となるはずだった。

ところが、エリツィンの後継大統領となったプーチンが、ベラルーシのロシアへの吸収合併を示唆する発言を繰り返すようになり、この構想にルカシェンコが反発し、連合国家は機能せず、棚ざらしになった。2002年を最後にベラルーシとロシアの首脳会談も行われなくなり、ロシアとベラルーシの関係は悪化した。

以降現在に至るまで、政治的事情からこの連合国家は機能不全の状態が続いている。

しかし、2011年に入ってからベラルーシに未曾有の経済危機が襲い、プーチンはベラルーシとロシアとの統合を支援する旨を正式にベラルーシ首相であるミハイル・ミャスニコヴィチに述べ、ベラルーシ側も好反応を示したため、今後の両国統合の行方が注目される[2]

経緯[編集]

ロシアは、先述の通りベラルーシを吸収合併する思惑があった。ベラルーシの通貨をロシア・ルーブルにしようとしていたがベラルーシ側が反発した。

2008年5月27日には首相に相当する閣僚会議議長にプーチンが就任した。

しかし、この連合国家はプーチンとルカシェンコの不和により、連合国家の閣僚会議や最高国家会議がたびたび行われるものの、国家として機能していない状態が続いている。

2009年末からのロシア・ベラルーシ間の石油価格引き上げ交渉が泥沼化(急激な石油価格の引き上げは、ベラルーシの国家破綻につながる)、ロシアは何かと連合国家プラン進行の障害になっているルカシェンコの排除に乗り出したとされ[3]、ロシアとベラルーシの関係は紆余曲折が続いている。

2010年2月、ウクライナで親ロシア派のヴィクトル・ヤヌコーヴィチ大統領が就任。ロシアのエフゲニー・ヒョードロフ経済・起業担当国会委員会長は、半年以内にロシア、ベラルーシ、ウクライナを構成国とする新たな統一国家のプログラムを正式に発表できるであろうと述べた[4]

2010年6月19日、ベラルーシ側のガス料金滞納を理由に、ロシアの国営企業ガスプロムがベラルーシ向けのガス供給量を85%引き下げることを決定。ベラルーシとの間でいざこざが発生した[5]。こういったベラルーシとロシアとの間のエネルギーをめぐるいざこざは今回に始まったことではなく、過去にもあった。今回のいざこざが起きるわずか数日前に、ベラルーシのルカシェンコ大統領がロシアを訪問し、プーチン首相、メドベージェフ大統領と会談していた。会談では双方とも笑顔を見せながら和やかなムードで話をしていたが、その矢先に両国関係を険悪化させる今回の事件が発生。ロシアとベラルーシの関係は一筋縄ではいかないということが示された形となった。ルカシェンコ大統領は「ガス戦争が勃発した」と宣言したが、最終的にはわずか数日でこの問題は解決した。ルカシェンコはロシアとの関係修復を素早く行った。

しかし、7月4日と16日に、ロシア政府系テレビ局がルカシェンコについて赤裸々に綴ったドキュメンタリー番組を放送し、ルカシェンコを激怒させた。ルカシェンコは対抗措置としてロシアの敵であるグルジア大統領ミヘイル・サアカシュヴィリと会談した。ロシアは2010年12月に行われるベラルーシ大統領選で何としてでもルカシェンコを排除し、ベラルーシを吸収合併することを目指しているとされ、今まで紆余曲折の道のりを歩んできたベラルーシとロシアの関係の今後が注目される[6]

国旗と国章[編集]

提案された国旗

連合国家の国旗は、ソビエト連邦の国旗に似た赤地赤い星が2つあしらわれたものが提案されている。だが、共産主義をあらわしているわけではない。2つの赤い星はロシアとベラルーシという2つの国をあらわす[7]

また、連合国家の国章は、双頭の鷲が描かれているものが提案されている。双頭の鷲の上には太陽と2つの星があしらわれている[8]

