ヴィクトル・ユシチェンコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィクトル・アンドリーヨヴィチ・
ユシチェンコ

Віктор Андрійович Ющенко
Viktor Yuschenko.jpg

任期 2005年1月23日2010年2月25日

任期 1999年12月22日2001年5月29日
元首 レオニード・クチマ

出生 1954年2月23日(60歳)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦スムィ州ホルージウカ
政党 ウクライナ・人民自衛ブロック(2001-)
我らのウクライナ(2005-)
配偶者 カテリーナ・チュマチェンコ
署名 Viktor Yushchenko's signature.svg

ヴィークトル・アンドリーヨヴィチ・ユシチェンコ[1]ウクライナ語: Ві́ктор Андрі́йович Ю́щенкоラテン文字表記の例: Viktor Andrijovyč Juščenko1954年2月23日 - )はウクライナ政治家2010年2月25日まで大統領を務めた。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

1954年2月23日、ソビエト連邦の一部だった、ウクライナ共和国東部のスームィ州ホルージウカ村の教師の家庭に生まれた。父親のアンドレイは、第二次世界大戦に出征、独ソ戦で捕虜となり、アウシュヴィッツ強制収容所に収容されていた[要出典]

ユシチェンコは、ウクライナ西部のテルノーピリ財政・経済大学を卒業し、経済科学準博士号を取得する。卒業後、徴兵され1年間、当時ソ連国家保安委員会(KGB)所属だった国境警備軍で勤務した。KGBに勤務したことにより、暫くの間ウクライナの極右民族主義勢力には認められなかった[2]

銀行家[編集]

1976年から、銀行勤務した。ソ連時代、著名な財務官ヴァディーム・ヘーチマンにその手腕を認められ、ウクライナ独立後、1993年から1999年まで、ウクライナ国立銀行理事長を務めた。任期中、通貨発行の抑制に努め、IMF等から高い評価を受けるが、その一方で貨幣不足による給料年金の遅配・欠配が生じ、政界から不興を買った。

政治家[編集]

1999年12月、ウクライナ国債の債務不履行に対処するため、急遽、首相に登用され、債権団との繰り延べ交渉をまとめあげる。彼の首相在任時、ウクライナのGDPは初めてプラス成長に入いる幸運に恵まれ(99年下半期に既にプラス成長)国民的人気を獲得するが、クチマ大統領の忠僕を振るまい、反クチマ勢力を落胆させた。人気が絶頂に達した時、議会から不信任決議を突き付けられ、2001年5月に解任される。首相辞任後の2002年1月、10個の政党が合同した選挙ブロック「我らのウクライナ」を結成し代表となる。2002年3月の議会選挙においての24.7%の支持を獲得した。

2004年大統領選挙[編集]

支持者に応えるユシチェンコ(2004年)

2004年レオニード・クチマ大統領の任期満了に伴い、大統領選挙に野党から立候補した。2004年9月、ユシチェンコは突然、重病にかかり、美男子として鳴らしていた顔が痘痕だらけとなった。ダイオキシン中毒によるものとされ、ユシチェンコ陣営では反対陣営による置毒を主張しており、国民の同情は高まった。

11月21日、与党の推す親露派のヴィクトル・ヤヌコーヴィチ首相との決選投票が行われた。しかし、ヤヌコーヴィチ首相が勝利したという投票結果を巡り、ウクライナを東西に二分する大混乱(オレンジ革命)を引き起こし、最高裁判所の裁定により再選挙を実施することになった。

12月26日に実施された再選挙では、開票の結果、ユシチェンコが52.12%、ヤヌコーヴィチが44.09%を得票し、ユシチェンコが当選した。ヤヌコーヴィチ陣営はユシチェンコ陣営に不正があったとして最高裁に提訴したが再び野党による政府施設の封鎖が起こり、30日には提訴が却下、政権交代が確定した。そして2005年1月23日ウクライナ最高会議で宣誓し大統領に正式に就任し、オレンジ革命の盟友ユーリヤ・ティモシェンコを首相に任命。

大統領[編集]

しかし大統領就任後は政権内部に亀裂が生じ、オレンジ革命の盟友だったティモシェンコとも対立した。政権内部の亀裂が深刻化する中、2005年9月8日にユシチェンコはティモシェンコ首相以下全閣僚を解任する大統領令に署名した。ドニプロペトロウシク州知事代行のユーリー・エハヌロフを首相代行に任命し、組閣を要請した。2006年3月の議会選挙では、エハヌロフを一位候補とする「我らのウクライナ」が第3位の得票で惨敗するとその政治力も低下し、その後の多数派工作を巡る議会混乱で主導権を握ることなく、仇敵ヤヌコーヴィチ内閣の誕生を許すこととなった。

2007年9月の議会選挙後に「我らのウクライナ」と「ティモシェンコ・ブロック」が手を組み、議会の過半数を獲得。解任したティモシェンコを再び首相に任命した。しかし天然ガスの供給を受けるロシアとの関係を巡ってティモシェンコと関係が悪化し、2008年9月16日に連立政権が解消された。

この政局の混迷を打開するため、10月8日ウクライナ議会解散して12月7日に総選挙を実施するという大統領令を公布した。これに対しティモシェンコは総選挙後の議員就任から1年未満に大統領が議会を解散するのは憲法違反だとして裁判所に提訴した。ユシチェンコは対抗してこの裁判所を大統領令で廃止した。また、総選挙を阻止するためティモシェンコ側は選挙予算拠出の審議拒否を行った。そのためユシチェンコは10月20日に一旦は総選挙を12月14日に先送りする意向を示したが、金融危機の影響によるウクライナ経済悪化への対策とティモシェンコ側による妨害を理由として、結局は年内の選挙実施を取り下げた。

