GUAM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Europe location GUAM.png
2006年5月22日23日キエフで開催されたGUAM会議の記念切手。

GUAMキリル文字: ГУАМ, グルジア文字: სუამი) とは、グルジアウクライナアゼルバイジャンモルドバの4カ国による国際機関である。GUAMという名称は、加盟4カ国の頭文字を集めたもの。事務局をウクライナのキエフに置く。なお、1999年から2005年まではウズベキスタンも加盟していたため、GUUAMという名称であった。

加盟国[編集]

  • 現在の加盟国
首都 人口(2014年) 面積(km²) 人口密度(/km²) 加盟年
アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン(Azerbaijan) バクー 9,477,000 86,600 109 1997年
グルジアの旗 グルジア(Georgia) トビリシ 4,494,000 69,700 64 1997年
モルドバの旗 モルドバ(Moldova) キシナウ 3,516,000 33,846 103 1997年
ウクライナの旗 ウクライナ(Ukraine) キエフ 45,426,000 603,500 75 1997年

歴史[編集]

ソビエト社会主義共和国連邦崩壊後、バルト三国を除く12カ国が独立国家共同体 (CIS) を形成したが、ロシア連邦が旧ソ連諸国への影響力を維持するための機構として残ったため、ロシアの影響圏からの離脱を希望する上記4カ国が集まり、1997年10月10日に創設された。当初は連絡会議としての性格が強かったが、2002年6月に開催された首脳会議にて、GUUAM憲章条約が調印された。その後、2004年12月に脱露・入欧米路線を掲げるヴィクトル・ユシチェンコオレンジ革命によりウクライナの大統領に選出されると、反ロシア連合を強化しようという動きが強まり、2006年5月22日から23日にかけてキエフで開催された参加国首脳会談で、正式に国際機関へと発展させることを決め、名称もまたGUAMから「民主主義と経済発展のための機構GUAM」と変更、事務局のキエフへの設置が決定された。

2001年のヤルタ憲章、および2006年のキエフ憲章にこの機関の主要目的が明記されている。キエフ憲章によると「自由、民主主義、人権擁護、法の支配等の共通の価値」を広げる、と書かれている。ただし、この機関の歴史を見て、それぞれの加盟国が必ずしもこの目的を全うするよう行動したとは言いがたい。結成初期に見られた四カ国の共通点は比較的親欧米路線で、ロシアとは政治・領土・エネルギー問題で対立関係にあるというところであったが、政治状況の変化から、ロシアとの対立関係、および欧米との協力関係もまた一様ではなかった。

ウズベキスタンは2001年対テロ戦争への協力でも明らかなように、親欧米路線を取っていたが、2002年からは離脱を表明、GUUAMの会議にも出席していなかった。最終的に、2005年に起きた国民の反政府運動が欧米勢力に煽動されたものとして、親露へ転じて脱退した。なお、ウズベキスタンはGUAM加盟の数年後、上海協力機構のメンバーにもなり、その他四国と足踏みを揃えることは少なかった。

2008年にグルジアで南オセチア紛争が起こり、ロシアが南オセチアを支援をすると、グルジアは2009年に独立国家共同体(CIS)を脱退した。

しかし、その後モルドバとアゼルバイジャンは全方位外交路線へと方針展開し、ウクライナではロシアとの関係改善を掲げるヴィクトル・ヤヌコーヴィチが大統領に就任、グルジアでも2012年の選挙でロシアとの関係改善を掲げたビジナ・イヴァニシヴィリが大統領に選出された。

だが、2014年2014年クリミア危機が発生し、ロシアがクリミア半島占領編入すると、ウクライナとロシアの関係は悪化し、ウクライナは独立国家共同体(CIS)の脱退を表明した。

GUAMの存続は何度となく危ぶまれてきたが、その都度、反露、反テロ、経済発展、民主主義、輸送などのように、加盟国間の現状と目的をすり合わせることで、今日まで存在し続けている。

加盟国の独立地域問題[編集]

GUAMの加盟国の4ヵ国は、全員とも国内に事実上独立した地域や帰属未定地域を持つ。全ての地域にロシアが関係しており、この事が反露の理由の一つになっている。

  • 南オセチアの旗 南オセチア共和国:グルジア内にあり、南オセチア紛争が起きている。ロシアは南オセチア側を支援・支持し、独立を承認している。この出来事が、グルジアの独立国家共同体(CIS)脱退に繋がった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]