この国旗及び国章の提案者はA・アコピャン、V・ブルガーコフ、G・クリュシンという三人の人物である。

ただし、正式な国旗と国章はまだ発表されていない。

国歌[編集]

国歌はソビエト連邦の国歌のメロディーに新たな歌詞が充てられている歌が提案されている。題名は「人民の偉大なる連合 Державный союз народов」という[9]。しかし、正式な国歌はまだ発表されていない。

通貨[編集]

2013年までに単一通貨が導入される予定であった[10]。しかし、現在においても実現されていない。

憲法[編集]

連合国家の憲法はソビエト連邦の憲法に基づき作られる予定である[11]。ボロディン国務長官は2010年に暫定憲法を制定することを提言した[12]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “併合へ動き加速 露大統領、ベラルーシ訪問”. 産経新聞. (2007年12月14日). http://sankei.jp.msn.com/world/europe/071214/erp0712142103010-n1.htm 2010年3月19日閲覧。 
  2. ^ “Путин: Интеграция с Россией поможет Белоруссии”. 統一ロシア公式サイト. (2011年8月15日). http://www.er.ru/news/2011/8/15/putin-belorussii-pomozhet-integraciya-s-rossiej/ 2011年8月17日閲覧。 
  3. ^ “ロシアとベラルーシの石油紛争、泥沼化”. 産経新聞. (2010年1月16日). http://sankei.jp.msn.com/world/europe/100116/erp1001161930004-n1.htm 2010年3月4日閲覧。 
  4. ^ “Украине предложили объединиться с Россией и Белоруссией”. Lenta.ru. (2010年3月18日). http://www.lenta.ru/news/2010/03/18/unite/ 2010年3月19日閲覧。 
  5. ^ “ロシア:政府系企業、ベラルーシ経由ガス削減 滞納理由に”. (2010年6月20日). http://mainichi.jp/select/world/news/20100621k0000m030053000c.html 2010年6月20日閲覧。 
  6. ^ “露・ベラルーシ情報戦/欺瞞の「同盟」あらわに”. 産経新聞. (2010年7月18日). http://sankei.jp.msn.com/world/europe/100718/erp1007181839006-n1.htm 2010年7月18日閲覧。 
  7. ^ http://www.vexillographia.ru/belarus/union.htm
  8. ^ http://geraldika.ru/symbols/7540
  9. ^ http://www.russianmaster.ru/gimn.html#sd
  10. ^ “Россия и Белоруссия введут единую валюту к 2013 году”. Inforos. (2009年5月6日). http://www.inforos.ru/?id=23997 2010年3月19日閲覧。 
  11. ^ “Павел Бородин: Союзное государство России и Белоруссии будет создано на основе Конституции СССР”. РИА «Новый Регион». (2007年12月12日). http://www.nr2.ru/incidents/154765.html 2010年3月19日閲覧。 
  12. ^ “Павел Бородин: в 2010 году нужно создать переходную союзную конституцию”. soyuz.by. (2009年11月19日). http://www.soyuz.by/ru/?guid=71952 2010年3月19日閲覧。 
  13. ^ “В.ПУТИН: НОВЫЙ ИНТЕГРАЦИОННЫЙ ПРОЕКТ ДЛЯ ЕВРАЗИИ – БУДУЩЕЕ, КОТОРОЕ РОЖДАЕТСЯ СЕГОДНЯ”. soyuz.by. (2011年10月4日). http://www.soyuz.by/ru/?guid=60504 2011年10月4日閲覧。 

外部リンク[編集]

Eastern-Europe-map2.png この「ベラルーシ・ロシア連合国家」は、東ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 東ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ
アゼルバイジャン アルバニア アルメニア ウクライナ キプロス ギリシャ グルジア クロアチア セルビア トルコ ブルガリア ベラルーシ ボスニア・ヘルツェゴビナ マケドニア モルドバ モンテネグロ ルーマニア ロシア