ドニプロペトロウシク州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドニプロペトロウシク州
Дніпропетровська область
ドニプロペトロウシク州の旗 ドニプロペトロウシク州の印
州旗 州章
ドニプロペトロウシク州の位置
Flag of Ukraine.svg ウクライナ
州庁所在地 ドニプロペトロウシク
面積
 - 総計
 - 陸地
 - 水域
全ウクライナ第18位
31,914 km²
? km²
? km² (?%)
人口2005年
 - 総計
 - 人口密度
全ウクライナ第15位
3,476,200
109人/km²
地区 22
市町村総数
 - うち市の数
 - うち町の数
 - うち村の数

20
45
1,438
ISO 3166-2:UA UA-12 
電話番号コード +380-56
公式サイト 合同庁

ドニプロペトロウシク州 (ウクライナ語Дніпропетровська область)は、ウクライナの一つ。州庁所在地ドニプロペトロウシク。日本ではロシア語での名称のドニエプロペトロフスク州という名の方がよく使用されいる。

地理[編集]

母語話者(ドニプロペトロウシク州) 2001
ウクライナ語
  
67.0%
ロシア語
  
32.0%
その他
  
1.0%

ドニプロペトロウシク州は、ウクライナの中央、ドニプロ川の中流に位置している。東はドネツィク州、南はザポリージャ州ヘルソン州、西はムィコラーイウ州キロヴォフラード州、北はポルターヴァ州ハルキウ州接している。

ドニプロペトロウシク州はドニプロ川によって右岸(西)と左岸(東)に区分される。前者はにドニプロ高地、後者は草原におわれたドニプロ低地を占めている。ドニプロ高地は南方に進むに連れて黒海低地に変化している。一方、ドニプロ低地の東南部にはアゾフ海低地が拡大している。

ドニプロペトロウシク州全体は、数多くの深川と谷々に刻まれている。一番大きな河川はドニプロ川であり、それに次ぐオリーリ川サマーラ川ヴォーウチャ川バザウルーク川モークラ・スーラ川インフレーツィ川サクサハーニ川なだはドニプロ川の支流である。その他に、ドニプロペトロウシク州には約100のため池と1400の自然池が存在している。

気候は大陸性気候である。1月の平均気温は、-5 °С、7月の平均気温は、22 °Сとなっている。平均降水量は450mmである。

ドニプロペトロウシク州には石炭石油天然ガスカオリナイトなどの資源がある。

歴史[編集]

シーチにおけるコサックの会議。

市町村[編集]

  1. アポーストロヴェ(Апостолове)
  2. ヴィリノヒールシク(Вільногірськ)
  3. ヴェルヒーウツェヴェ(Верхівцеве)
  4. ヴェルフニョドニプローシク(Верхньодніпровськ)
  5. オルジョニキーゼ(Орджонікідзе)
  6. クルィヴィーイ・リーフ(Кривий Ріг)
  7. ジョーウチ・ヴォーディ(Жовті Води)
  8. スィネーリヌィコヴェ(Синельникове)
  9. ゼレノドーリシク(Зеленодольськ)
  10. テルニーウカ(Тернівка)
  11. ドニプロゼルジーンシク(Дніпродзержинськ)
  12. ドニプロペトローウシク(Дніпропетровськ)
  13. ニーコポリ(Нікополь)
  14. ノヴォモスコーウシク(Новомосковськ)
  15. パウロフラード(Павлоград)
  16. ピドホロードネ(Підгородне)
  17. プヤティハートキ(П'ятихатки)
  18. ペレジチェープィネ(Перещепине)
  19. ペルショトラーヴェンシク(Першотравенськ)
  20. マールハネツィ(Марганець)

人口[編集]

2001年ウクライナ国勢調査によるデータ。

  • 総人口&00000000035676000000003,567,600人[1]
  • 都市人口&00000000029603000000002,960,300人(83%);農村人口:&0000000000607300000000607,300人(17%)[2]
  • 性別人口:男性&00000000016433000000001,643,300人(46%);女性&00000000019243000000001,924,300人(54%)[3]
民族構成[4]
ウクライナ人
  
2,825,800人 (79.3%)
ロシア人
  
627,500人 (17.6%)
ベラルーシ人
  
29,500人 (0.8%)
ユダヤ人
  
13,700人 (0.4%)
アルメニア人
  
10,600人 (0.3%)
アゼルバイジャン人
  
5,600人 (0.2%)

観光[編集]

ロシア帝国時代・ソ連時代にドニプロペトロウシク州の地域が重工業地帯となっていたため、文化的価値を有する場所は少ない。観光の対象になっているのは、草原の風景、遊牧民の墓地・慰霊碑、コサックの合戦の場跡などである。

脚注[編集]

  1. ^ ウクライナ国立統計委員会 (2001年12月5日). “2001年ウクライナ国勢調査。ウクライナの総人口” (ウクライナ語). 2011年12月14日閲覧。
  2. ^ ウクライナ国立統計委員会 (2001年12月5日). “2001年ウクライナ国勢調査。ウクライナの都市人口・農村人口” (ウクライナ語). 2011年12月14日閲覧。
  3. ^ ウクライナ国立統計委員会 (2001年12月5日). “2001年ウクライナ国勢調査。ウクライナの性別人口” (ウクライナ語). 2011年12月14日閲覧。
  4. ^ ウクライナ国立統計委員会 (2001年12月5日). “2001年ウクライナ国勢調査。地域別民族構成” (ウクライナ語). 2011年12月14日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]