2009年3月3日には側近で親欧米派のボロディミール・オグリスコ外相が、議会での解任決議可決の結果退任。大統領のさらなる求心力低下につながるとの指摘もある[3]

2010年ウクライナ大統領選挙に再選を目指し出馬したが、第1回目の投票でヤヌコーヴィチ、ティモシェンコらに差をつけられ5位に終わり、決選投票にも残れず敗北した。

ソ連によるウクライナへの「人為的な飢餓」とされるホロドモールを強く批判している人物でもあり、またナチスドイツのホロコーストに対しても批判的で、ホロドモールとホロコーストを否定したり過小評価する者への刑事罰を大統領在任中に検討していた。

側近グループ[編集]

ユシチェンコの側近グループは、4グループに分かれる。

第1グループは、彼の子供達を名付けた人々である。その中には、「アジオ」銀行理事長スタニスラフ・アルジェヴィチン、議会予算委員会委員長ピョートル・ポロシェンコ、有名な女性歌手オクサーナ・ビロジルがいる。このグループには、最も有力な盟友、ユーリヤ・ティモシェンコも含まれていたが、ユシチェンコとの対立によりティモシェンコは首相を解任され、批判的立場に回った。

第2グループは、兄のピョートル・ユシチェンコが率いている。この第2グループには、クチマ前大統領との連絡係である代議員オレグ・ルイバチュクが含まれる。ルイバチュクは、クチマの娘のエレーナ・フランチュクと彼女の夫のヴィクトル・ピンチュクの旧友である。ルイバチュクは、ユシチェンコと共にロシア人への書簡の発議者となり、ウクライナ民族主義を否定している。

第3グループは、議会副議長アレクサンドル・ジンチェンコと代議員オレクサンドル・トゥルチノフ等、クチマの元盟友である。

第4グループは、金融界である。彼の最も明らかな代理人は、グルジア人のダヴィド・ジュヴァーニヤである。ジュヴァーニヤは、ロシア大統領候補イワン・ルイプキンがキエフに隠れるのを助けたことがある。ジュヴァーニヤの存在は、彼の友人であるボリス・ベレゾフスキーのウクライナ選挙戦への関与も示唆している。ジュヴァーニヤと共に、ユシチェンコの会計係となったのは、ロシアの「欧州保険同盟」ウクライナ代表部を率いる代議員アレクサンドル・モロゾフである。

パーソナル[編集]

2度結婚している。前妻のスヴェトラーナ・コレスニクは、銀行家時代の庇護者ワージム・へチマンの名付け子。後に離婚。

後妻のカテルィナ・クレア・ユシチェンコは、ウクライナ系アメリカ人で、「銀行保障」プログラムのディレクター、人権担当国家書記官アシスタント特別補佐官であり、ホワイトハウスの社会関係事務所と米財務省で各種職務を占めた。彼の政敵は、カテルィナをCIAのスパイと呼んでおり、クチマ大統領やウクライナ保安庁 (SBU) すらもその真偽に興味を持った。彼女は、ウクライナ大統領選挙中にアメリカ国籍からウクライナ国籍への切り替えを宣言したが、実施されたかは不明。

ウクライナ大統領名誉賞を授与。経済科学アカデミーのアカデミー会員、サイバネティックス専門家、「キエフ・モヒラ・アカデミー」とオストロシュク・アカデミーの国立大学名誉博士、ウクライナ功労経済学者、科学及び技術領域のウクライナ国家賞受賞者、金融問題に関する300件の記事の著者。1997年の「Global Finance」のレイティングの結果によれば、世界最良の金融学者の6人の中に入った。テルノーピリ市の名誉市民。

ユシチェンコの議会の同僚は、ヴィクトルのだらしなさ(3時間遅れる)と彼の未熟さについて語っている。このため、議員時代、自分の会派の一部を失っている。2005年7月には、息子アンドリーの放蕩が報道されると、報道機関に「注文」を付けている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「ユーシチェンコ」あるいは「ユーシェンコ」とも。日本のマスコミでは「ユーシェンコ」の表記も見られるが、現地発音と誤解してモスクワ発音のロシア語を真似た表記であり、不適切である。詳しくはウクライナ語の日本語表記を参照。
  2. ^ ただしKGBの任務には諜報防諜・国内治安対策・思想統制の他、国境警備隊による国境警備と通関業務、旅券発行及び外国人の旅券紛失証明に関する事務手続きと、一般にイメージする諜報機関・秘密警察よりも幅広い業務を行っていた。いちばん近いのはCIAFBIが一つの組織だと考えればいいだろう。KGBの指揮下に国境警備隊があった理由は、ソ連時代に革命の敵は外からやってくるという考えから指揮下に加えられたためである。なお、国境警備隊は広く一般からの徴兵及び志願で将校下士官を募集していたため、KGBの所属歴があると言うだけでスパイとは断言出来ない。
  3. ^ “ウクライナ 外相の不信任案を可決”. MSN産経ニュース. (2009年3月4日). http://sankei.jp.msn.com/world/europe/090304/erp0903041756004-n1.htm 2009年3月4日閲覧。 

外部リンク[編集]

公職
先代:
レオニード・クチマ
ウクライナの旗 ウクライナ共和国大統領
第3代:2005 - 2010
次代:
ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ
先代:
ワレーリー・プストヴォイチェンコ
ウクライナの旗 ウクライナ共和国首相
第7代:1999 - 2001
次代:
アナトリー・キナフ
先代:
Vadym Hetman (en)
ウクライナ国立銀行理事長
第3代:1993 - 1999
次代:
Volodymyr Stelmakh (en)